> > その他職業別で見るカードローンの記事

その他職業別から見るカードローン審査の記事を一挙公開!

個人事業や自営業ではカードローンの審査がどうしても厳しくなりがちです。なぜなら、貸し手側は個人事業者たちを収入が安定しておらず、返済を期日までに終わらせることができない人物であると判断しているからです。それでは、その他職業の人が審査を受けた場合はどうなるのでしょうか?実は審査に有利になる職業はあるのです。といっても、金融機関や消費者金融が明確に審査に受かりやすいかどうかという情報を記載しているわけではありません。

しかし、規定をよく読んでみると「安定した収入を得ている人」という条件が課されていることがわかるかと思います。これはどんな金融機関や消費者金融においても同様です。安定した収入を得ていれば、返済の際に支障が出ないと考えられているためです。そこで、「安定した収入を得ている人」から導き出せるのは公務員や正社員の人だということがわかります。こういった人たちは毎月の収入がどんな職業よりも安定しているためです。

審査においては職業も重要なポイントとなります。ですから、公務員などの職業は審査で自ずとプラスに働いてくれるというわけなのです。また、勤務期間が長ければ長いほど収入の安定性が裏付けられることになります。だからといって、公務員や正社員の人が特別な待遇を受けられるわけでもありませんから注意してくださいね。

あくまでも他の職業よりも審査を通過しやすいというだけです。借り入れに関してはみんな平等です。返済を遅延すれば限度額が下げられたり、最悪今後の融資を断られてしまうこともあります。審査をするときもその後も気を緩めてはいけないということですね。

ただし、公務員や会社員が審査に受かりやすい職業だといっても、その人の状況によっては審査に落とされてしまうことがあるということは忘れてはいけません。たとえば過去に借り入れをしていて、なおかつ返済に遅れてしまった経験がある、などです。返済の遅延は融資をする金融機関や消費者金融がもっとも嫌う行為です。過去の出来事とはいえ、金融機関などにはその情報は余さず行き渡るようになっているので必ず知ることになります。

今現在はどうであれ、貸し手としては過去に返済を遅らせた人には融資をしたくないと考えます。ですから、こういった場合は職業に関係なく審査には不利になってしまうというわけなのです。借り入れの件数が多い場合でも同様です。このように、職業が絶対的な効力を持ち、審査を有利に働かせるというわけではないということなのです。審査の前に「自分は公務員だから大丈夫」と安心しきるのはまだ早いというわけです。最後まで油断せずにカードローン審査に臨むようにしましょう。

自由業は審査でなぜ不利?知らなきゃ損する3つの理由とその対策

基本的に会社に所属することのない自由業という働き方は、文字通りその縛られない自由さが魅力です。 ただ、ことがカードローンを利用するという話になると、その自由さがマイナスに働くこともあります。 会社勤めのいわゆるサラリーマンに比べて自由業の方はカードローン審査で明らかに不利になってしまうという問題があるのです。 それはいったいなぜなのでしょうか?そして、少しでも審査を通る確率を上げるような対策はあるのでしょうか? ここでは、自由業の方がカードローン審...

新しい仕事?それならカードローンの申込みは半年を過ぎてから!

やっと就職できて、新しい仕事にも慣れてきた。そろそろカードローンへの申込みをしたいと考えているけれど、就職してからどのくらい経って申込むのが良いの?と迷いますよね。 まず3ヵ月未満ではなかなか審査を通過することが出来ません。最低でも半年、出来れば1年以上の勤続年数が必要となってきます。長年ひとつの会社に勤めているということは大きな信用となるのです。 こちらでは勤続年数など本人の属性に関して、少しでも審査に有利になる情報を提供しています。カードローン申込...

カードローン審査に違いがある?社長vsサラリーマン

カードローン審査は社長かサラリーマンかで、利用条件や書類のチェック項目が変わってきます。サラリーマンであれば、勤務先から毎月給料をもらっていることが分かるので、ある程度の金額までは収入証明書の提出が不要となっています。 けれど社長の場合は、本当に経営が成り立っているのかをチェックする必要があるため、低額の融資希望でも確定申告書等の収入証明書の提出を求められることがあります。この時点で、社長とサラリーマンとでは違いが出てきますね。ここでは利用条件や提出書類...

医師はカードローン審査に有利?「ドクターローン」もおすすめ

今やカードローンは様々な職業の方が利用できるサービスになっています。正社員だけではなく、バイトやパートのみなさんでも借り入れができますし、主婦や学生でも収入があればカードローンは利用可能です。 カードローンを利用する際には、職業はもちろん収入面も審査されますので、収入が安定していれば審査に通る可能性は十分あります。中でも収入が安定している医師は、カードローンを利用する上でかなり有利な職業と言えるでしょう。 ここでは医師がカードローンを利用しやすい理由と...

社長は不利なの?キャッシング審査のポイントをチェック!

サラリーマン、公務員、自営業に自由業、今の日本は働き方が多種多彩です。お金を借りる時も、働き方はかなり重要視されていました。公務員や会社員でなければ借りられないと言われたり、自営業は絶対無理だと言われたりと、様々な情報が飛び交ったものです。 でも、今は多様な働き方が当然になり、各金融機関は柔軟な対応を始めています。特に、今までは厳しいと言われていた自営業にも、門戸が開かれるようになりました。 とはいえ、それでも安定した会社員や公務員に比べれば、たとえ社...

審査に通る?就職後すぐにお金を借りたい時のコツ!

就職、あるいは転職かもしれませんね。新しい人生の第一歩、おめでとうございます。生きて行くにはお金がかかりますから、生きるためにも頑張って働きましょう! と、それでももっと必要になるのがお金です。特に就職したて、転職したてでは、思うように使えるお金が足りないかもしれませんよね。もしかすると、勤務地によっては、早急な引っ越しなどもしなくてはいけないかも。 でも、就職してすぐのキャッシングやカードローンは可能なのでしょうか?特に新卒は大丈夫?転職でもすぐに借...

日雇いでも借りられる?カードローンを利用するための職業条件

カードローンでお金を借りたい!と思ったら、まずみなさん自身の職業からチェックしてみましょう。どのカードローンを利用する場合であっても、基本的には仕事をして収入を得ていなければなりません。それがカードローンを使う条件です。 もちろん仕事といっても様々な職業がありますよね。どのような職業で働いているのかは人それぞれですが、カードローンを利用できる職業はある程度決まっています。 たとえば、もしみなさんが日雇いとして仕事をしている場合、カードローンでお金を借り...

公務員だけのカードローン!広島銀行なら金利も優遇される!

広島銀行で販売されている公務員用のカードローンについて案内しています。また、そもそも公務員用のカードローンとはなんなのかについても触れています。 今ではカードローンといっても、人によって利用のされ方が変わっている時代のため、今回の記事を参考にして自分に合ったカードローン選びをしていただければ幸いです。 カードローンの商品情報、もしくはどのような人が審査に通りやすいのかも案内していますので、良ければそのような情報も参考にして借入を検討してください。 公...

社長だってお金を借りたい!社長におすすめのカードローン

社長といえば聞こえはいいですが、大手企業の社長でもない限りこの不景気では会社を切り盛りしていくだけでも大変だと思います。社長というのは言い換えれば個人事業主ということになります。 個人事業主はカードローンにおいても、会社員に比べると審査に不利と言われています。個人事業主は会社員に比べて審査が厳しいのはなぜでしょうか? また個人事業主は借りたお金を事業資金として利用することはできるのでしょうか?調べてみました。 収入が原因!?カードローン審査は個人事業...

仕事決まったらOK?キャッシングの申し込み必勝法!

キャッシングやカードローンの審査では、まず、申し込み者が仕事をしているかしていないかが重要視されます。広告には特に書いていなくても、いざ申し込む時、無職だと躊躇ったりしませんか? 実際の話、無職だと審査に通りにくいという噂はよく耳にします。でも、無職でも借りられた経験がある人の話を聞いたことがある!という人も。 仕事さえ決まればOK?それとも他に条件があるのでしょうか?申し込みの時には覚えておきたいことをチェックしてみましょう。 審査でチェック!最低...

新着記事
カテゴリー
ページトップへ