> > > ブラックでも通ると思ったら大間違い!カードローンの厳しい条件

ブラックでも通ると思ったら大間違い!カードローンの厳しい条件

最近はカードローンを提供しているところも増えて、「カードローンでお金を借りたい!」という方も比例して増えてきているかと思いますが、カードローンは決して気軽に利用できるサービスではありません。

カードローンは厳しい条件のもとで利用できるサービスなので、安易な気持ちで申込まないように注意しておきましょう。そもそも条件次第では、カードローンの審査に落ちるケースもあるのです。

ここでは「ブラック」である場合を例に考えてみることにしましょう。カードローンのブラックでも簡単に審査に通ると思ったら大間違いです!その他にもカードローンでお金を借りられない例は様々ありますので、チェックしてみてくださいね。

原因は何?カードローンのブラックになる理由

では、まずはカードローンの「ブラック」になる理由についてお話ししていきましょう。どのようなことが原因でブラックになってしまうのでしょうか?その原因を防ぐことはできるのでしょうか?

カードローンのブラックになると、審査にも通ることができず、借り入れができなくなってしまいます。ブラックになることを防ぐためにも、初心者のみなさんもしっかりチェックしておいてくださいね。

ブラックになる原因は金融トラブル

カードローンのブラックとは、いわゆる「ブラックリスト」のことを指しています。けれども、実際にブラックの人がリストアップされているわけではなく、事故情報として扱われているものです。

ブラックリストのことを指す以外にも、何らかの金融事故を起こした人のことをブラックと呼ぶこともあります。

どちらにせよ、金融トラブルが原因でブラックになってしまっているということで、ブラックになる主な理由について見ておきましょう。

  • カードローンの返済を延滞している
  • 金融機関と何らかのトラブルを起こした
  • 多重債務や自己破産の状態になっている

以上のような原因によってブラックになることが多く見られています。これらの要因は金融事故として処理されますので、通常どおりカードローンを利用することは難しくなります。

もしブラックになってしまった場合は、簡単に借り入れをすることはできませんので、現段階で借り入れを考えることはやめておきましょう。

ブラックの状態を解消できるタイミング

みなさんの中には「ブラックでも審査に通るんじゃない?」と甘く考えている方もいるかもしれませんが、ブラックでも簡単にカードローン審査に通ると思ったら大間違いです。

ブラックになってしまった場合、カードローン審査に通ることはできませんし、お金を借りることもできません。

ただし、ブラックという金融事故の情報は永遠に残っているというわけではなく、タイミングがくればカードローンを利用できる状況になるケースもあります。

以下は、貸金業者系の信用情報機関である「JICC(日本信用情報機構)」の場合におけるブラックから抜けられるまでの期間です。それぞれチェックしてみましょう。

  • 延滞ブラックの場合は1年
  • 自己破産の場合は5年
  • 強制的に解約された場合は5年
  • 任意整理の場合は5年

すべて金融事故が解消されてからの期間を指しています。

延滞ブラックなら、しっかり完済してから1年後にはブラックが解消されるというわけですが、完済しなければずっとブラックの状態のままです。注意しておきましょう。

ブラックの人も改めて確認を、カードローンの利用条件

以上のように、金融ブラックになるとカードローン審査に通ることはできませんし、一定の期間カードローンを申込みをすることすらできなくなります。このような事態にならないよう、カードローンは正しく利用していきましょうね。

ここからはカードローンの厳しい利用条件について確認していきたいと思います。これから初めて借り入れをするみなさんも、現在ブラックになってしまっているみなさんも、改めてチェックしておきましょう。

申込みをするための必要条件をチェック!

まずはカードローンを利用する上での基本的な条件についてお話ししていきましょう。カードローンは以下のような条件のもと、申込みをすることができるようになっています。

  • 申込者の年齢が満20歳以上
  • 申込者本人が仕事に就いていること
  • 申込者本人に安定収入があること

専業主婦など、場合によっては配偶者に安定収入があればカードローンの申込みが可能なケースもあります。ただし、基本的には申込者本人が仕事をして、安定収入を得ていることが条件です。

その他、申込者の年齢についてもチェックを忘れないでくださいね。下限は満20歳ですので、未成年者は利用不可です。

年齢上限はそれぞれの金融機関で異なります。みなさんが利用するカードローンの年齢制限をあらかじめチェックした上で申込みをしましょう。

最低限のルールはしっかり守って!

また、カードローンを利用する際の最低限のルールについても詳しくお話ししておきましょう。

カードローンはお金を借りるためのサービスですので、注意するべきところに気をつけておかないと、先ほどご紹介したようなブラックの状態に陥ってしまいます。

非常に基本的なことですが、

  • 必要以上にお金を借りない
  • 返済日は必ず守る
  • 審査に落ちたら借り入れを諦める

必要以上にお金を借りると、返済トラブルの原因になります。「うっかり返済日を忘れてしまった!」という場合でも、延滞期間が長くなればブラックの原因になるのでご注意ください。

カードローン審査に落ちた場合も、現段階では借り入れを諦めることをおすすめします。何度も申込みをすると、今度は「申込みブラック」になってしまい兼ねません。気をつけてくださいね。

他にもまだある!カードローンで借りられない場合

このようにブラックではカードローンを利用できない、カードローンの利用条件は厳しくなっている、ということをお分かりいただけたでしょうか?

ちなみにブラックであること以外にもカードローンで借りられないケースはあるので、ここからはブラック以外の借り入れできない理由についてお話ししていきますね。特に収入面や仕事面に注意しておきましょう。

安定収入が審査に通るポイントに

まずみなさんの収入ですが、安定収入を得ることができていれば、カードローンの審査に通る可能性は高いです。

けれども、収入が不安定な状況である場合は、カードローンで借りられなくなることがあるのでご注意くださいね。

最近はバイトやパートでも申込みが可能なカードローンが増えてきていますが、この場合も「収入があること」ではなく「安定収入があること」がポイントとなっています。

収入面が不安定である場合は、収入面を見直してから申込みをすることをおすすめします。

勤続年数によっては審査に落ちる?

さらに仕事の面にも注意が必要です。確かにバイトやパートのみなさん、または派遣社員の方々でもカードローンの申込みをすることは可能です。しかし、勤続年数によっては審査に落ちることもあるんですね。

勤続年数が長い場合は、比較的カードローン審査に通る可能性が高いですが、勤続年数が短いような場合は注意が必要ですよ。

  • 同じ職場で長期間働いていること
  • 職場を短期間でやめていないこと
  • 短期間で職場を転々としていないこと

このようなポイントを踏まえた上で、カードローンの申込みをするようにしましょう。

今は収入の範囲内でお金のやりくりを

以上でお話ししてきたように、ブラックである場合はカードローン審査に通ることはありません。「ブラックでも借りられるよね!」などと安易なことは決して考えないでくださいね。

一定期間を過ぎればブラックでもカードローン利用が認められるようにはなっていますが、今現在ブラックである場合は、カードローンを使うことは一切考えず、ご自身の収入の範囲内でお金をやりくりしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ