> > > 一回に借りれる額を増やすには?増額の条件をチェック!

一回に借りれる額を増やすには?増額の条件をチェック!

キャッシングカードローン、お金を借りる方法は色々ありますが、最初は誰でも借りられる金額が低く設定されています。中には、思うように必要な金額を借りられない人もいるかもしれませんね。

そこで考えたいのが増額です。読んで字のごとく、借りられるお金の限度額を増やすということですね。知らない人はぜひチェックしておきたい項目です。

しかし、増額は誰でもできるわけではありません。最低限の条件をクリアできているかどうかが重要ですよ。

どうして最初は低い?限度額の決め方と信用度

お金を借りる時、多くの人が「借りたい額」を計算していることでしょう。でも、大抵は申し込み直後、借りられる限度額は低く設定されてしまっているため、希望の額に達さずに困ってしまうこともあります。

なぜ最初は低く設定されているかと言うと、理由はとても簡単。まだあなたはその金融機関に対して信用がないということなのです。

  • 取引実績(貸し借りの実績)がない
  • 現実的な返済能力を示していない

例えば消費者金融のキャッシングですが、一度も利用したことがない人に、大きな額を貸してくれることはまずありません。借りたお金を確実に返してくれる人だ、と分かってもらえた時、やっとあなたは消費者金融から信用されることになります。

申し込み当初は信用がないため、限度額が低く設定されるというわけです。

ただ、社会的地位が高く、返済能力が確実に高いということがすぐに分かる人であれば、その限りではないようです。

決め方はどうなの?審査で決まる最初の限度額

あなたが消費者金融や銀行系カードローンに申し込みをし、めでたく審査に通過して利用可能になった時、最初のお知らせや契約内容の確認をしますよね。この時、決定された限度額も同時にあなた知らされます。

限度額は審査の時点で既に決定していると考えて良いでしょう。あなたが申し込みの時に申請した希望額を考慮に入れながら、審査内容と照らし合わせ、金融機関が貸せると判断した金額が充てられるのです。

審査項目 判断内容
年齢 意欲的に働ける年齢か
(高齢すぎると仕事継続が難しい)
勤務形態 会社員、公務員、自営業などに分類し、
安定した収入が期待できるかを判断する
勤務先 会社に規模によって安定性を考慮する
年収 返済に充てられる収入を判断する
他社との取引実績 他社からの借り入れがあればその金額、
過去の取引実績

このような項目を審査でチェックし、限度額を設定することになっています。もちろん、金融機関によって細かい部分は違うのですが、これらの項目は基本的な内容として、どの金融機関でも共通していると考えて差し支えありません。

信用第一!過去に借りた経験がある人は注意!

審査項目の中にある「他社との取引実績」ですが、これは非常に重要視される項目です。初めてキャッシングやカードローンなどの申し込みをする人は関係がないのですが、過去に利用したことがある人は気をつけなければいけません。

次の人は特に注意しましょう。

  • 他社(数社)に申し込みをし、審査に通らなかった(半年以内)
  • 過去にキャッシングやカードローンを利用したが、返済トラブルを起こした
  • 現在、多額の借り入れがある

他社に申し込みをし、審査に通らないという結果は、半年ほど記録が残ることになっています。特に複数の会社に申し込みをした場合、申し込みブラックという状態になってしまいます。

短期間に複数の会社に申し込みをすると、とてもお金に困っていると判断され、返済能力を疑われて審査に落ちるケースがほとんどです。そして半年ほどは審査に通りにくくなります。これが申し込みブラックです。

過去にキャッシングやカードローンで返済トラブルを起こしている人も注意です。どんな金融機関でも、融資と返済はスムーズに、滞りなく行いたいもの。過去にトラブル経験を持つ人とは、できればお付き合いをしたくないと考えるのは当然ですよね。

申し込みの時点で、他社から多額の借り入れがある人は、かなり審査が厳しくなると考えておいた方が良いでしょう。

スムーズな取引のため、他社からの借り入れが多い人は、審査でお断りされるケースが多いようです。もちろん、きちんと返済をしていけば、そのようなこともなくなりますよ。

あなたの信用レベルは?信用情報の重要さ

ここで不思議に思う人もいるでしょう。「どうして過去の取引状況や返済トラブルが分かるの?」ということです。過去のトラブルを自分から申告する人もそうそういないでしょうし、その疑問はごもっともです。

金融機関、特に消費者金融を代表とする貸金業を利用する人が覚えておいた方が良いのは、信用情報機関の存在です。

【信用情報機関とは】

消費者(利用者)のキャッシング、カードローンなどの利用経歴を記録しておく機関。契約日、借入額、返済状況、時には債務整理情報も記録される。

返済が完了したり、キャッシング・カードローンの利用をやめたとしても、一定期間はその記録が保管されることになる。

銀行系、信販会社、貸金業者は、ほぼ全てがこの信用情報機関を利用しています。審査の時には信用情報機関にアクセスし、申込者の過去の記録をチェックするのです。

ここで審査に大きな影響が出ることもあります。

特に過去に利用したことがあり、返済時に遅延や滞納のトラブルを起こした経験がある人は、その後の審査に反映されることがあると覚えておきましょう。

消費者金融利用者は注意!貸金業法で絶対登録!

消費者金融を代表とする貸金業を利用する人は、この信用情報については強く意識しておくべきでしょう。というのも、貸金業者の場合、貸金業法によって、必ず信用情報機関の登録・利用が義務づけられているからです。

【貸金業法とは】

貸金業者が守らなければならない法律。基本的には利用者保護の観点から制定されており、貸金業者自身が遵守する努力が求められている。違反には罰則が課せられる。

借り入れ総額(貸付総額)の制限、上限金利の設定、専業主婦の借り入れ上限の設定など、健全な貸し借りのために細かい内容が示されている。

この貸金業法の中には、利用者(申込者含む)の情報を信用情報機関に登録しなければならないというものも含まれています。よって、申込書を受け取った段階で、あなたの情報は消費者金融によって、信用情報機関に登録されることになるのです。

その後も利用のたびに登録が繰り返されます。信用情報機関の情報は、機関の利用登録をした業者であれば閲覧が可能なので、審査の時に情報を参照されることになります。消費者金融で過去にトラブルを起こしたことがある人は、気をつけておきたい部分ですね。

いつ消える?登録情報の保管期限について

いつまでも自分の情報が信用情報機関に残っているのがイヤ!という人も少なくないでしょう。お金のことはデリケートな情報ですし、昨今では個人情報についての意識も変わってきていますから、それは当然の感覚かもしれません。

信用情報機関では、一定の期間が過ぎた情報を消去していくことになっています。逆を言えば、その期間が過ぎるまでは消去されないということも覚えておきたいですね。とはいえ、永遠に残るわけではないので安心して下さい。

情報内容 保管期限
氏名、年齢などの基本的情報 5年
申し込みブラック 半年
返済トラブル 2年から5年の間
債務整理 最大で7年

信用情報機関における情報保管期限は、およそ5年から7年とされています。最大でも7年です。トラブル内容によって登録期間が違いますが、いずれにせよ、身に覚えがある人は、その期間が過ぎるまで待つしかありません。

また、特にトラブルを起こしたこともなく、今後キャッシングやカードローンを利用する予定がない人は、申請すれば個人情報を全て消してもらえることがあります。

記録を残しておくのが嫌だという人は、信用情報機関に連絡をしてみましょう。

増額したい?気をつけたいのは再審査!

お金の貸し借りをトラブルなく続け、信用情報機関に良い情報ばかりが登録されていくようになったあなたは、もしかすると「もっと限度額を上げたい」と思い始めているかもしれませんね。

そんな時は増額(増枠とも言われます)です。字の通り、キャッシングやカードローンで利用できる限度額を増やすということです。最初に設定された限度額に不満があった人は、ここで増額しておきたいですよね。

増額の時にも審査があります。ここで審査に落ちると、増額できないだけではなく、もしかすると減額の可能性もあるということを覚えておきましょう。

自分から?それともお誘い待ち?増額の方法とは

増額の方法は二種類あります。ひとつは自分から申し込むこと、もうひとつは金融機関側からの増額案内を待つことです。

申し込み方 手続き
自分で申し込む場合 窓口や公式サイトの該当ページから連絡をする。
電話連絡などでも可。
案内が来た場合 増額希望の返信以外、基本的に何もしなくて良い。
書類提出を求められることもあるが、かなり稀。

案内が来た方が断然楽でることは一目瞭然です。ただ、金融機関側は、常に全ての人をチェックして増額案内を送っているわけではありません。無作為、ランダムに調査をし、相応しい場合は案内を送るという方法がほとんとです。

よって、増額しても良いほどの良顧客を見逃していることも多いのです。金融機関としても、そんな人にはぜひ申し込んで欲しいはず。自分から申し込むことによって、あなたの評価を下げる等のマイナス効果はありませんので、安心して申し込んで下さいね。

ここでも審査!利用実績に問題ないことが第一条件!

キャッシングやカードローンの利用を開始する時に行われた審査ですが、増額の時にも改めて審査が行われます。この時に思い出して欲しいのが、今のあなたの情報についてです。申し込みの時と住所や勤務先などが変わっていませんか?

個人情報が変化した場合、できるだけ早めに修正登録をしておく必要があります。

最も重要なのは、年収や勤務先の変更です。

返済能力に直結してくる項目ですので、当然と言えば当然ですよね。

もしも修正登録がされていないと知られると、審査に良くない影響が出る可能性があります。個人情報とはそれほど大切なものなのです。増額申し込みをする前に、しっかり確認しておく必要がありますね。

要チェック!限度額と総量規制の関係!

限度額の増額を申し込む時、他にも気を付けることを考えてみましょう。特に消費者金融などの貸金業者を利用している人は、絶対に覚えておかなければいけないことがあります。「総量規制」をご存知ですか?これも増額の時には重要なポイントです。

【総量規制とは】

貸金業法のひとつで、借り入れ総額の制限を行うルール。貸し付ける側(消費者金融側)は制限を超えた貸付ができず、利用者側も制限を超えた借り入れはできない。

貸付(借り入れ)上限金額は年収の三分の一に規定されており、この金額を超えての貸し借りをしてはいけない。

最初の審査で決められた限度額は、もちろんこの総量規制を守った上で設定されています。増額の審査も同様、この限度額を超えられないようにしなければいけません。増額の申請をする時、希望額を伝えますが、総量規制を意識した金額にしましょう。

総量規制の盲点!他社からの借り入れにも注意!

増額とは直接関係ないのですが、総量規制を意識するにあたり、ぜひ覚えておいて損はないこともあります。詳しい人なら今更説明する必要もないことなのですが、案外盲点ですので、しっかり抑えておきましょう。

  • 総量規制の適用は、一社だけではなく、その時点での全ての借り入れが対象になる

あなたの年収が300万円だとします。すると、消費者金融から借りられる金額は、総量規制で100万円までとなりますね。これは「全ての消費者金融から借りられる合計額」のことです。

A社から100万円借りてしまえば、それで総量規制に達したことになります。B社、C社など、他の会社から改めて借りることはできません。中には「総量規制は一社ずつの金額に適用される」と思っている人もいるようですので、注意しておきましょう。

また、返済してしまえば、総量規制までの制限は再び遠くなります。総量規制の範囲内で、計画的に借り入れと返済を繰り返していれば、全く問題のないことですね。

総量規制関係なし!銀行系カードローンで借りる!

消費者金融などの貸金業では、切っても切れない総量規制。利用者が借り過ぎないようにする大切な決まりですが、返済能力がある人には、ちょっと邪魔になる時もあります。

そんな時には消費者金融ではなく、銀行系のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

銀行系カードローンは、貸金業者が提供しているわけではなく、銀行の商品ですし、銀行は貸金業法が関係ない業種ですので、総量規制は制定されていません。

総量規制以上の借り入れを希望する人は、銀行系カードローンを狙ってみましょう。ただ、借り過ぎだけは絶対注意です。しっかりした返済計画を立てて、必要と思う分だけを上手に借りて下さいね。

増額可能!抑えておきたい借り入れ先!

消費者金融も銀行系カードローンも、最初は限度額が低く設定されているものです。ここまでの説明で、その理由や増額方法に関しては、もう皆さんご理解頂けたことでしょう。

今すぐ増額したい人はもちろんのこと、今はそれほどの額を必要としていない人でも、いつ何があるか分かりません。特に年会費などを取られるわけでもありませんし、先に契約だけしておくのも良いかもしれませんね。

最初は限度額が低くても、大抵のキャッシングやカードローンは後からの増額が可能になっています。自分に合う商品を見つけておきましょう。

消費者金融ならここ!借りやすい、返しやすい!

貸金業者と言えば消費者金融が有名です。今時は敷居が低く、貸金業法でしっかりとした経営をしているためにトラブルもほとんどありません。

消費者金融 金利 限度額 特徴
アコム 4.7%~18.0% 500万円 35日ごとの返済契約で
30日間利息無料
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分で借り入れ可能
土日の契約も可能
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 メールアドレス登録をすると
30日間利息無料

どの消費者金融も、サービスが手厚く、顧客対応も非常にレベルの高いものとなっています。初心者にも優しい会社がほとんどですので、まずは質問だけでもしてみると良いかもしれませんね。

会社によっては、30日間は利息がかからないなどというお得なサービスも展開しています。それぞれの会社のサービスを比較し、選んでみると良いでしょう。

安定&安心!大手銀行系カードローン!

銀行系カードローンは日本全国の銀行で提供されています。ほぼ全ての銀行が、独自のカードローンを発行していると言っても良いでしょう。中には自行口座がなくてもOKなカードローンもあります。

様々な銀行の商品がありますが、中でも三大メガバンクのカードローンは、世界に名だたる大手の商品だけあって、安心して利用することができますよね。

商品 金利 限度額 特徴
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 300万円まで収入証明書不要
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
4.6%~14.6% 500万円 学生、専業主婦は50万円まで
みずほ銀行カードローン 3.5%~7.0% 1000万円 最大限度額が業界トップ

メガバンクの利点は、日本全国のどこでも、ほぼ店舗やATMがあるということです。旅行中に現金が必要になっても、すぐに借りることができますよね。同様に返済も安心です。

また、限度額の高さや金利の低さも挙げられます。特にみずほ銀行カードローンは、金利も低く、限度額も1000万円と、消費者金融にはない特徴を備えています。

銀行系、消費者金融、共に利点があるのがキャッシングやカードローンの良いところです。限度額や返済能力と相談して、最も良いと思えるものを探してみて下さいね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ