> > > 銀行系審査に通らない人には3つの共通点があるってホント?

銀行系審査に通らない人には3つの共通点があるってホント?

お金を借りる企業の種類は様々です。そこでその性質を区別する上で、銀行系という用語が使われることがあるのですが、この銀行系って、どういう意味なのでしょうか?

銀行のカードローンのことを銀行系と言うこともあるのでややこしいのですが、銀行と関わりの深い大手消費者金融も、銀行系業者と呼ばれています。

この銀行系消費者金融は押すに押されぬ大手ですから、お金を借りる際には誰もが真っ先に思い出す企業名の会社ばかりです。当然ながら申込む人の数も非常に多いのですが、その分落ちる人の数も多いというのも事実です。

この銀行系業者の審査に落ちてしまう人には、実は3つの共通点があるんですよ。心当たりのある方は、審査の前に是非この問題をクリアしておきましょう。

銀行系って?

審査を申込む前には、やはり借入先についての情報も大切ですよね。そこで改めて、銀行系の消費者金融についてご説明したいと思います。

銀行系というのは、単に銀行的とか銀行っぽいというだけでなく、大手都市銀行が出資していたり、設立から銀行が大きく関わっている消費者金融のことを指しています。

例えばアコムは三菱東京UFJ銀行が出資しており、三菱東京UFJ銀行グループ企業です。同様にプロミスの場合は、三井住友銀行グループに属しています。

また企業としては若手であるモビットは、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)と三菱東京UFJ銀行の共同出資という形でスタートしました。その後モビットのローン部門はSMBCコンシューマーファイナンスの子会社となり、現在は三井住友銀行グループの傘下です。

企業 現在のメインバンク
アコム 三菱東京UFJ銀行
プロミス 三井住友銀行
モビット 三井住友銀行

金融関係の内部事情は、これだけを見ても何だか複雑だということが分かりますよね。またその動きも多く、経営の形がよく変わるというのも特長です。但しこのような変化は、借入や返済といった利用には直接は関係ありませんから、利用者がいちいち関心を持つ必要なんてないのかもしれません。

しかしその企業で利用できる提携ATMや関連サービスにも関わっているという点では、やはりメインバンクの動向くらいはチェックしておくと、何かと役立つことも確かなのです。何か大きな変化があった場合は、借りたり返したりといった実際の利用上でも多少の変化が見られることもあります。

例えばモビットは三菱東京UFJ銀行グループから三井住友銀行グループへ移行しましたが、それに従って手数料無料で利用できるATMも、三菱東京UFJ銀行のものから三井住友銀行へと移り変わっています。

〈モビットのメインバンクの動き〉
三菱東京UFJ銀行から → 三井住友銀行へ

またモビットにはカード発行のないタイプのWeb申込方法がありますが、この申込みには銀行口座が必要になります。以前は三菱東京UFJ銀行だけが指定口座でしたが、現在はそれに加えて三井住友銀行の口座でも受け付けてくれるようになりました。

プロミスでは、三井住友銀行のATM手数料は無料になりますし、三井住友銀行の口座があれば、「瞬フリ」という振込サービスの利用が可能になります。またプロミスやアコムでは、全店ではありませんが、メインバンクの銀行内の契約機が利用できます。

【銀行系企業における銀行関連のサービス】

    《アコム》

  • 一部三菱東京UFJ銀行銀行内の契約機が利用できる
  • 《プロミス》

  • 一部三井住友銀行内の契約機が利用できる
  • 三井住友銀行ATM手数料が無料
  • 《モビット》

  • 三井住友銀行ATM手数料が無料

いずれも利用者にとって不利になることはなく、逆に便利になるようなケースが殆どですから、経営上の変化があったことを知らなくても特に大きな問題はありません。但し手数料無料となる銀行ATMの変更については、気をつけておきましょう。

いずれも大手都市銀行だということもあって、例え銀行が変更になったとしても利用については特に不便を感じることはないはずですが、うっかり手数料のかかる銀行ATMを使ってしまうといった失敗はあるかもしれません。

銀行系の審査

このようにサービスにおいても銀行と密着している銀行系企業ですが、その審査基準についてはどうなっているのでしょうか?

大手銀行がメインバンクということで経営も安定していますから、これから申込む側としては、審査もおおらかであることを期待したいところですよね。しかし実際にはそういう訳にも行かないようです。

というのも、全国展開の大手企業は、毎日の審査件数が非常に多いという特徴があります。そのため審査もより機械的にならざるを得ず、一定のラインを超えられないケースではあっさり審査落ちしてしまうという傾向があるのです。そのラインは、以下の3つに関係しています。審査に通らない人の共通点は、この3つに関わっていると言えるのです。

  • ブラック
  • 借入件数・借入額
  • 延滞

これについて順にご説明しましょう。まずブラックですが、これは皆さんもご存知のように、信用情報機関に、代位弁済や貸倒、長期延滞などのネガティブな登録がある人のことを指しています。

キャッシングは一度契約すると、数年に渡って利用し続けるケースも多いですから、その間に延滞を一度もしないというのはなかなか難しいことですよね。程度の軽い延滞ならば誰にでもあり得ることで、一度くらいならば企業としてもそう厳しい対応にはなりません。

しかし延滞が長期化したり、その結果返済不能に陥ってしまったとしたら、その利用者は企業内だけでなく、金融業全体からも特別扱いになってしまうのです。これが金融ブラックです。返済不能から債務整理をすることになった場合も、当然ブラックということになります。

こうなってしまうと、銀行系の企業での借入は一切不可能となります。但しこのようなネガティブ情報にも一定の登録期間が定められていますから、この期間さえ終了すれば、一応は元通りということになっています。

しかしこれは表向きで、その際に直接損害や迷惑を被った企業については、登録期間終了後も借入は難しいと言われているのです。また自己破産の場合、登録完了後は履歴がすっかり消えて白紙に戻ってしまうため、その形跡から審査に落ちるといったケースもあるようです。

また気をつけたいのは、金融業者のグループ内の関連です。例えば以下の銀行で借りていて返済不能になった場合、代位弁済するのは保証会社である各消費者金融会社となります。

銀行カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行バンクイック アコム
三井住友銀行カードローン プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

このように銀行カードローンで返済不能になると、銀行系消費者金融の審査にも影響が及ぶことになりますし、登録期間が終ってからでも、これらの銀行系企業での借入は難しくなる可能性もあります。銀行の保証をしている銀行系企業では、このような心配もあるのです。

他社からの借入

次にどうしても避けて通れないのが、他社からの借入についてです。銀行系と言っても貸金業法の下にある消費者金融ですから、総量規制を無視する訳にはいきません。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行の銀行カードローンですので銀行法の規定を受けます。一方でアコムやプロミス、モビットは貸金業法の規定を受けますので、そこでの貸付は総量規制の対象なのです。

企業の種類 法律
銀行系消費者金融 アコムなど 貸金業法
銀行カードローン バンクイックなど 銀行法

総量規制とはご存知のように、利用者の年収の三分の一を超えて新たな貸付はできないという規制のことを言います。この規制の厄介なところは、一社の貸付においてのみ気をつけていればいいというものではないということにあります。

総量規制で規制される貸付額は貸付残高の総額ですので、業者はその人の全ての借入について把握している必要があるのです。しかも利用者がいつ新規契約や増額申込みをするか分からないだけに、借入残高については常にチェックを入れておかねばなりません。

このように銀行系企業にとっても、利用者の借入残高の把握は、非常に頭の痛い課題だろうということが分かりますね。そのため、申込時に既に他社からの借入がある人については、借入件数や金額に関わらず、審査のハードルは一段高くなってしまうと考えられるのです。

銀行でおまとめ!

つまり銀行系企業で申込むならば、クレジットカードや消費者金融からの借入は整理しておくことが大切になってきます。とは言っても今お金が足りないからこそ借りたいのですから、新たな借入の為に古い借入を今すぐに完済するなんて不可能ですよね。

その場合は、銀行カードローンでおまとめをするのがお勧めです。銀行からの借入分については総量規制とは無関係ですから、同じ借入残高であっても、その影響はかなり薄くなることが期待できるでしょう。多数のクレジットカードから雑多な借入をしている方には、特にこの方法はお薦めですよ。

小さな借入は銀行カードローンで整理!
使わないクレジットカードは退会手続きを!

また利用していないカードを沢山持っている方も、同様に気をつけなくてはなりません。今回審査を受けることをきっかけに、この際きれいに解約しておきましょう。例えキャッシングの利用をしていなくても、利用枠があるだけでもネガティブな要因に繋がります。

軽い延滞

ブラックでなければ延滞は問題ないと考えている方もいるのですが、実際にはそうとは言いきれません。たとえブラックにならない程度の軽度の延滞であっても、大手の銀行系企業にとっては非常にネガティブな要因になり得ます。

いずれの銀行系企業も3つある信用情報機関のうちの2つに同時加入していますから、全貸金業での利用状況を把握できる状態です。つまりあらゆる消費者金融だけでなく、クレジットカードの利用についても当然ながらしっかりチェックされることになるのです。

ショッピングの延滞

キャッシングは当然のこと、クレジットカードのショッピングでも延滞は問題になります。確かにショッピングの利用枠は総量規制の対象外なのですが、ショッピングリボの延滞はキャッシングの延滞と同じ扱いになります。リボ返済で時々延滞をしているようであれば、それも不安材料としてしっかりカウントされてしまうでしょう。

最近はブラックでない人でも、蓋を開けてみたら軽い延滞で信用情報が傷だらけという人も多くなっていると言われています。このくらまでならブラックにならないという知識を持つ人も増えて、全般に返済に対してルーズになってきている傾向があるのかもしれませんね。

「延滞は2ヶ月を超えなければ大丈夫!」
このような慢心は要注意!軽い延滞だってチェックされています。

このような状況を受けて、企業の警戒は増々強まってくる可能性も考えられます。利用者側も、気を引き締めてかからなくてはなりませんね。延滞は、そのまま放置していればどんどん悪化しますが、期日前に連絡を取ることで、最悪の事態を避けることができます。例えば利息のみを返済するといったことも可能ですよ。

但しこのような変更をすれば、それについても登録はされてしまいます。通常の形の返済ではなかったということは、以下のような項目で記録に残りますので、信用情報がある程度汚れてしまうことは避けられないのです。これだけでどうこうということは無いのですが、小さいけれどネガティブな情報であることには変わりはありません。

    【入金状況の記録】

  • 請求通り・もしくはそれ以上の入金
  • 請求額の一部が入金
  • 利用者以外からの入金
  • 未入金
  • 未入金の理由が不明

延滞は「よくあること」として気軽に構えている方も多いのですが、軽い延滞が長期延滞になってしまうのは、一般に考えられているほど長い道のりではありません。

仕事や生活をこなしながら金策を考えているうちに、60日間などあっという間に過ぎてしまいます。61日目からはもうブラック登録ですから、決して悠長に構えていられませんよね。特に利用に慣れてくるとルーズになってしまいがちですので、常に延滞だけはしないという強い決心が大切です。

最後に、銀行系企業の延滞予防のサービスをご紹介しましょう。大手だけあって、このようなサービスが充実しており、フル活用すれば延滞防止には大いに役立ちますよ。無事銀行系企業で借りれた際には、是非このようなツールを使いこなして安心利用を心がけてください。

《アコム》
借入・返済相談
利用状況照会
eメールサービス(返済日お知らせ)
《プロミス》
借入・返済相談
取引履歴照会
返済日お知らせメール
《モビット》
借入・返済相談
利用状況照会
新着記事
カテゴリー
ページトップへ