> > > 申込ブラックは怖くない!キャッシング審査前必見の回復方法

申込ブラックは怖くない!キャッシング審査前必見の回復方法

キャッシング審査に関わる言葉で「ブラック」というのをよく耳にします。これはブラックリストに載ってしまった人のことや、その状態のことを指していますが、どこで審査を受けても落ちてしまうということを意味しているので、一般的には「こうなったらお終い」といった暗いイメージがありますよね。

でもブラックになると審査に通らないということは知っていても、本当はそれがどういうことなのか、どうすればそこから回復できるのかまではよく知らない方も多いのではないでしょうか。

そのため、余計にブラックが恐ろしげなものに見えてしまっていることだってあります。今回は申込ブラックの詳細と、そこからの回復方法や予防法を重点的に探っていきたいと思います。

申込ブラックってなに?

一般に「ブラック」「金融ブラック」と言われているものは、信用情報機関に事故情報や異動情報というものが登録されている状態を指しています。

実際にはブラックリストなるものは存在しないのですが、これが登録されていると問答無用で審査に落ちてしまうため、このような物々しい呼び名になってしまったのでしょう。実際の事故・異動情報として登録されてしまうのは、以下のようなことがあった場合です。

  • 任意整理、個人再生、自己破産
  • 2ヶ月を超える延滞

信用情報機関は加入団体によって3つの機関があるのですが、この事故情報については、そのどこからでも共通してアクセス可能になっています。ですから事故情報が登録されていると、クレジットカード、消費者金融、また銀行カードローンと、どこで申込んでも審査に落ちてしまうことになる訳です。

しかし今回ご説明する申込ブラックは、この上記の事故情報のリストの中には入っていません。しかし信用情報機関が共有する情報システムの中には、事故情報と同様、この申込ブラックに関連する情報が含まれているのです。それが特定情報というものです。

特定情報って?

お金を貸す企業のうち、銀行や信用金庫、信用組合以外の、貸金業として登録している企業は、株式会社日本信用情報機構と株式会社シー・アイ・シーのいずれか、あるいはその両方に加入しています。そして両者間では、FINEと呼ばれる情報共有システムで、互いの信用情報をやり取りしているのです。

もしもこのような信用情報間の交流がないのだとしたら、延滞をした企業が加盟している信用情報機関以外の企業であれば、ブラックであっても問題なく借りれてしまうことになりますよね。

また総量規制が導入されてからは、貸付残高がその人の年収の三分の一を超えないよう、企業は定期的に確認しなくてはなりません。もしもこのような情報交流がなければ、企業側はこのチェックができず、申込者本人の申告だけで借りれてしまうことになるでしょう。これでは総量規制そのものが成り立たなくなってしまいます。

このようにFINEは、総量規制の維持のためにも欠かせない存在なのです。FINEでやり取りされる信用情報は、以下のようなものです。

  • 個人信用情報
  • 特定情報
  • 重複加盟を識別するための情報
  • 調査中の注記
  • 本人申告コメントの一部

この中の〈特定情報〉が、会員会社からの信用情報の照会状況に当たるものです。最近その人からの審査申込がどこからどのくらいあったのかということが、これを見ればすぐ分かるようになっているんですね。

ここで大切なのは、お金を借りていなくても、また審査に落ちてしまったとしても、審査申込をするだけで、このように記録には残されてしまうということなのです。

申込件数が多いと警戒される

そして申込のあった企業が情報照会して、短期間に複数の照会履歴が確認できた場合、これが審査に悪い影響を与えることがあります。複数といっても、間を置いた申込みならば問題はありません。

しかしそれが1ヶ月に4件以上といったペースになると、これだけで審査に落ちてしまうようになります。つまりこれが、申込ブラックと呼ばれる状態なのです。

《申込ブラックになると考えられる目安》
1ヶ月に4件以上
     …ほぼ1週間に1件の申込ペース

申込ブラックにははっきりした基準があるという訳ではありませんので、場合によってはこれ以下の申込件数であっても、審査上問題になる可能性はあります。軽い気持ちで複数のキャッシングを申込んだりすることは、絶対に避けなくてはなりませんね。

信用情報機関でやり取りされるその他の情報からは、その後実際に借入れをしているかどうかまでが確認できますので、申込があったということだけでなく、その審査の合否結果までが分かってしまうのです。もしも軒並み審査落ちしていれば、尚更悪いデータということになってしまうでしょう。

誰もがなってしまうブラック

長期延滞などの金融ブラックは、真面目に返済さえしていればそうなる心配は皆無なのですが、この申込ブラックはどんな人でもなってしまう可能性があります。その意味では、むしろ恐ろしいブラックだとも言えるでしょう。

自分はそんなこととは無縁だと思う方も、例えば以下のようなケースでは申込ブラックになってしまう可能性がありますよ。

例1)
急な出費でお金を借りることに。落ちては困るので、念の為に一度に数カ所で申込みをした。
例2)
キャッシングを申込んだところ、仮審査結果が希望額よりずっと少ない目だった。これでは足りないので、数日の間に複数の企業で申込みをした。
例3)
初めての申込みをしたが、審査結果の連絡がなかなか来ない。待てないので毎日のようにネットで他社への申込みを続けてしまった。

いずれもそう極端なケースには思えませんよね。余裕のある時ならば大丈夫でも、どうしても借りれないと困るといった状況下であれば、誰だってついやってしまいそうなことではないでしょうか。

今は申込みが全てインターネットで出来るようになっていることも、この申込ブラックになりやすい要因のひとつだと考えられます。少しまとまった時間さえあれば、自宅から数カ所まとめて申込むことが難しくないため、この際だから念の為に複数申込んでおきたいと考えることも、そう不自然なことではありません。

またキャッシング審査に落ちてしまい、その原因に思い当たらないまま、次々と手当たり次第に申込をしてしまうというのも実はよくあるパターンなのです。

例えば勤続年数が1年以内だと審査に落ちてしまう場合がありますが、それに気づかず次々申込みを繰り返し、その結果申込ブラックになって尚更審査に通らなくなってしまうというケースも考えられます。

それにしても、確かに借りれば記録に残るということは知っていても、申込みだけならば何の影響も残らないと考える人が殆どですよね。審査に落ちてしまったとしても、こんなふうに申込をした記録がちゃんと残されているとは、ちょっと驚きです。

しかもその件数が多ければ、それだけでブラックと全く同じ扱いになってしまうというのは、なんだか厳しすぎるのではないかという気もしてしまいますよね。しかしそれには、企業側のもっともな理由があるのです。

返済能力はあるのに?

事故情報である金融ブラックは、借りたお金を返済できなかった人がなる訳ですから、その後はお金を貸してもらえなくなるということも当然だと言えるでしょう。しかし申込ブラックは、実際にはそうではないケースも含まれています。

例えば前出の例1)のケースの人は、十分に返済能力のある真面目な方かもしれません。その他の例でも、時間をあけて他で申込めば、希望通り審査に通ることができる人かもしれませんよね。

このような人までが、まとめて審査落ちしてしまう可能性があるというのも、一度にあちこちから多額の借入をする人には、やはり返済不能になってしまう人が多いからなのです。

多重債務に陥った人や今後陥る危険性のある人、また名義貸しなどの犯罪に関わっている人には、このように一時期に集中して申込をするという共通した特徴があります。

短期間に借入申込を繰り返すのはどんな人?
※単に早く審査に通りたいと焦っている人
※多重債務者や貸倒のリスクのある人

このような人にお金を貸せば、結局は貸し倒れになってしまいますよね。リスクの高い人には貸さないというのは、企業としては当然のことだと言えるでしょう。つまり先にあげた例のような人達は、知らず知らずのうちに、このような危険性を感じさせる申込み方をしてしまったのだということになるのです。

申込ブラックになってしまったら

このような審査に関わる知識がなくて、うっかり申込ブラックになってしまったら、もう二度とここからの復活できないのでしょうか?申込ブラックは、どなたにとっても身近なブラックなのですが、実はそこからの回復もやはり簡単なのです。ずっとこのままといった心配は無用ですよ。

但し簡単だといっても、一般の金融ブラックと比べればという話です。例えば手続きすればすぐに元通りなんてことは期待できません。申込ブラックも、他のブラックと同じように、やはり一定期間はひたすら登録が消えるのを待つしかないのです。

半年間は静かに!

各企業が申込があったことを登録している期間は、「照会のあった日から6ヶ月を超えない期間」と定められています。但し6ヶ月を1日でも超えればすぐに信用情報に反映されるかというと、手続き上必ずしもそうなるとは限りません。

そのため実際の登録が消える期日ついては、これよりも若干余裕を見ておいた方が安心ですね。登録が消える直前に新たに申込んでしまうと、また登録が増えてしまう結果にもなりかねませんよ。

もしも5カ所で申込をした場合には、最初の申込から順に登録が消えていきますので、3件の照会記録が消えたあたりから、申込ができる可能性も出てきますが、このような微妙な時期の判断をするには、実際に申込をした日付の確認も重要になってきます。

信用情報を開示請求してみる

しかし一度にまとめて申込んだ人は、企業と日付をはっきりと憶えていない方が殆どかもしれません。その場合、自分の信用情報については各信用情報機関に開示請求することができます。

しかし開示請求は1件1000円程度の実費もかかるということもあって、必ずしもこの請求が必要だとも限りません。最後の申込をした可能性のある時期から余裕をもって半年以上待てば、確実に借りれるようになるからです。

しかしなるだけ早く申込をしたいお急ぎの場合には、まだ登録が残っていそうな情報機関で請求をかけるだけでもほぼ要は足るでしょう。6ヶ月を過ぎたものから順に登録は消えて行きますので、残りの期日の確認さえできればそれで十分ですね。

例えばJICCに開示請求をかけると、自分の信用情報から、このような照会のアクセス記録を見ることができます。

  • 照会年月日
  • 申込先の会社名、信用情報機関
  • 照会目的
  • 契約(予定or成立)の商品名、金額

個人信用情報の開示内容は、この照会記録だけではありません。これまでの借入に関する記録が全てまとめて手に入りますので、過去の記録に不安のある方もない方も、一度は自分の信用情報を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

後はスッキリ!

申込ブラックが、他のブラックに比べればずっとマシだと言える点は、この登録さえ消えれば後には全く影響が残らないということです。返済トラブルにまつわる金融ブラックの場合、信用情報の登録期間が終了してからも、ずっと影響が残ってしまって審査に通らないケースもあると言われています。

それに比べて申込ブラックならば、企業に損害や迷惑を与えたという訳ではありませんから、企業の対応は決して厳しくはありません。この6ヶ月さえ過ぎれば問題は跡形無く解決し、後には全く影響は残りません。落ち着いて待っていれば、必ず元通りに回復できます。

申込ブラックにならない為には

このように比較的回復も楽な申込ブラックなのですが、それでも登録期間中の半年間は、どこからも借りれない状況が続きます。その間に急な出費が続いたり、ローンを組まなければならないことがないとも限りませんから、やはりそうならないよう心がけるに越した事はありません。

キャッシングを申込んで審査落ちしてしまった場合や、またなかなか審査結果の連絡が来ないという場合にも、つい焦って申込みを連発しないよう気をつけなくてはなりません。週末など、待ち時間がかかりそうな曜日は申込みを避けるというのも重要ですね。

審査結果はどの企業も早さばかりをアピールしていますが、表示されているのは最短のケースですので、それ以上に時間がかかることも決して少なくはありません。申込をする時間帯によっても事情は変わってきますので、申込みした日とその翌日一杯くらいは、落ち着いて待つことが大切です。

「アブナイ」待ち時間 他で申込みたくなる理由
仮審査の結果待ち時間 なかなか審査結果が出ない
仮審査0本審査の間 審査に落ちた・限度額が低い
本審査後 審査に落ちた・限度額が低い

但し審査結果の連絡については手違いという可能性もありますので、イライラして余計なことをしてしまうよりは、こちらから問い合わせの連絡を入れてみるのもいいでしょう。

審査に受かったケースでも、仮審査結果が出た段階でもう次の借入に向けて動き出すというのではちょっと早過ぎです。仮審査で出る限度額は仮の額ですので、本審査では限度額が変わる可能性もありますよ。しかも場合によっては本審査で落ちるということだってあり得ます。何にしても、少なくとも本審査の結果が出るまでは動かないのが正解です。

また本審査の結果が出てからも、次の申込までには1週間以上は空けるようにしましょう。この基本を守っていれば、1ヶ月の申込件数が4件を超えることはありません。但しこれでもかなり限度一杯の借り方になります。できればこれよりも更に余裕を持つ申込ペースがお薦めですよ。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ