> > > いっぱい借りたい!年収500万円の場合の平均限度額

いっぱい借りたい!年収500万円の場合の平均限度額

せっかくカードローンを利用するなら「いっぱい借りたい!」と思いますよね。しかし、みなさんがカードローンで借りられる金額は審査によって決まりますので、必ずいっぱい借りられるとは限りません。

カードローンには「限度額」というものが決められます。その限度額の範囲内で借り入れができるようになっているので、みなさんが希望した金額が借りられるというわけではないのです。

そしてカードローンの限度額の決定には、みなさんの年収が大きく関わってきます。ここでは年収500万の場合には、カードローン限度額はいくらになるのか、平均金額についてお話ししていきましょう。

年収が重要!審査で決まるカードローン限度額

まずはカードローン限度額がどのように決まるのか、より詳しくご説明していきましょう。設定されたカードローンの限度額は、みなさんが実際に借り入れできる金額になります。

また、カードローン会社自体の最大限度額というものもありますので、2つの意味を持つ限度額についてしっかり理解しておきましょうね。

カードローン会社の平均限度額はどのくらい?

一般的に言われるカードローンの限度額は、

  • 利用者それぞれに決められた限度額
  • カードローン会社自体が決めている限度額

以上の2つがあります。

利用者それぞれに設定する限度額は、カードローン会社自体が決めている限度額の範囲内で決められるもので、みなさんは自分自身に設定された限度額の範囲内で借り入れができます。

ここで例としてカードローン会社の限度額設定について見てみましょう。

アコム モビット プロミス
1万円〜500万円 1万円〜800万円 500万円まで

こちらはすべて消費者金融のカードローン限度額ですが、大体500万円程度が消費者金融の平均限度額となっていますね。

モビットに関しては最大で800万円までと高額になっていますが、消費者金融の場合はアコムやプロミスの限度額が平均と見ていいでしょう。

ちなみに銀行のカードローンの場合はもう少し高くなることもありますし、中堅消費者金融の場合はもっと少なくなるケースもあります。カードローン会社ごとに平均限度額は異なっているのです。

利用者の限度額は年収が基準に

このようなカードローン会社の限度額を基準として、利用者であるみなさんそれぞれに限度額が設定されることになります。

カードローン利用者の限度額を設定する際には、みなさんの年収が基準になるので、収入状況から限度額が決められることになります。

  • 年収が高い場合は限度額も高く設定されやすい
  • 年収が低い場合は限度額も低く設定されやすい

このような審査結果が出るケースが多いので、年収に自信があるみなさんはカードローンでいっぱい借りることも十分可能です。といっても、無理な借り入れは禁物ですよ!

もちろん、年収に自信がない場合でもカードローンの契約をすることはできますから、設定された限度額の範囲内で安全な借り入れを心がけてくださいね。

いくら借りられる?年収500万円の平均限度額

では、年収500万円の場合はカードローン限度額はどのくらいに設定されるものなのでしょうか?ここからは年収500万円のみなさんを例にして、カードローンの平均限度額についてお話ししていきましょう。

平均限度額はあくまでも目安であって、必ずしも平均限度額と同じくらい借りられると限りません。ただ、これからカードローン利用を考えているみなさんは、参考としてチェックしてみてくださいね。

限度額の設定基準になる「総量規制」

先にお話ししたように、カードローンの限度額はみなさんの年収を基準に決められます。

年収500万円の場合は、年収500万円を基準として限度額が決まるのですが、その時に注目されるのが「総量規制」です。

「総量規制」とは?

  • カードローン限度額におけるルール
  • 年収の三分の一以上は借りられない
  • 銀行カードローンは総量規制対象外に

総量規制の対象となっているカードローンは、主に消費者金融のカードローンです。先ほどご紹介したアコムやモビットなどのカードローンは総量規制の対象となっていますので、年収の三分の一以上は借りられません。

年収500万円の場合、年収の三分の一は166万円程度となりますので、消費者金融のカードローンでは166万円が平均限度額と言えるでしょう。

もちろん限度額が166万円以下に設定されることもあります。実際のカードローン限度額は審査結果に左右されますので、カードローン会社の審査結果を待つようにしましょう。

銀行なら総量規制以上も借りられる!

ちなみに、消費者金融のカードローンは総量規制の対象ですが、銀行のカードローンについては総量規制の対象外となっています。

つまり、銀行カードローンを契約すれば、年収の三分の一以上の借り入れもできるというわけです。

できるだけいっぱい借りたい!という場合は、消費者金融よりも銀行のカードローンを選ぶことをおすすめしますが、借り入れをする際には以下のようなポイントに注意しておきましょうね。

  • 限度額が高く設定されても無駄な借り入れはしない
  • 返済計画をしっかり考えてから借り入れをする
  • 無理な借り入れはしないようにする

カードローンでお金を借りたら必ず返済することが義務です。利用者としての義務をしっかり果たせるように、正しくカードローンを利用していきましょう。

もっと借りたい!カードローン限度額を増額する方法

カードローンの平均限度額については以上のように総量規制が大きく関係しています。総量規制は無理な借り入れをしないよう、みなさんの安全のためにあるルールです。

ただ、カードローン会社によっては「もっといっぱい借りたい!」というみなさんのために、増額というサービスを行っているところもあるんですよ。ここからはカードローンの限度額増額についてお話ししていきましょう。

自動的に増額してもらえるタイミング

カードローンの限度額を増額する方法は、大きく2種類あります。

  • カードローン会社に増額申請を申込む方法
  • カードローン会社から自動的に増額してもらう方法

限度額を増額する際には、みなさんが自らカードローンの限度額を増やしてほしいと申請することもできますし、場合によってはカードローン会社の判断で自動的に増額されることもあります。

おすすめとしては、カードローン会社から自動的に増額されるまでタイミングを待つ方法ですね。

増額しても良いというタイミングで限度額を増やしてくれるので、利用者であるみなさんも無理なく安全に借り入れをすることができます。自動的に増額される条件としては、

  • 定期的に借り入れ・返済をしていること
  • 長期的にカードローンを契約している
  • 収入面に問題がないこと

以上のようなポイントが挙げられます。あらかじめチェックしておきましょう。

自分で増額申請をする時の注意点

もちろん、みなさんからカードローン会社に向けて増額申請をすることもできますが、以上で挙げたような条件を満たしていない場合は、増額申請をしても断られてしまうことがあります。

自分で増額申請をする場合、少しでも問題があるとカードローンの限度額を増やしてもらえないケースもあるんですね。

「確実に増額をしたい!」というみなさんは、自動的に増額されるタイミングを待つか、十分に状況を整えてから申請をしましょう。

自分の収入状況をしっかり把握して

以上のように、カードローンの限度額はみなさんの年収を基準に設定されます。年収500万円のみなさんの例をお話ししてきましたが、まずは自分自身の収入状況をしっかり把握することが大切です。

また、カードローン会社ごとにも限度額はあらかじめ決められています。カードローン会社ごとに決められている最大限度額もチェックした上で、申し込みをしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ