> > > 今すぐ借りたい!審査の緩いカードローンの探し方!

今すぐ借りたい!審査の緩いカードローンの探し方!

キャッシングやカードローンでお金を借りる時、必ず審査があるのはご存知ですよね。様々な個人情報を調べる審査ですが、この審査で頭を悩ませる人も多いことでしょう。

働き方や年齢、収入など、審査で見られる個人情報項目はたくさんあります。審査にかかる時間も結構なものになってしまうこともあり、急いでお金が必要な時にはあまり嬉しくありません。

もっと速く、もっと簡単に、いわば審査が緩いカードローンはあるのでしょうか。本当にあるのなら、どうやって探せば良いのでしょう。

借りる時の審査内容は?チェックされるのはこの項目!

まず、審査ではどんなことがチェックされるのかを知っておきましょう。チェック項目を知っておくことによって、自分が審査に通りやすいか、あるいは通りにくいかの予想がつきやすくなってきます。

項目 目的
氏名、年齢、住所など 個人情報、連絡先の把握
勤務先、勤続年数 安定した収入が期待できるかどうか
年収 安定した返済が期待できるかどうか
持ち家の有無、家族の人数 返済に回せるお金はどれくらいあるのか

ほぼ必ずと言って良いほど、この項目の数々は有名です。どこの金融機関でも、審査の時には上記の項目を最低限チェックすることになっていると言われています。確かに、返済能力を測るには、ちょうどいい項目の数々ですね。

審査で何より重要視されるのは、やはりその返済能力です。

返済能力が低い人に、多額のお金を貸すわけにはいきません。各金融機関は審査の時点で、返済能力を調べていると言えるでしょう。

特に重要なのは?収入と借り入れ総額!

どの項目も重要であるのは事実なのですが、その中でも、特にチェックされる項目があります。

  • 収入に関する項目
  • 他社からの借り入れ総額
収入に関する項目は、やはり返済能力に直結するため、重要視されるのは当然と言えば当然です。借り入れしたいと思う金額に対し、バランスが取れているかどうかのチェックも行われます。

他社からの借り入れに関する項目も重要です。借り入れ総額が多すぎると、返済に困る可能性があるため、おいそれと貸せないこともあるのです。

また、他社の借金の返済のため、新たな借り入れを考えている可能性も否定できず、ここは慎重なチェックが行われます。

金融機関によって違う?重要視されるチェック項目

キャッシングやカードローンを提供している金融機関はいくつかありますが、金融機関によって、重要視するチェック項目は違うのでしょうか?結論から言ってしまえば、「大抵の金融機関では同じようなものである」と言えます。

  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融のキャッシング
  • 信販会社のショッピングローン

この3つが代表的な個人向けの融資ですが、審査内容は、どれもほとんど一緒だということが知られています。いい加減というわけではなく、どの金融機関においても、トラブルのないお金のやり取りを必要とすることを考えると、やはり似たような項目を重要視するようです。

どの金融機関でお金を借りることになるにしろ、重要視されることはやはり返済能力ということですね。返済能力に自信がない人は、審査に通過することが難しいという覚悟が必要かもしれません。

カードローンの特徴は?キャッシングとの比較

審査の緩いカードローンを探している人が多いようですが、そもそもカードローンとは何なのでしょうか。現金をやり取りするという、大まかなイメージしか持っていないかもしれません。実際、あまり詳細に考えることがないことかもしれません。

【カードローンとは】

個人に向けて提供されている、担保を必要としない融資方法。銀行口座にお金が振り込まれる。

大抵は使途が自由で、生計費、遊興費など、制限されずに利用することができる。

限度額内であれば、何度でも融資を受けることができ、返済は分割払いが主流だが、最近はリボルビング払いも増えている。

担保不要でお金が借りられるということは、個人の信用だけで借りるということに他なりません。その分、審査で返済能力を重要視してチェックすることは、当然と言えば当然だと言えるでしょう。

以前は分割払いで返済することが主流でした。借り入れた金額に応じ、月々の返済額が決定されていたのです。しかし、近年では、毎月一定額を返済するリボルビング払いが主流になっています。

キャッシングとの差は?今時はほとんど違いなし!

個人向けの無担保融資で、カードローンと並んでよく利用されるのがキャッシングです。キャッシングもカードローンと同じく、直接現金のやり取りをするため、利便性が高く、愛用者の多い融資方法です。

【キャッシングとは】

キャッシュカードを作り、専用のATMやキャッシュディスペンサーを利用して、ダイレクトに現金を受け取ることができる、スピーディな個人向け融資方法。

ほとんどのキャッシング商品では使途が自由で、カードローンと同様、生計費や遊興費に利用することができる。

基本的に一括返済と言われていたが、現在はリボルビング払いが主流。

カードローンと比較すると、大きな違いがないことが分かります。

以前は支払い方法に一番の違いがあったのですが、現在はリボルビング払いの浸透によって、その差がなくなってきました。

敢えて言うなら銀行口座を通した取引かどうかになりますが、それほど手間が変わるわけでもないため、結果的にはカードローンもキャッシングも、ほぼ同じ内容の商品だと考えることができますね。

提供元の違いは?銀行系と消費者金融!

カードローン商品は、主に銀行から発行されています。銀行が直接発行しているカードローンもあれば、その銀行の系列会社が発行しているカードローンも存在します。まとめて銀行系カードローンと呼ばれることが多いようです。

対して、キャッシングは消費者金融が提供していることがほとんどです。消費者金融はお金の貸し借りに特化し、大手の会社では、全国に専用ATMを設置しているほどで、その利便性はかなり高いと言えるでしょう。

金融機関 種類 特徴
銀行 カードローン 金利が低い商品が多い
ネームバリューがある
消費者金融 キャッシング 審査が速く、すぐ利用できる
大手なら全国で利用できる

銀行系カードローンは、消費者金融のキャッシングよりも金利が低いことで有名です。お得に利用したい人であれば、一度はチェックする内容ですね。上手に節約するのも大切なことです。

消費者金融は、審査がとにかく速いという利点があります。急いでいる時にはうってつけですね。また、大手は全国に展開しているので、いつでもどこでも利用できるのも、かなり心強いポイントです。

今は消費者金融からも!カードローンは種類多数!

カードローンは銀行系が取り扱っているというご紹介をしていますが、実は最近、消費者金融もカードローンの提供を始めています。まだ主流というほどではありませんが、銀行口座に記録を残したい人から好評を博しているようですよ。

  • 審査が銀行系よりも速い
  • 金利は少し高め

消費者金融のカードローンは、キャッシングのメリットとなっている「審査の速さ」がここでも生きてきます。銀行系のカードローンは、消費者金融よりも審査に時間がかかるため、急いでいる時にはあまり歓迎されない面があります。

しかし、消費者金融のカードローンは、キャッシング同様、審査がとても速いことが特徴です。

申し込んだその日に利用することもできるため、多少金利が高くても、利用料と割り切って申し込む人が増えているようです。

審査が緩いのは?消費者金融で借りるメリット!

審査が速いということは、最低限の項目だけを審査しているということになります。これを「緩い」と表現していいかどうかは微妙なところですが、銀行系カードローンより、審査に通りやすいのは事実のようですね。

最低限の項目だけを審査していることが予想できるとはいえ、決していい加減なわけではありません。個人の信用だけでお金を貸すわけですから、ポイントは抑えた審査をしていると考えられます。

最初に紹介した「返済能力」を測るため、年収や勤務先、勤続年数を、できる限り厳しくチェックしていることは確かでしょう。安定した収入が見込める公務員や会社員の方が、審査に受かりやすいと言われる理由はここにあります。

ここが嬉しい!消費者金融のメリットはそのスピード!

消費者金融のメリットは様々なものがありますが、その中でも、審査のスピードが速いことが、人気を集める一番の理由です。最短で申し込みから一時間未満で融資を受けられる会社があるほどです。

  • できるだけ午前中、遅くとも正午までに申し込む
  • 申し込み画面、申し込み書類の不備がないようにする
  • 専用ATMから申し込むとその場でカードが発行されることも

この3つの条件を意識した申し込みであれば、申し込んだその日に利用することも可能になっている会社が多くなっています。

正午までに申し込めば、夕方には口座にお金が振り込まれるようになりますよ。

スピードだけがお金を借りる時の条件ではありませんが、冠婚葬祭など、急に物入りになることはありますよね。そんな時、消費者金融ですぐに借りられるようになっていると、普段から安心していられることも、もしかするとメリットかもしれません。

デメリットは?金利の高さが唯一のネック!

消費者金融は、急にお金が必要になった時、普段から少し生活に潤いが欲しい時など、便利に利用できる存在です。ただ、メリットがあればやはりデメリットもあるというもの。

  • 銀行系カードローンに比べ、金利が少し高めになっている

金利は融資の申し込みをする時、皆さんが気にする条件のひとつですよね。消費者金融では、この金利が少し高くなっています。平均的な金利は10%前後から15%強だと言えるでしょう。

ただ、審査の速さや利便性の高さを考えると、多少の金利の高さは目をつぶるべきかもしれません。月々の返済額をよく考えて、利便性と金利のどちらを取るかを選びたいですね。

審査最速!大手消費者金融はとにかく速い!

大手の消費者金融は、中小の消費者金融より、スピードに特化した審査を行っています。各大手会社の商品を比較してみましょう。

消費者金融 金利 限度額 特徴
アコム 4.7%~18.0% 500万円 公式サイトで3秒診断可能
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短1時間で融資可能
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 「瞬フリ」サービスあり

アコムの「3秒診断」は、公式サイトで利用することができます。これは正式な申し込みではなく、あなたの個人情報をアコムに送信する必要はありません。必要な情報を入力するだけで、借り入れが可能かどうか分かります。無駄な時間を省きたい人には良いシステムです。

アイフルは老舗の消費者金融です。一時期はCMが大ヒットし、今では知らない人はいないのではないかというくらい有名ですね。スピード審査には定評があり、最短一時間で融資を受けることがでいるよういなっています。

そしてもっとも注目したいのが、プロミスの「瞬フリ」です。

「瞬フリ」は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、最短10秒で融資が可能なサービスになっています。

これはかなり驚きの内容で、しかも24時間365日いつでもOK。かなり魅力的なサービスですね。

銀行系も負けてはいない!バンクイックで最速融資

消費者金融の融資速度は目を見張るものがありますが、実は銀行系でも、審査速度や融資速度がとても速いカードローン商品があるのです。三菱東京UFJ銀行から提供されている、バンクイックがその商品です。

バンクイックは最短30分で審査を完了し、融資を受けることができます。このスピードは銀行系カードローンにはなかったもので、登場した時にはかなり話題になったものでした。今でも銀行系カードローンの中では相当人気を集めています。

商品名 金利 限度額 特徴
バンクイック 4.6%~年14.6% 500万円 銀行のテレビ電話窓口で審査可能
その場でカード受け取り可能

30分で審査を終え、融資に必要なカードを受け取るには、銀行で直接申し込みをする必要があります。ローン商品を申し込むところを見られたくないと言う人もいるかもしれませんが、バンクイックは専用のテレビ電話窓口で話をするため、プライバシーが守られるようになっています。

カードをその場で受け取るには、自動車の運転免許証が必要です。申し込みの時には忘れないように気を付けましょう。

消費者金融も銀行系も、今はかなり審査が速くなり、どんどん垣根が低くなっていると言えるでしょう。どちらを選ぶかはあなた次第です。両方のメリット、デメリットをチェックして、あなたにとって便利な方を選んで下さいね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ