> > > 調べたい!旦那はカードローンでいくらまで借りられる?

調べたい!旦那はカードローンでいくらまで借りられる?

「旦那って、カードローンでいくらまで借りられるのか」気になったことはありませんか?毎月の家計のやりくりを任されている主婦であれば、急なピンチにカードローンが利用できると便利ですよね。年会費や入会金はかかりませんので、いざという時に備えておいても安心です。

けれど、主婦がカードローンを作るよりは、収入面で考えると旦那名義でカードローンを作った方がたくさん借りられる気がします。そこで、ここでは旦那はカードローンでいくらまで借りられるのか、主婦が旦那名義でカードローンを作ることができるのか、説明していきますよ。

知っておきたい!旦那の借入可能額

カードローンに申し込もうと検討しているなら、総量規制という言葉を聞いたことはありませんか?実は消費者金融や信販会社など、貸金業法が適用されるところでは借入可能額は明確になっています。

貸金業者の場合

アコムやアイフルなどの消費者金融では、貸金業法の総量規制により、年収の1/3を超える借入れはできません。例えば、旦那の年収が300万円であれば、借入可能額はその1/3の100万円が上限額となります。

これは、他の消費者金融や信販会社の借入れを合わせて100万円までとなりますので、A社で100万円借入れをすると、他社に申し込みはできないというコトになりますよ。

借入可能額 A社 B社
年収300万円の場合 100万円 0円
年収300万円の場合 50万円 50円
年収300万円の場合 80万円 20万円

年収300万円の場合は、他社と合わせて借入可能額が100万円までとなります。

1社で100万円ずつではないので、注意が必要ですね。

銀行カードローンの場合

銀行では、貸金業法が適用されず、銀行法が適用されます。そのため、銀行独自の基準によって借入可能額が決まります。旦那がいくらまで借りられるのか調べたいと思ったら、希望額で申込みをしてみなければ分かりません。

けれど、やはり銀行にも目安があり、だいたい年収の1/2~1/3までが借入可能額となっています。

例えば、千葉興業銀行では以下になっています。

借入極度額 年収条件
30万・50万・100万 なし
200万 400万円以上
300万 600万円以上
400万 800万円以上
500万 1,000万円以上

千葉興業銀行では200万円以上の高額融資を希望するなら、借入希望額の2倍以上の年収が必要となっていることが分かりますね。

意外に知らない!カードローンに申し込めるのは本人だけ

ココまで見て、「旦那は100万円なら借入できる!」と喜んだ主婦の方!

残念ながら、カードローンの申込みは借り入れする本人しか申し込みができません。つまり、旦那の収入で借入れをしようと思ったら、旦那さん本人しか申し込みができないのです。

アコムの利用条件

アコムの利用条件では、「20歳~69歳までの安定した収入と返済能力があり、アコムの審査基準を満たす方」となっています。

申込む本人に安定した収入があることがポイントなのです。

千葉興業銀行の利用条件

千葉興業銀行の利用条件では、「20歳以上60歳未満で、安定かつ継続した収入のあり、保証会社の保証を得られる方」となっています。こちらでも、やはり申込む本人に安定継続した収入があることが条件となっていますね。

そのため、主婦が申込むのであれば、旦那の借入可能額を調べるのではなく、申込む主婦本人の収入で借りられる金額を調べる必要があるのです。

意外に借りられる!パート主婦の借入可能額

それでは、パート主婦ではいくら借入れできるのか見ておきましょう。実はパート主婦の場合は、本人に収入があるため借入先は消費者金融、銀行カードローン等、さまざまな場所から選ぶことができるのです。

消費者金融で借入れ

消費者金融を借入先に選んだ場合、融資額はサラリーマン同様に年収の1/3までとなります。ただしパート主婦の場合も、サラリーマンと同じように安定継続した収入が必要となりますので、毎月働いて収入がある方が対象となりますよ。

銀行で借入れ

銀行を借入先に選んだ場合、融資額は借入先によって決まっている場合があります。

銀行名 パート主婦の極度額
千葉興業銀行 30万円
筑波銀行 50万円

これらは各銀行によって、基準が決まっていますので、気になる借入先があれば商品の詳細を見る必要がありますよ。

専業主婦なら銀行カードローンに申込可能

次に専業主婦の場合では、いくら借入れできるのか見ていきましょう。専業主婦の場合は、本人に収入がありません。そのため、旦那の年収が頼りになりますよね。けれど、先ほど紹介した通りカードローンには本人しか申し込みは出来ないのです。

ここで「旦那本人に申し込みをしてもらう」というのも一つの手段です。収入のある旦那にカードローンの申込みをしてもらうと、利用条件は満たしていまるので問題はありません。

けれど、中には旦那に内緒でカードローンを利用したい方もいますよね。そんな方でもカードローンを利用する手段があるのです。

専業主婦の申込みOKな銀行

専業主婦でも申し込める銀行カードローンというのは、意外に多いのです。

  • 岩手銀行
  • 東北銀行
  • 千葉銀行
  • 福岡銀行
  • 筑邦銀行

地方銀行を例に挙げてみましたが、他の地方銀行でも専業主婦の申込みに対応していますので、自分の住む地域の地方銀行カードローンの詳細をチェックしてみましょう。

いずれの銀行でも専業主婦が申し込みをする時には、「配偶者に安定した収入がある方」「世帯収入がある方」が利用条件となっています。

配偶者や世帯に安定した収入があれば、収入証明書不要で本人確認書類のみで借入れができますので、専業主婦でも気軽に申し込みができますよ。

消費者金融には申し込めない理由

専業主婦には、銀行カードローンをおススメしてきましたが、それには消費者金融では借入れができない理由があるからです。貸金業法では、「本人の年収の1/3まで借入れができる」という総量規制があります。そのため、本人に収入のない専業主婦では、借入れは0円となってしまうのです。

総量規制の例外

ところで、総量規制には例外があります。例外では、配偶者と併せた年収の3分の1までの借入れを認めています。そのため、専業主婦では年収0円でも配偶者が300万円あれば、2人の併せた年収300万円の1/3である100万円まで借入れが出来るのです。

ただし、総量規制の例外を利用するためには、この例外に対応している消費者金融を探す必要があります。大手消費者金融では例外に対応していませんので、専業主婦の借入れは出来ません。

総量規制の例外では、提出書類に「配偶者の同意」と「配偶者との婚姻を証明する書類」が必要となっています。

これらの書類をチェックするには手間や時間がかかりますよね。そのため、大手消費者金融では取り扱いをしていないのです。

旦那の借入額より自分の借入額をチェック!

お金を借りようと思ったら、借りる本人の年収が重要になる事が分かりましたね。

お金が足りない時には、旦那がカードローンを利用できるのかを調べるよりは、自分がいくら借りられるのかを調べた方が良いのです。

その時には、パートなどで収入がある主婦と専業主婦の場合とで、申込先が変わってしまうコトをしっかり調べる必要がありますよ。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ