> > > カードローンで審査の甘いのは消費者金融系?銀行系?に答えます!

カードローンで審査の甘いのは消費者金融系?銀行系?に答えます!

カードローンで審査に通るかどうかが心配なら、できるだけ審査の甘い業者のカードローンに申込みたいですよね。審査が甘いというのはどのような審査基準のことをいうのでしょうか。消費者金融と銀行ではどちらのカードローンがより審査に通りやすい?

こちらでは審査の基準についてや、口コミなどで審査が甘いといわれているカードローン会社についてお話ししています。不安なく審査に臨めるコツなども分かりやすく説明しているので、ぜひ参考にして下さいね。

審査は何の為にある?審査が甘いというのはどういうこと?

カードローンによって審査が厳しいとか審査が甘いといいますが、これはどういうことなのでしょうか。それにはまずカードローンの審査が何のためにあるのかをお話しする必要があると思います。

カードローンの審査はどうして必要なの?と聞かれると、誰もが返済してもらえるかどうかを見極めるためと答えるでしょう。その通りです。

カードローン会社は顧客にお金を融資して、その利息を利益としています。もしも貸付したお金が返済されなければ、利益どころか、大変な損失となってしまいます。

業者はその損失分も補えるだけの利益を見越さなくてはいけないのです。

リスクを抱えない為に行われる厳しい審査

返済されなかった為の損失を補うだけの利息は利息制限法により望めない今、消費者金融会社のカードローンも顧客の品質にこだわるようになっています。まして低金利で定評のある銀行のカードローンは尚更ですね。

そんな中でも比較的審査が甘いと口コミ情報のあるカードローン会社があります。審査が甘いというのは審査そのもののやり方が違うと考えて良いのではないでしょうか。リスクを抱えたくない業者はそれだけ審査基準も厳しくなるでしょう。

たとえば属性の勤務先や収入、年齢や勤務形態、居住形態を重視する業者と、信用情報の中で遅延や延滞を最も嫌う業者では審査結果が違ってくるのです。属性に多少の問題があっても過去の信用情報により融資可能となった人は、それを審査が甘いととらえますよね。

金融事故履歴のある人にでも貸付する業者は危険?

審査が甘いといわれる業者の中にはブラックにも対応する会社があります。ブラックというのは過去に金融事故履歴のある顧客のことです。この金融事故履歴があるとまずカードローンの審査には通らないのですが、あえてその履歴があっても審査に通るという訳ですからこれは審査に甘いというほかありません。

ただそういった業者が悪徳業者であるという訳ではないのです。

大手の消費者金融会社では金融事故履歴のある人への融資はまず行いませんが、中小規模な消費者金融会社の中に履歴があっても現状で返済能力有りと認められれば融資可とするところもあります。

一概にブラック対応の業者が悪徳業者であるとは言い切れません。

審査に通りやすいのは消費者金融?銀行?カードローンの審査事情

それでは審査に通りやすいのは消費者金融会社のカードローン銀行のカードローンのどちらなのでしょうか。前の項目でも触れたのですが、審査基準はそのカードローン会社によってそれぞれ違うので、一概にはどちらが通りやすいとはいえません。

ただ、消費者金融会社の方が審査が緩いという口コミが多いのはやはり銀行より金利が高いことで、多少は審査に寛大であるということなのでしょう。

銀行のカードローンはやはり金利が低い分、それだけリスクを抱えない貸付となるのは当然といえますよね。

消費者金融の顧客数減少と通りやすい審査との関係

消費者金融は貸金業法の改正に伴い、大きな局面を迎えました。総量規制による融資額の縮小と顧客減少です。総量規制というのは年収の3分の1以上の貸付を規制するという法律ですが、この総量規制が施行されたことで、今までの限度額を見直された顧客が続出し、貸付金額も縮小されました。顧客数も同様です。

そこで消費者金融会社では顧客獲得を大きな目標とするところも増えてきますよね。

審査を多少甘くしてでも顧客に借入してもらいたい。そう考える訳です。こういったことが消費者金融のカードローンの方が審査に通りやすいという口コミにつながるのです。

消費者金融と銀行のカードローンの審査についてまとめてみましょう。

消費者金融 銀行
総量規制 規制対象(顧客、融資額減少) 規制対象外(顧客に変化なし)
金利 上限18% 14%前後
審査基準 やや緩い 厳しい

上記表から審査が緩い、厳しいということが、規制や金利の実質年率が係わっていることが分かります。優良な顧客をそのまま維持して行きたい銀行と、顧客を少しでも増やしたい消費者金融との審査基準の差といえるでしょう。

貸金業法の改正前は現在よりも消費者金融の審査は緩いものでした。それは金利の高さが、顧客のリスクを補うに充分だったことが原因です。どの消費者金融も上限29.2%の利息設定だったのですから。それが貸金業法の改正後は上限18%なのです。

改正前の審査状況と比べるとそれでも今は厳しいといえるのですが、顧客獲得に力を入れている消費者金融では審査を緩くしてでも顧客を増やしたいのが実情なのですね。

その分銀行のカードローンに比べると審査は甘くなるといえるでしょう。

審査無し!ヤミ金融に気を付けて!

もちろん審査が甘い、緩いといっても、しっかりと返済能力の有無は審査されます。チラシやDM、携帯メールなどで、審査無し、誰にでも融資可、などという誘い文句で融資を募る業者がいますが、これは悪徳業者の可能性が大きいので気を付けましょう。

ヤミ金融か正規の業者かは次のような項目でチェックできます。審査無しなら安心と飛びつくことのないようにして下さいね。

  • 登録番号が明記され、更新回数も2回以上か
  • 住所、携帯以外の電話番号が明記されているか
  • 金利、返済額などが明記されているか
  • ホームページを持っているか

ヤミ金融に申込んでしまうと、高利な貸付から破綻に追い込まれたり、思わぬ詐欺事件に巻き込まれたりと大変なことになります。充分気を付けるようにして下さい。

カードローンの審査に不安なく臨むために今すること

どのような業者でもカードローンには間違いなく審査があります。審査は顧客の返済能力を確認するために不可欠なものです。

だからといって、むやみに審査を恐れる必要はありません。

日頃から購入したものの支払期日を守る、公共料金などの引落しの残高不足に気を付けて、遅延延滞のない生活を送る、そういったことで、信用実績を積みましょう。

安定した収入と積み上げた信用実績、これさえあれば消費者金融のカードローンでも銀行のカードローンでも自分に合ったところへ申し込めば大丈夫です。

審査をらくらくクリアするために

ほんの少し気を付ければ審査に通ったのに、ついうっかりしてしまった為に審査を落ちてしまった。そういうことのないようにしなくてはいけません。特に気を付けるべき点を挙げてみますね。

  • 過去5年に長期延滞の金融事故の記憶はないか
  • 勤続年数は最低の6ヵ月を超えているか
  • 申告事項に不備や間違いを記入していないか

金融事故の履歴があると、ほぼどのカードローン会社も融資を見合わせることになります。一度遅延した場合で即審査落ちということはなくても、4年半前の3ヵ月延滞が原因で審査を落ちることはあるのです。

4年前に通販で1,800円の商品を購入して、クレジットカード払いにしていると勘違いし、支払の振込用紙を破棄してしまった。その後督促が来たが、入れ違いだろうと連絡もせず放置してしまい3ヵ月が経って間違いに気付き支払した。

ついうっかり長期延滞のブラックとなってしまった例ですが、このように忘れていた金融事故のために審査に通らなかったということがあります。小さな金額ですでに支払った場合でも履歴は5年もの長きにわたって消えないのです。

もしもずっと以前にそういった経験があり履歴が残っていないか不安な場合は、個人情報の開示請求をして確認することが可能です。もしも履歴が残っていた場合は履歴が消えてからの申し込みをお奨めします。

履歴が残ったままでの申し込みしなくてはいけないのなら、それを知った上で隠さずに相談してみましょう。この場合は大手消費者金融ではなく、現状の返済能力を審査してくれる小規模の消費者金融への申し込みが良いのではないでしょうか。

申告事項の勤務先の電話番号をうっかり間違えて記入してしまった為に、在籍確認が出来ず、結局審査に落ちてしまった。

実際にそういった例もあるくらいです。つい間違えてしまっただけなのに、架空の勤務先を書いたのではと思われる場合もあるのです。申告事項への記入は不備や間違いのないように充分注意して下さい。

属性でただひとつ、自分自身でポイントを上げられる勤続年数ですが、最低でも6ヵ月以上が必要と言われています。6ヵ月未満ならポイントは低くなってしまうのです。せめて6ヵ月を超えて申込むようにして下さいね。

審査の甘いカードローンを探すより受かるためにどうすべきかを考える

カードローンで審査の甘いところについてお話ししてきましたが、いくら審査の甘いカードローンに申込んでも、返済能力が無ければ審査には通りませんし、通ったとしても後々返済不可となるのでは何のためのカードローンかわからなくなってしまいます。

審査に受かるということは、返済能力有りと信用してもらうことです。自分自身の信用は自分で積み上げていくものです。審査に受かる為にも日頃から信用実績を積む努力が必要なのではないでしょうか。

信用実績を積んでいれば、どのカードローン会社を選んでも審査をクリアできますよ。必要以上に恐れずに、消費者金融系でも銀行系でも自分にあったカードローン会社を選んで下さいね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ