> カードローンの利用時に読むべき職業別記事

職業別から見るカードローン審査に関する記事はコチラです!

カードローンの契約を申し込むにしても、その審査が甘いに越したことはありませんよね。けれども、審査をどうやって甘くするかという問題はなかなか難しいものがあるのです。と言うのも、職業によって審査の厳しさにも差が出てくることがあるからです。「じゃあ職を変えよう」なんてことはそうそうできることではありません。なぜ職業が審査で重視されてくるのかといいますと、やはり収入の面に関わってくるからです。

どんな金融機関や消費者金融であっても、「安定した収入を得ている人」を融資の対象と見なしています。つまり、安定した収入を得られる職業についている人なら自ずと審査の対象となるわけです。安定した収入を得られる職業というのは、たとえば公務員や正社員です。毎月一定のお給料をもらっている人のことですね。こういった人なら、無茶な借り入れ額を申請しない限りはまず審査に落ちることはありません。

しかし、すべての人が公務員であるわけでも正社員であるわけでもありませんよね。今は様々な形態で職を持ち、働いている人たちがいます。公務員の人同様に毎月一定のお金を稼いでいる人もいれば、月ごとにばらつきがある人もいます。先ほども言ったように、一定の収入があるのなら審査の基準を満たすことになります。ですから、たとえ正社員でも公務員でなくても審査は自ずと甘くなることでしょう。しかし、月ごとにばらつきがあるなら話は別です。

「安定した収入を得ている人」というルールを各金融機関などが設けているのは、お金を貸してもその収入の範囲内できちんと返してくれることを見込んでいるからです。しかし、収入が不安定ならそうはいきません。ある時までは上々であっても、突然営業が落ち込んで給料ががくんと下がってしまう可能性がある人には融資側としてもお金を貸したくはないのです。収入にばらつきがある人は、一定の収入を得ている人よりも返済の見込みが低いと判断するからです。

こういう理由から、カードローン審査を申し込むときに職業は重要になってくるというわけなのです。ただ、金融機関や消費者金融によって独自の規定を設けていることもあります。そのため「A社ではだめだったけどB社なら審査を無事通過できた」という場合も少なくありません。ですから、収入の面や職業について不安に感じていたとしても、一度カードローン審査を申し込んでみることをおすすめします。

また、カードローン審査を申し込む前には、自分がお金を借りようとしている会社や金融機関が提供しているサービスについてあらかじめよく調べておくようにしましょう。疑問点があれば直接問い合わせてみることも有効な調査手段の一つです。

個人事業主が低金利で借りられるローンを知りたい!

景気は回復しているとはいうけれど中小企業や個人事業主には、まだまだ先の見えにくい状況が続いています。思い切って新しい事業を始めてみたいけれど、先のこともあるし、なるべく低い金利で借りたいと思っている事業者も多いのでは? いまはアベノミクスの影響で中小企業や個人事業主を支援する公的事業融資が充実してきています。また、銀行のビジネスローンでも金利の低いところがでてきています。 ここで、あなたの事業形態にあったローンを検証してみましょう。 日本政策金融公庫...

自由業は審査でなぜ不利?知らなきゃ損する3つの理由とその対策

基本的に会社に所属することのない自由業という働き方は、文字通りその縛られない自由さが魅力です。 ただ、ことがカードローンを利用するという話になると、その自由さがマイナスに働くこともあります。 会社勤めのいわゆるサラリーマンに比べて自由業の方はカードローン審査で明らかに不利になってしまうという問題があるのです。 それはいったいなぜなのでしょうか?そして、少しでも審査を通る確率を上げるような対策はあるのでしょうか? ここでは、自由業の方がカードローン審...

事業用の方がオススメ?個人事業主がカードローンで借り入れしたい時

カードローンは基本的に誰もが借りられるようになっているのですが、自営業や個人事業主の場合、使途理由によっては借りられない状況になることがあります。同時に、個人事業主の方専用のコースがある消費者金融もあります。 そのため、個人事業主の場合は、専用のコースでないと借りられないのだろうかと心配になるかもしれません。 実際のところ、通常のカードローンでは、個人事業主の方は申し込めない、または申込みにくくなっているのは本当なのでしょうか?そして、事業用専用のコー...

利息は経費として扱える?個人事業でカードローンを利用した場合

会社を運営する、事業を行うということは何かと資金の面で苦労を伴うものですが、個人事業主や自営業の方の中には、銀行や消費者金融のカードローンを利用して運営資金としている人もいるのではないでしょうか? 特に急いで費用を工面した場合や借り入れしている段階で忘れがちなのが、利息がどういう扱いになるのか?という点です。 生活費として借り入れしているのならばまた話は変わりますが、事業費用として借り入れしている場合、利息も経費として扱えるのでしょうか?確認してみたい...

気になるカードローンの申込資格と審査!派遣社員でも大丈夫?

最近人々の就業形態は多様化しています。一昔前のように正社員として一つの会社に終身雇用というのは珍しいくらいです。雇用形態もライフスタイルに合わせて、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなど様々な選択肢があります。 不況の影響もあって希望通りの働き方ができないケースもあります。最近では派遣社員として働く人も増えていますが、派遣社員にはメリットもデメリットもあります。柔軟に働くことができるというメリットがある一方で正社員よりも給与が少ないというデメリットが...

個人事業主は借り難い?!銀行やノンバンクの現状調査

個人事業主の銀行からの借り入れ、正直、審査が厳しく難しいと考えている人が多いのではないでしょうか。 しかしお金は事業資金に必要な時もあったら、自分の生活の為に足しにしたいという時もありますので、なんとかして借り入れをしたいと思っている人も沢山存在します。 個人事業主は自営業ということになりますので、貸付実績のある金融会社から借り入れするのが1番だと言えるでしょう。しかし、自営業であっても貸付を行っている金融会社というのは本当に存在するのでしょうか。 ...

自営業者もカードローンで借りたい!裏わざは存在する?徹底解剖

お金がピンチになったらなんとかして用立てなくてはなりません。 信頼おける人に借りたり、肉親に借りたりいろいろな方法があると思いますが、頼れる人がいない場合はカードローン会社などと契約することになるでしょう。 しかしカードローン会社の審査に通りやすいのは会社員であり、自営業者は一般的に審査に通りにくいと言われています。自営業を営んでいるとどうしてお金が借りにくいのでしょうか。 また、審査に通りやすい裏わざなどは存在するのでしょうか。裏わざがあれば、知り...

事業者専用サービスもある?個人事業主・自営業者のキャッシング

キャッシングを利用する際に「審査に落ちたらどうしよう…」と不安になることもありますよね。特に個人事業主や自営業者のみなさんの場合、雇用や収入の不安定さから正社員に比べて審査に落ちる恐れが高くなります。 そのような場合は、通常のキャッシングではなく、事業者専用のサービスを活用してみてはいかがでしょうか?ここでは個人事業主のみなさん、自営業者のみなさんにオススメのキャッシングをご紹介していきます。 ただし、事業者専用のサービスだからといって、みなさんが必ず...

新しい仕事?それならカードローンの申込みは半年を過ぎてから!

やっと就職できて、新しい仕事にも慣れてきた。そろそろカードローンへの申込みをしたいと考えているけれど、就職してからどのくらい経って申込むのが良いの?と迷いますよね。 まず3ヵ月未満ではなかなか審査を通過することが出来ません。最低でも半年、出来れば1年以上の勤続年数が必要となってきます。長年ひとつの会社に勤めているということは大きな信用となるのです。 こちらでは勤続年数など本人の属性に関して、少しでも審査に有利になる情報を提供しています。カードローン申込...

カードローンのためにアルバイト始める前に…知って得する審査の真実

カードローンでお金を借りたい…その時、必ず立ちはだかるのが審査という関門です。 特に今現在なんらかの事情で仕事をしていないという状況だったりすると、正直なところ審査があるというだけで絶望的な気分になってしまうのではないでしょうか? 中には、少しでも審査に通る可能性を上げるべくとりあえずバイトでも始めてみようかと考える方もいるかもしれません。しかし、それは本当に有効な手段なのでしょうか? 目的のために行動を起こすのは大切なことですが、その行動をより効率...

新着記事
カテゴリー
ページトップへ