> > > 派遣だと審査に不利!?非正規雇用でも借入できるコツとは

派遣だと審査に不利!?非正規雇用でも借入できるコツとは

派遣だと借り入れしづらい、借入審査に通りづらい、そんなことを聞いたことはありませんか?確かに、派遣社員は審査で不利な要素の1つとなってしまうかもしれません。

しかし、派遣社員やパート・アルバイトといった非正規雇用の人でも借入をすることはできるのです。非正規雇用でも借入したい!そんなあなたに、審査に通るためのコツをお教えしましょう。

いくつかのポイントさえ押さえていれば、銀行カードローンや大手消費者金融のカーおローン商品を利用することも夢ではありませんよ。

派遣社員が審査で不利になる要因は「収入の不安定さ」!?

派遣社員が審査で不利になる要因として考えられるのが、正規雇用者と比較して収入が不安定であるという点です。

派遣社員は、派遣先がなければ収入を得ることが出来ません。そして、派遣先が決まってもその雇用期間は一定期間の限定的なものであることが多いですよね。ですから、収入を継続して得られないかもしれないという不安要素になり得るのです。

収入が不安定だと、なぜ審査で不利になってしまうのでしょうか。一度借入をすれば、返済は一括で行うということは稀ですよね。多くの場合が、リボ払い等何回かに分けて返済をしていくことになります。

毎月の返済額次第では、その返済期間は数年に及ぶこともあるでしょう。完済までの間に、収入がなくなるまたは著しく減少してしまう事態が起これば、返済に支障が生じる場合がありますよね。

長期での雇用の確約がない派遣社員は、収入がなくなってしまう事態が考えられることで審査で不利になってしまうわけです。

雇用形態だけじゃない!職業によって収入が不安視されるケース

また、収入が不安定だと判断されるのは、雇用形態が非正規雇用である場合のみではありません。勤務先によって、職業によっても不安視されてしまうことがあるのです。いくつか例を挙げてみましょう。

  • 自営業者
  • 水商売
  • タクシー運転手

自営業者は、その規模に関わらず会社組織に属していないという点で信用度が低くなってしまいます。また、一般的なカードローンは事業資金目的で利用することが出来ないという点にも注意が必要です。

水商売やタクシー運転手は、歩合であることが多く離職率も高い職業の1つとなっています。収入の変動が大きく、なかなか安定しているとは判断しずらいのです。

特に、水商売の場合は雇用形態がはっきりしておらず、契約に必要となる書類の提出も難しいケースがあります。ですから、カードローン審査では不利だと言われているわけですね。

いずれにしても、カードローン審査において収入の安定性というのが重要視されているということは間違いないのです。

収入を安定していると判断してもらう2つのポイント

しかし、派遣社員でも収入が安定していると判断されれば、カードローン審査をクリアすることは十分可能です。派遣社員でも定収をアピールするための方法として、次の2点を挙げておきましょう。

  • 勤続年数が長い
  • 在籍確認がしっかりと取れる

派遣社員はいつ収入がなくなるか分からない、という点が不安となっているわけですが、一定期間以上の勤続年数があればその不安要素は大きく解消されます。

すでに数年の勤続年数があり、その期間継続して収入を得続けているということであれば、これからも引き続き収入を得る事は難しくないとの判断になる為ですね。

ですから、最低でも1年以上の勤続年数があることが望ましいと言えるでしょう。派遣社員で勤続年数が1年未満であると、収入について大きな不安要素なってしまうことは間違いありません。

また、派遣会社への在籍確認がきちんと行えるということも重要です。在籍確認は、派遣社員の場合は派遣先に来るのでは?と思うかもしれませんが、基本的には収入を得ている先が勤務先ということになります。

派遣社員の場合は派遣先ではなく、派遣会社から収入を得ていますよね。ですから、在籍確認先も派遣会社となるわけです。在籍確認がとれれば、所在や働く意思があるということが確認できますので

派遣会社によっては在籍確認に対応しないケースも!?

派遣会社によっては、在籍確認の電話に対応しないというスタンスのところもあるかもしれません。個人情報保護の観点から、個人名での電話には応対しないと決まっている場合もあるわけです。

しかし、在籍確認が出来ない場合も借入審査に通る方法はあります。

在籍確認は、電話で勤務先に確認を取るのが最も確実な方法ではありますが、勤務先が発行した書類を提出することで対応してくれる場合もあるのです。

  • 社員証
  • 給与明細書(社名入り)

ただ、全てのカードローン会社が上記書類提出での在籍確認として対応してくれるかどうかは分かりません。在籍確認に対応していない場合、まずはカードローン会社に対応について相談してみてください。そして、指示に従うと良いでしょう。

また、派遣会社に在籍確認への対応について確認をしてみても良いですね。クレジットカードを申し込むということで話をすれば、借入の件だと知られずに済みます。クレジットカード申し込みでも在籍確認は行われますからね。

在籍確認は、借入先にとって収入を得るところを確認する重要な審査ポイントです。だからこそ、きちんと対応してもらうことが望ましいと言えます。

正社員でも審査通過が厳しい!?ブラックや多重債務のリスク

いくら安定した収入がある、高収入であるといった場合でも、審査通過が一気に難しくなってしまう要素があります。それがブラックです。

ブラックになると、借入したお金を期日通りに完済できなかったという状況になるため、信用度がとても低いものとなってしまうのです。

特に、銀行カードローンはブラックだと借り入れは不可能だと考えておきたいですね。それだけ、ブラックという情報は借入先にとって大きな不安要素となるのです。

ブラックは、自己破産をした人がなってしまうというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、自己破産だけが登録要件ではありません。

  • 延滞(61日以上もしくは3か月以上)
  • 任意整理
  • 個人民事再生
  • 自己破産
  • 代位弁済

これらを引き起こした場合、ブラックという扱いになってしまうのです。ブラック情報は、個人信用情報に「異動」という形で登録されます。この異動記載があると、何か金融事故を起こしたんだなと判断できるわけです。

個人信用情報は、借入審査で必ずチェックされるものです。個人新情報機関は、銀行、信販会社、消費者金融それぞれで登録している先が異なっていますが、延滞や貸し倒れ・代位弁済等の情報は信用情報機関で共有していますので誤魔化すことはできません。

全ての金融事故情報が共有されているわけではありませんが、ブラックという不安要素があれば審査で知られてしまうと考えておくようにしましょう。

派遣社員でも利用できるカードローン5社をご紹介

最後に、派遣社員でも利用可能なカードローン5社をご紹介しましょう。ここでは、銀行カードローン3商品と大手消費者金融カードローン2社をご紹介します。

カードローン名 最高限度額 金利
みずほ銀行
カードローン
1,000万円 3.0~14.0%
オリックス銀行
カードローン
800万円 3.0~17.8%
イオン銀行
カードローンBIG
800万円 3.8~13.8%
アコム 500万円 4.7~18.0%
プロミス 500万円 4.5~17.8%

銀行カードローンを見ていると、やはり高額限度額設定が可能なこと、そして低金利での利用が可能であることが分かります。一方、消費者金融カードローンも知名度の高い大手が派遣社員でもOKとしていますので、安心ですね

いずれのカードローンも、派遣社員で利用できたという実績があるものとなっています。

派遣社員でも、銀行カードローンや大手消費者金融を利用することは可能なのです。

ただし、やはり安定した収入がある事、そして信用情報に問題がないことは求められます。多少不安要素があれば、比較的審査の緩い中小規模の消費者金融しか利用できないかもしれません。

中小規模の消費者金融を選ぶ際には、安心できるところを探すようにしたいですね。利用者が多く、情報を得やすいところが理想です。実際の利用者の口コミをチェックしてみるのも良いでしょう。

審査が甘すぎる会社は、違法業者である可能性もあります。借入先を選ぶときは、しっかりと調べて、自分が安心できるところを選ぶようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ