> > > 重視されるのは年収?カードローンの借入限度額

重視されるのは年収?カードローンの借入限度額

カードローンを利用する時、「借入限度額」が気になってしまうことってありますよね。借入限度額とは、カードローンで借りられる金額の限度を表しているものですが、限度額はどうやって決まるのかご存知ですか?

実はカードローンの借入限度額で重視されるのは「年収」なんです。ここではカードローンの借入限度額に年収がどのように関係しているのか、詳しくお話ししていくことにしましょう。

借入限度額の決まり方には、カードローンの審査が大きく影響しています。審査結果によって借入限度額には差が出てきますし、最大限度額もカードローンごとに異なっています。

それでは早速カードローンの借入限度額についてご紹介していきましょう!

基礎知識をチェック!カードローンの「借入限度額」

まずはカードローンの借入限度額とは何なのか、より詳しくお話ししておきますね。初めてカードローンを利用するみなさん、カードローン契約に興味があるみなさんなど、これから借入を考えている方はぜひご参考ください。

借入限度額は大きく分けて2種類の意味が表されています。この2種類の借入限度額の意味もしっかり理解した上で、カードローンに申込みしてくださいね。

もし借入限度額が100万円だったら?

借入限度額は、カードローンを利用する際にみなさんが借りられる金額の上限となっています。なので、カードローンで借入限度額以上を借りることはできません。

たとえば、借入限度額が100万円である場合、100万円以上を借りることはできないので、100万円以内の借入に抑えておく必要があります。

もし「100万円以上を借りたい!」というのであれば、

  • カードローンの増額をする
  • 複数のカードローンで借りる

このような方法を利用してみてください。増額も審査が必要ですが、場合によっては借入限度額を増やしてもらえる可能性があります。

複数のカードローン利用に関しては、返済負担が大きくなるのであまりおすすめはできませんが、「どうしても借りたい!」という場合は複数社でカードローンを契約すれば、借りられる上限は増やせます。

カードローンに設定されている借入限度額

借入限度額はカードローンで借りられる上限金額を表しているということが分かりましたね。でも、実は借入限度額には2種類の意味があるんです。

  • カードローン自体の借入限度額
  • 利用者それぞれに設定される借入限度額

カードローン自体の借入限度額とは、消費者金融や銀行で利用できるカードローン自体に設定されている借入限度額のことです。

たとえば、

  • A社ではカードローンの借入限度額が50万円
  • B社ではカードローンの借入限度額が300万円
  • C社ではカードローンの借入限度額が500万円

といったように、金融会社ごとに設定された借入限度額は異なっています。

もしみなさんがA社でカードローンを契約するとしたら、50万円までしか借入はできません。50万円以上の借入を希望するなら、B社かC社を選びましょう。

利用者それぞれで異なる借入限度額

ただし、A社でカードローンの契約をすれば誰でも50万円まで借りられるとは限りません。そこで注目しておきたいのが、もうひとつの借入限度額です。

カードローン自体の借入限度額を元に、利用者それぞれに設定される金額が、最終的に借入可能な金額になります。これがもうひとつの借入限度額の意味を表しているんですね。

たとえば、みなさんがB社のカードローンを利用した場合、

  • 借入限度額が50万円に設定される利用者
  • 借入限度額が100万円に設定される利用者
  • 借入限度額が300万円に設定される利用者

このように利用者によって借入限度額には差が出てきます。カードローン自体の最大借入限度額が300万円というだけであって、誰もが必ず300万円まで借りられるわけではないのです。

利用者それぞれに設定される借入限度額は、カードローン審査によって決まります。

その審査を受ける際に重視されるのが「年収」となっているわけです。続けて年収と借入限度額の関係についてお話ししていきましょう。

年収とどう関係してる?借入限度額の最終決定

カードローンの借入限度額の基礎知識についてはお分かりいただけたでしょうか?次は借入限度額に大きく関係しているみなさんの年収についてお話ししていきたいと思います。

年収は借入限度額の設定にどのように関わっているのでしょうか。まず注目してほしいのが、カードローンの審査における年収の重要性です。

カードローン審査は安定収入が大きなカギに

カードローンを契約する上で、収入があることは重要な審査条件となっています。それもただ収入があるわけではなく、安定した収入があるということが重要なんですね。みなさんに安定収入があれば、カードローンの返済能力があると判断されます。

つまり、年収によってカードローンを契約できるかどうかが決まるというわけです。

年収が少なくても良いので、安定性があることが大切です。毎月しっかり収入を得ていることがカードローン審査に通る上での条件ですから、まずは今の年収をしっかり見直してみましょう。

年収を基本に設定される借入限度額

そしてカードローンの借入限度額は、みなさんそれぞれの年収を基本に設定されます。

最終的には収入とのバランスを考えた金額になることが特徴的ですね。

  • 年収が少ない場合は借入限度額も少なめに
  • 年収が高い場合は借入限度額も高めに

こうして年収によって借入限度額が設定されます。年収が少ないと借りられないというわけではなく、設定される借入限度額が少なめになるというわけです。

反対に収入が安定していて年収自体も高いという場合は、カードローンの借入限度額は高めに設定されやすくなっていますね。そのため、たくさんお金を借りることもできますが、安全のためにも借り過ぎには十分注意しておきましょう。

  • 借入限度額いっぱいまで借りない
  • 借入限度額に余裕があるからといって借り過ぎない
  • 今いくらまで借りられるのかこまめにチェックする

カードローンで借りたお金は必ず返さなくてはなりません。返済のこともしっかり考えてカードローンを正しく使っていきましょう。

平均はどのくらい?消費者金融の借入限度額

では、ここからは実際に利用できる消費者金融のカードローンの借入限度額についてご紹介していきますね。消費者金融のカードローンでは、どのような借入限度額の設定がされているのでしょうか?

大手消費者金融2社を例に、一般的なカードローンの借入限度額について見ていきましょう。

借入限度額が平均的な「アコム」

まずは大手消費者金融の「アコム」からご紹介していきます。アコムでは以下のようなサービスが利用できます。

  • キャッシング専用アコムカード
  • ACマスターカード
  • ビジネスサポートカードローン
  • 貸金業法に基づく借換え専用ローン

この中から「キャッシング専用アコムカード」のサービスについてご紹介しますね。こちらはカードローンですので、借入限度額があらかじめ決められています。以下が貸付条件です。

契約極度額 貸付利率 担保・保証人
1万円〜500万円 4.70%〜18.00% 不要
「契約極度額」というのが、アコムのカードローン自体の借入限度額を表しています。最大500万円までということで、消費者金融の平均的な借入限度額です。

また、契約極度額は以下のように分けられているので、貸付利率と併せてチェックしておきましょう。

1万円〜30万円 30万円超〜100万円未満 100万円〜500万円
4.70%〜18.00% 4.70%〜18.00% 4.70%〜15.00%

みなさんは審査によって設定された契約極度額の範囲内で借入することができます。借入限度額によって貸付利率も異なっていますので、あらかじめ確認した上でお金を借りましょうね。

最大借入限度額が高額!「モビット」

次にご紹介するのは「モビット」です。こちらも大手消費者金融なので、よく耳にする金融会社ですよね。モビットではカードローンのサービスが利用できます。

実はモビットでは、カードローンの最大借入限度額が他の消費者金融に比べて高額となっているんですよ。

以下がそんなモビットの貸付条件です。

商品限度額 借入利率 担保・保証人
1万円〜800万円 3.00%〜18.00% 不要

実際にみなさんに設定される借入限度額は審査によって決まりますが、商品限度額は800万円まで借りられます。このようなケースは消費者金融の中でもかなり稀です。

高額の借入を希望している場合は、モビットのようにカードローン自体の借入限度額が高いサービスを選んでみてもいいかもしれませんね。

借入限度額の最終決定は審査次第

以上のように、カードローンの借入限度額には年収が大きく関係しています。そして借入限度額には2種類あるということもカードローンを利用する前によく理解しておきましょう。

また、借入限度額は利用者側から希望を出すこともできますが、希望を出したとしても、その希望が必ず通るとは限りません。カードローンには審査があるので、借入限度額の最終決定は金融会社が行います。

まずは利用したい消費者金融や銀行にカードローンの申込みをしてから、審査結果を待つようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ