> > > 審査が緩い所でも大丈夫?安全に借りられる会社探しのコツ!

審査が緩い所でも大丈夫?安全に借りられる会社探しのコツ!

今すぐお金を借りたい!と、急いでいる時に便利なキャッシング。昔よりキャッシング会社も増え、顧客獲得のためにあれこれサービスを展開し、お得に利用できるようになりました。

でも、誰でも初めてお金を借りる時には、どこにすればいいのか迷ってしまいますよね。特にお金のビジネスは複雑に思いがちです。もしもトラブルがあったらどうしよう?本当に安全なの?と迷ってしまっても仕方ありません。

何かトラブルがあってからでは遅いというもの。キャッシングのポイントや注意事項、安全な会社の探し方など、先にチェックしておきましょう。

急いで借りたい!おすすめは断然消費者金融!

いつもは穏やかな毎日でも、お金のトラブルはいつどこで発生するか分かりません。特に冠婚葬祭でまとまったお金が必要になると、すぐにでも数万円からの用意が必要になりますよね。手元にまとまったお金が無い時はとても困ります。

そこで求められるのは、何と言ってもすぐに借りられる存在です。

銀行、消費者金融、信販会社と様々ですが、迅速性を求めるのなら、何よりも消費者金融がオススメです。

  • 審査が速い(最短で数十分)
  • 大手なら全国に専用ATMがある
  • 24時間申し込み可能

消費者金融をオススメする理由は、まずはこの3点が挙げられます。どの理由も、一度利用した人は頷くことでしょう。消費者金融の利便性は大変高く、人気を集めることも納得です。

消費者金融の利点!利用者のニーズを完全網羅!

消費者金融の審査が速いことは有名で、あまり金融の知識がない人でも、即日融資という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。申し込んだその日に、最短数十分で融資を受けることが可能なのです。

また、テレビでCMを流しているような大手の消費者金融なら、全国のどこにでも専用のATMを展開しています。このため、どこに行ってもお金を借りたり返したりすることができるという、利便性の高さは見逃せません。

そして近年のインターネットの発達により、申し込みが24時間可能になりました。今ではほとんどの大手消費者金融が24時間申し込みに対応しており、思い立った時、自宅からでもどこからでも、手軽に申し込めるようになっています。

  • 利用までのスピード
  • 利用できるエリアの広さ
  • 申込時間自由

どこまでも利用者にメリットがあるよう、配慮されたサービスが、消費者金融の魅力のひとつです。急いでいる時でも気持ちよく申し込み、利用が可能であることは、利用者にとって嬉しいことですよね。

消費者金融はキャッシング?カードローンの違いとは

お金を借りる形態には、いくつかの種類があります。キャッシング、カードローンなど、その呼び方は様々です。基本的には「借りて返す」という共通のことなのですが、借り入れ方法、返済方法などで多少の違いが生じます。

形態 借り入れ方法 返済方法
キャッシング 専用ATMからの引き出し 基本一括払い
(近年はリボルビング払いが主流)
カードローン 銀行口座への振り込み 基本分割払い
(近年はリボルビング払いが主流)

消費者金融はキャッシングに分類されています。しかし、今時の返済方法は、キャッシングもカードローンも大抵はリボルビング払いが採用されている時代です。カードローンとの差は、借り入れ方法だけになっているのが実状ですね。

キャッシングとカードローンで悩んでいる人は、あまり意識せずに利用できるということが分かります。

ただ、審査の速さ、専用ATMの多さなどの利便性は、やはり消費者金融を代表とする消費者金融の方が高いのも確かです。

そういった点も、借り入れ先を選ぶ時の参考にして下さいね。

消費者金融は怖くない!貸し借り特化のプロフェッショナル

中には、消費者金融に怖いイメージを持っている人もいるかもしれません。特に消費者金融は、審査がとても速いということから、審査そのものが緩いという噂があります。そして実際、審査が厳しいわけではないことも確かです。

審査が緩い=審査がいい加減、しっかりしていない業界かもしれない、という図式を想像し、やはり消費者金融でお金を借りるのは怖いことなのかも……!と及び腰になってしまっている人も少なくないようですね。

しかし、この認識は間違いです。消費者金融は確かに審査が速いのですが、緩くていい加減というわけではありません。

「審査する項目を絞り、最低限の審査で利用者の信用度を測ることができる」ノウハウを持っている、いわばお金の貸し借りのプロフェッショナルだからこそ実現できる速さなのです。

借りるあなたも知っておこう、貸金業法

それでも、少し昔のことを知っている人であれば、「消費者金融は無理な取り立てをしたりする怖い所だ」というイメージが拭えない人いるでしょう。確かに、昔はニュースになるようなトラブルがあったことも否定できません。

現在はそのようなトラブルを最低限に押さえるため、行政も介入し、貸金業法という法律がしっかりと制定されています。消費者金融をはじめ、貸金業は必ず守らなければならない法律です。
  • 貸付総額の制限(総量規制)
  • 収入証明書の提出の義務づけ
  • 上限金利は20%

貸金業法の代表的な内容はこのようになります。まず有名なのが総量規制ですね。

これは年収の三分の一以上の貸付、借り入れができないという決まりです。

利用者は借りたくでも借りられないという状況の発生が考えられますので、借り入れの時には注意が必要です。

収入証明書の提出も重要なこととして捉えられます。収入証明書は公的な証明書に近い意味合いを持つため、返済能力の証明にはうってつけだと言われています。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 給与明細(数ヶ月分を求められることが多い)

これらの書類の提出を求められることが多く、利用者は前もって準備が必要になります。ただ、消費者金融から借りる場合、借り入れ総額が50万円以下であれば、提出しなくても良いという決まりになっていますので、必ずしも提出する必要はないようです。

上限金利は貸金業者に向けて厳しく制定された決まりだと言えます。以前はもっと高い金利が設定されることもあったのですが、現在はこの決まりにより、無理な金利を設定することができなくなりました。

安全に借りられる!貸金業者も自社で努力継続中!

しっかり決められた貸金業法により、利用者は安心して消費者金融やショッピングローンなどを利用できるようになりました。使いすぎの状況になると、消費者金融や信販会社が自動的に貸し付けを断るため、生活が破綻するほどの借金を背負いにくくなったのです。

これは法律の力もそうなのですが、各消費者金融、信販会社など、貸金業の自社努力によるものとも言えます。利用者が無理な借金をしないよう、システム的に抑えることにより、会社と顧客が良い関係を築きやすい状況になったと言えるでしょう。

お金が必要な時に、総量規制に達するからと言って、消費者金融側に突然取引を停止されて困るかもしれません。しかし長い目で見れば、それは無理な借金を作らない結果になり、あなたのためになっているのです。

軽い気持ちはNG!大切なのはあなたの信用!

このように、現在は消費者金融などは以前よりも利用しやすくなりました。気軽、手軽に思い立った時に使うことが可能になっています。だからこそ、利用する時にはしっかりとした返済計画を考えなければいけません。

  • 手軽な分、余分に借りてしまいやすい
  • 無計画に借りて返済に困ることがある
  • 返済のために他社から借り入れをしてしまう
手軽に利用できるというメリットの反面、計画性がないままに借りてしまうと、このようなことになる危険性があります。特に返済のために他社から借りるようになってしまうと、更に返済が困難な状況に陥ることは想像に難くないでしょう。

例えそこまでにならなくても、返済が遅れてしまったりすることも避けなければいけません。返済が滞るのは大変なことであり、あなたの社会的な信用が傷ついてしまう可能性があるからです。

トラブル厳禁!信用情報を傷つけないで!

返済が滞ると、あなたが思う以上に社会的な信用が傷つくことになります。

特に数ヶ月の滞納などを起こしてしまうと、今後、大きなお金を扱う時に審査に通らなくなる可能性も出てくるのです。

  • 住宅ローン、カーローンの審査に通らなくなる可能性
  • 携帯電話の新規購入を分割で行えなくなる可能性
  • クレジットカードを持てなくなる可能性

どれも一括ではなく、分割返済が前提でお金を扱うものばかりですが、信用情報に傷が付いていると、どれも審査に通らなくなる可能性が考えられます。特に住宅ローン、カーローンは深刻ですよね。

いざ大きな買い物をしようとした時、過去に借りたお金のことで審査に通らなくなっては大変です。将来的なことを考えても、計画的に利用できるよう、借りる時には注意するようにしましょう。

いつまで記録?信用情報機関で情報チェック!

そのような過去の情報は、信用情報機関という場所に登録されています。特に貸金業の会社は、貸金業法により、利用者の申し込み状況、利用状況、返済状況などを登録する義務があるため、小さなトラブルも必ず登録されていると考えて良いでしょう。

ただし、未来永劫記録されているわけではありません。最短で半年、最長10年でその記録は消去されます。記録される期間は情報の種類によって違います。

信用情報機関 利用金融機関 記録期間
全国銀行個人信用情報センター 銀行、信金など銀行系 返済トラブル:最大5年
債務整理:最大7~10年
株式会社 シー・アイ・シー 信販会社 返済トラブル:最大5年
債務整理:最大10年
株式会社日本信用情報機構 消費者金融 返済トラブル:最大5年
債務整理:最大7年

利用する金融機関によって多少の違いはありますが、最大で10年、平均的には7年を限度とするようです。短い期間ではありませんので、できれば悪い情報は登録されたくないものですよね。

甘い言葉に気をつけて!紛れる闇金に要注意!

初心者だけではなく、経験者でも気をつけて欲しいことは、中小規模の消費者金融を利用する時、闇金が紛れている可能性です。さすがに大手の中にはいませんが、偽装しやすい中小規模、特に小規模な消費者金融の中には悪徳業者が紛れていることがあります。
  • 国や地方自治体の許可を受けて経営しているかどうか
  • 貸金業法を守っているか(総量規制、上限金利など)

闇金はこの2つを守らず、高い金利をつけたり、無理な貸付をしてくる悪徳業者です。大手の消費者金融でトラブルを起こした人にも、甘い言葉で近づき、無理な貸付をする危険性があります。

どうしてもお金が必要で、やむを得ず借りてしまうという人もいるかもしれませんが、良い結果が待っていることはまずありません。関わらないように気をつけていきたい存在です。

ここに注意!闇金の見抜き方はこれがポイント!

近年の闇金は偽装が巧く、実際にお金を借りる段になる時まで、それが闇金だと気がつかないことも多いそうです。そう考えると、借りる前に闇金だということを見抜く必要がありますね。

闇金かどうかを判断するには、以下のことに注目してみて下さい。

注意点 理由
「金利は相談」 上限金利20%以上を提示される可能性がある
貸金業登録番号未表示 正規業者は必ず表示している
連絡先が携帯電話番号 問題が起きた時に逃亡しやすいと言われる

いかがですか?借りる時には頭がいっぱいで気がつかないかもしれませんが、実は分かりやすい特徴を持っているのが闇金です。

特に「貸金業登録番号」は注目です。これは国や地方自治体から許可を受けた正規の業者に付与されるナンバーなのですが、闇金の場合、未表示であったり、デタラメの番号を表記していることもあるのです。

そんな時には財務省や、日本貸金協会に問い合わせをしてみましょう。闇金かどうかはすぐに分かります。特に日本貸金協会は、闇金の撲滅に力を入れています。公式サイトから検索することもできますので、気になる人はチェックしてみて下さいね。

ほとんどは正規業者!心配しすぎる必要なし!

ここまで少し物騒な話をしてしまいましたが、心配しすぎる必要もありません。貸金業界は確かに暗いイメージを持たれがちです。お金というものがデリケートなものであるからこそ、仕方のないことかもしれません。

ただ、実際には、ほとんどの業者が届け出を出し、許可を受けた上で経営しています。返済時にトラブルが起きてしまうのは、利用者側が様々な理由で返済できなくなってしまった時に限るようになっています。

利用者側の返済が難しくなった時も、相談すれば最大限の便宜を図ってくれることがほとんどです。

もしもあなたが返済に困ってしまったら、まずはその点を業者側に、素直に相談してみることをオススメします。

安全に借りるならまず大手&有名どころの中小がオススメ!

じゃあ結局はどこが安心なの?という疑問はごもっともです。消費者金融は大手も中小も数が多く、そしてどこも利用しやすいというのが現状ですので、それぞれを比較して、ご自分の好みの業者を利用することが一番良いでしょう。

大手のメリットは、日本全国に店舗や専用ATMがあるだけではなく、銀行ATMとの提携も行われているため、急にお金が必要になった時、ほぼ100%対応できるという点が一番大きいでしょう。

中小のメリットは、大手ほど利便性が高いわけではないものの、顧客との距離が近いという点が挙げられます。大手では配慮されにくい個人の事情も、中小であれば、社員さんが耳を貸してくれる可能性があります。

有名大手で借りる!全国いつでも利用可能!

大手と言えば、テレビのCMや雑誌の広告で知っている人も多いでしょう。有名タレントを使ったCMや覚えやすい曲のフレーズが特徴的ですね。

社名 金利 限度額
アコム 4.5%~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円

どの消費者金融も、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。また、駅前や大きなショッピングセンターの近くに、専用ATMを設置していることも多いので、思ったより身近にあることが分かりますね。

初心者で分からないことがあっても、丁寧に説明してくれるのが大手のサービスの良いところです。最初は不安があるという人は、大手で借りてみると良いかもしれません。

中小と言えばどこ?それぞれ好みで選んでみよう

中小の消費者金融は数が多く、また、日本全国に点在しています。大手の消費者金融と比べると、少し選ぶのが難しいかもしれません。最終的には自分が求める条件と一致する、あるいはそれに近い会社であることが大前提になりますね。

  • 金利が低いところが良い
  • スタッフがフレンドリーなところが良い
  • 大手で借りるのが難しいので相談に乗って欲しい
こういった条件があれば、大手よりも中小の方が向いていると言えるでしょう。中小の消費者金融は、大手よりも相当数があるため、選ぶには条件をしっかりと把握しておく必要があります。

たくさんの消費者金融がある現代ですが、最低限の知識と管理能力さえあれば、問題が起きることはほとんどありません。自分に合った消費者金融を探すため、まずはあなたが消費者金融に求める条件をピックアップしてみて下さいね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ