> > > カードローンは関係ある?車のローン審査が通らない理由について

カードローンは関係ある?車のローン審査が通らない理由について

免許を取ると、誰もが車の購入を考えます。しかし車を購入するには、かなりのお金が掛ります。金額は確かに上を見ても下を見てもきりがないのですが、中古車だろうと安い買い物ではありません。そうなると、どうしてもローンを組むことになります。

確かに自動車ローンという便利なモノがあり、購入時に販売店で契約することもできます。それ以外にも銀行のカーローンという方法もあります。

どちらにしても大抵の人は車のローンを組むことになるのでしょうが、では車のローンを組む時にすでにカードローンを組んでいる場合は、その影響はあるのでしょうか?ないのでしょうか?考えてみたいと思います。

自動車を買う場合には自動車用のローンを使う人が多い!

自動車を購入する場合、現金で買う人はまずほとんどいないでしょう。もちろん、ローンが嫌いな人はコツコツ貯めてから買うでしょうし、元々お金がある人は考えるまでもないかもしれません。しかし、そういった人は少数派と言えます。大抵の人はローンを組んで買っていると言っていいでしょう。

その自動車のローンに関してですが、初めて自動車を買う場合や、他で借金を多く残している人からすれば心配なことがいろいろあるかもしれません。

と言うのは、ローンというものは、必ず利用することができるわけではないからです。世の中には様々なローンがありますが、どんなローンだろうがそれは同じです。

  • 審査がある
  • 借りられる額には上限がある
  • 返済を滞らせると今後借りられなくなることがある

基本と言えば基本、当たり前といえば当たり前ですが、つい忘れがちでもあることです。しっかりと頭に入れておく必要があります。

自動車のローンでは多くの人がディーラーでのローンにする?

自動車だけでなく住宅やリフォーム、教育など、世の中には様々なローンがあります。それぞれに業界が提携して扱っていたり、金融機関が専用コースを作っていたりします。

自動車も同じで、主にこのようなローンがあります。

  • ディーラーローン
  • 銀行のカーローン
  • 保険会社のローン

中古で買うのならばまた話は別ですが(中古車販売店でも提携している所もありますが)、新車で買う場合は、やはりこの中の自動車購入時にそのままローン契約を結べるディーラーでのローンを利用する人が多いでしょう。

特に自動車の大手企業はそのままクレジット会社も経営しており、自動車購入でローン契約を結べるようになっております。

自動車会社 取扱クレジット会社
トヨタ トヨタファイナンス(株)
日産 (株)日産ファイナンシャルサービス
ホンダ (株)ホンダファイナンス
マツダ SMMオートファイナンス(株)
(マツダクレジット)

他の自動車メーカーも同様です。それぞれに自社が持っているグループ化された信販会社、または提携している会社が取り扱っていると考えていいでしょう。

またその信販会社が扱っているディーラーローンの方が、手続きも簡単で販売店で契約できるという点で、自動車を購入する人のほとんどが利用していると言えます。

年収を気にせず借りられる?自動車のローンは総量規制対象外!

もちろんディーラーローンだろうが、審査はあります。

そこで一番心配なのは、審査に通るかどうかです。特に自動車の場合、金額が一般的なカードローンと比べてもどうしても額が大きくなります。10・20万円という枠では収まらないでしょう。それどころか桁がそれよりも1つは上になるほどの額を借入するものが、自動車ローンとも言えます。

カードローンにおいては、総量規制と言って、審査によって決められた額ではなく、法律によって借入額の上限が決められてしまうと言う点があることを知っている人もいると思います。

総量規制とは、貸金業者が申込者の年収の1/3以上の融資を禁止している法律です。理由は簡単に言えば、あまりに多額の借金は返済が困難になるからです。

ある意味消費者を守っている法律になるのですが、場合によってはそれが足かせになってしまう場合もあります。この自動車ローンを考えるとわかると思います。

住宅や自動車など、大きな買い物をする場合、まず現金一括での購入が難しい人がほとんどでしょう。だからこそローンがあるのですが、総量規制を見ると、それこそ家や自動車を買えるだけのローンを組めないような人は多く存在します。

しかし、大丈夫です。

自動車ローンは総量規制の対象外です。

総量規制とは、基本的に貸金業を営んでいる消費者金融が対象になっています。ただクレジットカードに付随しているキャッシング機能は対象になってしまうので、注意は必要です。

ですので、審査に通る・通らない、審査によって融資額が決まると言う点はさておき、総量規制という点についていえば、カードローンをすでに利用していようが自動車のローンは年収を気にせず申し込むことができます。

自動車のローン審査に落ちるのはどうして?カードローンとの違いは

ただし、やはり借入額が大きいということもあり、自動車のローンというのは通常のカードローンとは違う点は多々あります。

特にカードローンをすでに利用している場合、自動車のローンの審査のハードルはかなり高くなってしまいます。カードローンを利用しているのならば、かなり不利になるということです。

そもそも自動車のローンはカードローンとは違うのでしょうか?いえ、項目等で言えば基本的には同じです。

自動車のローン審査では何を見られる?審査の基準について

ディーラーが扱っているローンの審査も、基本的には一般のクレジット会社とチェックすることは同じです。が、特に見られる点はこのようなポイントがあります。

  • 年収
  • 勤務先・勤続年数・雇用形態
  • 他のローンの状況
  • 過去のクレジット等の履歴

ここにあげた項目を見ると、確かに一般的な審査となんら変わりません。ただ自動車の場合、借入額が大きいことがほとんどなので、厳しくチェックされることは想像に難くないでしょう。

アルバイトや派遣社員でも通らないわけではないですが、年収150万円以下は厳しいと言われています。

他にもこのような場合、返済の見込みが少ないと思われて審査に落ちる可能性が出てきます。

  • 勤続年数が短い
  • 離職率が高い職業
  • 他社借入額が大きい
  • ローン希望額が大きい
  • 信用情報にキズがある   など

特に信用情報にキズがある場合は、かなり厳しいと考えた方がいいです。

信用情報とは
過去や現在のクレジット、ローン等の利用の内容が個人信用情報として、「個人信用情報機関」に記録されます。契約内容から借入額、延滞があった場合も全て記録されています。新たに個人から申込みのあった場合、業者や金融機関はこの信用情報機関に個人の信用情報を照会して審査の可否の判断にします。

これはどのローンでも言えることですが、やはり安定した収入があり、返済がきちんと見込まれる方が審査に通るものです。

やはり不利?カードローンを利用していると自動車のローンは難しい

安定した収入があることやきちんと返済が見込めるかどうかが大切なのは、カードローンでも自動車のローンでも同じです。

ただ、既にカードローンを利用している場合、審査においてかなり不利になります。

カードローンを利用しているということは、現状でそちらでの返済があるため、自動車ローンの方の返済に不安要素が出てくるからです。返済額が増えれば、返済が滞るのではないか、と思われるのも当然と言えるでしょう。

もちろん、「カードローンを利用している」というだけで審査に落ちるわけではありません。既に毎月の返済があるにしても、例えば5,000円の返済をしている人と50,000円の返済している人では負担が大きく違います。

また、毎月きちんと返済している人と、すぐに返済を忘れてしまって延滞をよく起こしているような人でも大きく違います。これらのことを審査できちんとチェックをされてしまいます。

過去に金融事故を起こしている場合は要注意!

自動車ローンでの審査のチェックポイントは先にあげた通りですが、それらの項目と返済がきちんとできるのかどうかを見比べた場合、やはり審査に落ちやすいのはこれらのような人になります。

  • すでに契約している借入額の総額が年収の1/3を超えている
  • 過去に延滞や自己破産などの金融事故を起こしている
  • 安定した収入がない
  • 自動車ローンの申込借入額が年収や返済に見合わないほどの高額な場合
  • カードローンの借入件数が多い、または金額が大き

もちろんローンの審査は、あらゆる面を見て判断されます。そういう点では1人1人条件が違うので、情報で出ているような内容も絶対とは言えません。

しかしよくよく考えると、ここにあげた内容では審査にかなり不利であることには変わりありません。

特に過去に延滞を起こしていたり、債務整理をしている場合はかなり難しくなります。

自動車ローンの審査においても、信用情報(個人の情報や、過去のローンやクレジットの利用履歴など)を信用情報機関で必ず照会し、チェックされます。

現段階でカードローンを利用していれば、それらの内容も細かくチェックされることは考えるまでもないでしょう。

転職が多く安定した収入がない場合も要注意!

それ以外にも自動車のローンの場合、元々返済期間が長いため、長期間に渡っての返済に問題がないかも重要視されるポイントになります。

ということは、それこそ「安定した収入があるか」ということになるのですが、そのためには勤め先に長く在籍しないと難しいと考えられます。

もちろん、転職にも年収が上がるような引き抜きのようなものなどいろいろあるので一概には言えないでしょうが、基本的には、転職が多いということは安定した収入に繋がらないと考えられてしまいます。

カードローンなど短期の借り入れでも見られる点ではありますが、自動車など長期ローンの場合は、勤続年数も大きな判断基準になります。

どうすればローンが組める?自動車のローン審査に落ちた場合は…

先に説明した信用情報と、その人その人の属性(個人の情報から勤め先の情報、家庭の状況など細かな内容を一括りで属性と呼んでいます。)によって審査の結果が大きく変わるので、カードローンをすでに契約していようと審査に通る可能性があることは伝ええました。

しかし、もし仮に自動車のローンに落ちた場合、どうしたらいいのでしょうか。自動車は諦めるしかないのでしょうか。

そんなことはありません。他にも方法がなくはないのです。

  • 銀行の自動車ローン
  • カードローン
  • 現金

現金というのは、それまで我慢してコツコツ貯めてからということです。自動車購入額まで貯められるならばそれでもいいですし、それよりもコツコツ貯めたお金を今あるカードローンの返済にあてて完済するという方法もあります。

カードローンが完済すれば、改めて自動車ローンを組むということも考えられます。もちろん、延滞をよく起こしているような場合は、話が少し変わってきます。

また銀行の自動車ローンや、消費者金融や銀行のカードローンに申し込むという方法も一つの手です。ただし、金利は高くなるため、損といえばそうかもしれませんし、やはり審査があるのは変わりません。

ただ、審査の判断もそれぞれの金融機関が違うのも確かです。A消費者金融の審査には落ちたがB銀行の審査には通った、と言う話もよくあることです。おまとめという形で借りるのならば、また少し状況も変わってくるかもしれません。

そういう意味では審査に受けてみないとわからないというのはあるのですが、可能性はあるということです。もちろん、審査に望むにあたって担当者としっかりと相談をし、きちんと返済をしていくことを伝えなければいけないでしょう。

逆はあるの?自動車ローンを組んでいた場合のカードローン申込みは

ちなみに逆の場合で、自動車ローンを組んでいる時にカードローンの申し込みは可能かどうかを考えてみると、これもまた一括りにはできないと言えます。

総量規制に関しては、上記で説明した通り、自動車のローンは対象外となっています。

しかし、毎月の返済という事実はあります。これを考えると新たなローン分の返済が大丈夫なのかどうか、ここが大きなポイントとなると言えます。

自動車のローンの返済額が大きく、これ以上の返済額が増えれば生活に支障が出る、または返済が難しいのでは、と考えられる場合は、審査に通過するのは難しいと判断される可能性は大きいです。

それこそ返済ができるかどうかは、それぞれの属性によって大きく違うので、審査に通る、通らないは一言では言えません。

ただし、可能性としてみれば、自動車ローンを組んでいようとカードローンの審査に通ることはあり得ます。

カーローンだろうが信用情報の記録は残る!延滞はご法度!

ただ何度も言いますが、属性以外にも大きな判断材料として信用情報の照会があることは忘れてはいけません。

自動車ローンでもカードローンでも、審査では必ず見られる信用情報についても違いはないのです。

自動車ローンの内容も個人信用情報によって記録はされています。

機関名 会員の業種
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
消費者金融、信販会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
信販会社、百貨店、専門店会、流通系クレジット会社、銀行系クレジット会社、家電メーカー系クレジット会社、自動車メーカー系クレジット会社、リース会社、保険会社、保証会社、銀行、農協、労働金庫、消費者金融、携帯電話会社など
全国銀行個人信用情報センター 銀行、または法令で銀行と同視される金融機関、政府関係金融機関またはこれに準じるもの、クレジット会社、保証会社等

 
信用情報機関はこの3つあるのですが、大抵の金融機関はこれらのどこかに会員登録しています。

過去と現在で違う信用情報機関に会員になっている金融機関を使えば情報はばれないだろうと思ってしまうかもしれませんが、それぞれの信用情報機関は情報の交流を行っているので、どこに会員登録していようと過去の金融事故はばれてしまいます。

ですので、自動車ローンだからと甘く見ていると、のちのちの他のローン申し込みにも影響が出ないとも限りません。

そういう意味では、審査通過の厳しさは違うでしょうが、基本的には考え方は同じと思っていた方がいいでしょう。

どんなローンだろうとお金を借りていることを忘れてはいけない!

どんなローンだろうが、結局は返済できるかどうかが大きなポイントとなることには違いはありません。

こう言ってしまうとわかりにくいと思われるかもしれませんが、確かに1人1人、生活が違います。例え、年収がちがっても生活の状況によって生活費の掛り方が違いますし、そこから捻出できるローンの返済額も人に違って変わってきます。

ただ貸す側にあたる信販会社や消費者金融、銀行などは多くのデータを持っており、申込者それぞれの情報を得ると、自社で持っているデータと照らし合わせて審査の判断をします。

また過去に延滞等の金融事故を起こしている人に対しては確かに返済する気があまりないのではないか、と判断されて審査に落ちてしまいます。

カードローンを組んでいようときちんと返済している人は、「貸したお金は必ず返してくれる」と判断されて審査に通る可能性は大きくなりますが、例えすでに過去のことでも延滞や債務整理をしていれば、「きっと返済はしてくれないだろう」と判断されて審査に落ちてしまう可能性が大きくなってしまいます。

それは、これから組むだろう自動車ローンでも同じです。当たり前のことではあるのですが、返済は滞りなく行うことが大切であり、今後にも繋がっていきます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ