> > > バイトしたばかりで借入審査の通過は厳しい!勤続年数の重要性

バイトしたばかりで借入審査の通過は厳しい!勤続年数の重要性

カードローンなどの借入を利用する際は、審査に通過しなければいけません。ただ、最近ではパートやアルバイトでも利用できる、審査に通る借り入れ商品も少なくありません。

ただ、バイトをしていれば必ず審査に通る、ということでもありません。審査に通るためには、しっかりと押さえておきたいポイントがあるのです。その1つが勤続年数ですね。

バイトしたばかりでは借入審査に通ることは難しくなっています。勤続年数がなぜ審査において重要となっているのか、その理由と、審査通過のためのその他ポイントをご紹介していきましょう。

借入れ利用に必要なのは信用!判断するための3つの材料とは

借入れを利用する為には何が必要なのか、それはズバリ信用です。

特に、カードローンのような個人借入れでは担保や保証人を不要としているものが増えてきました。つまり、申し込み者を信用してお金を貸しているわけですね。

確実に返済をしてくれる、貸し手にそう思わせることが、審査通過のポイントとなります。では、実際信用してもらうためにはどうすれば良いのでしょうか。

  • 安定した収入がある
  • ブラックではない
  • 多重債務ではない

この3点をクリアしておきましょう。まずは、返済資金を調達するための収入は必須ですよね。

ただ収入があるだけではなく、一定の収入を継続して得続けることが出来るということがポイントです。

あとは、ブラックではない、多重債務ではないということも重要ですね。延滞や債務経験があれば、これからの借金返済においても返済が滞ってしまう、完済できない可能性があると判断されてしまいます。

また、他社借入れがある多重債務では、返済負担が大きくなることで返済に支障が生じる恐れがありますよね。ですから、審査では不利となってしまうわけです。

借入れ審査をクリアするためには、確実に返済できる人物であることをアピールする必要があるのです。

アルバイトで審査通過するために最も重要なのは勤続年数!

アルバイトで審査に通過するためには、きちんと返済能力があるということを示すことが必要です。きちんと収入を得ている、これからも得ることが出来るということを示す条件として分かりやすいのが、勤続年数なのです。

勤続年数でなぜ収入の安定性が判断できるのか、それは長期で働いている実績があることで、これからもその収入を得ることが出来るということが信用できるためですね。

勤めて3か月の人であれば、すぐにそのバイトを辞めてしまう可能性もゼロではありません。契約を打ち切られてしまうと言う可能性もあります。

しかし、勤続年数が長くなれば、それだけ働いてきた実績あると言えますよね。つまり、これからも簡単にはやめないだろう、辞めさせることはないだろうと考えられるのです。

アルバイトの人がカードローン等の借入さ審査をクリアするのであれば、勤続年数が大きなポイントとなってくると言うことを認識しておきましょう。

アルバイトの収入安定をアピールするためであれば、最低でも1年以上の勤続年数が必要です。

長く勤めていればいるほど、審査を有利に進めることが出来ます。アルバイトを始めたときには、出来るだけ長く続けることを意識しておきたいですね。

正社員よりもアルバイトの方が審査に有利になるケースも!?

アルバイトの人が審査に通るためには、勤続年数が重要となるという話をしました。しかし、実は勤続年数が重要となるのはアルバイトの人だけではありません。

勤続年数が短いと、正社員でも審査に通らないことがあるのです。今はアルバイトをしているけど、正規採用が決まった、転職で正社員になる事が決まった、このような状況の場合はどうでしょうか。

多くの人が、正社員の方が審査で有利だから正社員になってからカードローンを申し込もう、そう考えるはずです。しかし、正社員になってすぐに申込みをしたとしても、勤続年数は数か月という扱いになってしまいます。

一方、辞めてしまう前のアルバイトの勤続年数が数年あればどうでしょうか。

実は、勤めて数か月の正社員よりも1年以上働いているアルバイトの方が審査で有利だとなる可能性が高いのです。

この場合は、アルバイトをしている状態でカードローンを申し込み、審査を受けておく方がいい、と言えるわけですね。もちろん、新しく採用が決まった先が公務員等リストラがない、待遇が保証されている場合は、一概に不利だとは言えません。

ただ、勤続年数が大きく審査に影響を及ぼすと言うこと、勤続年数が長ければ正社員よりもアルバイトの方が審査を有利に進めることが出来る可能性があると言うことを覚えておきましょう。

収入が保証されている!?審査で有利と言われている職業はコレ

ここで、審査で有利だと言われている職業をご紹介しておきましょう。

審査で有利と言われるためには、以下のポイントが重要となっています。

  • 収入を確実に得続けることが出来る
  • すぐに退職する恐れがない
  • 退職しても再雇用先がすぐに見つかる

この3つのポイントから考えられる職業を挙げてみましょう。

  • 公務員
  • 「士」「師」が付く職業(弁護士・医師・税理士等)
  • 大手企業
まず、リストラのない公務員は、一度採用されてしまえば継続して収入を得続けることが出来ます。ですから、審査では大きく有利になるのです。

また、基本的に個人事業主は審査で不利だと言われていますが、「士」や「師」など国家資格を持っている職業であれば、収入が安定して得られると判断されます。

大手企業に採用された場合も、すぐにリストラ、という可能性は低いでしょうし給与形態もしっかりしていますので比較的有利となります。

一方、審査で不利になると言われている職業もあります。

  • 日雇い
  • 水商売

これらの職業ですね。

収入の変動が激しく、一定の収入を継続して得ることが難しいことで借入審査の通過が厳しくなってしまうのです。

カードローン審査には、有利な職業・不利な職業があるということをチェックしておきましょう。

バイト・パートでも利用出来るカードローン会社を徹底比較

では、バイト・パートでも利用できるカードローンにはどのようなものがあるのかをご紹介していきましょう。

銀行カードローン、消費者金融カードローンを一部例として挙げてみます。まずは、限度額や金利と言った基本情報を比較してみましょう。

カードローン名 限度額 金利
三井住友銀行 10~800万円 4.0~14.5%
株式会社新生銀行
レイク
1~500万円 4.5~18.0%
りそな銀行
クイックカードローン
30~200万円 9.0~12.475%
アコム 1~500万円 4.7~18.0%
プロミス 1~500万円 4.5~17.8%

知名度の高い大手銀行、大手消費者金融のカードローンでも、アルバイトで利用することが出来るわけですね。特に、銀行カードローンは低金利で利用できるということ、そして総量規制の対象外であるということは魅力でしょう。

大手消費者金融の魅力は、審査の通りやすさです。

銀行カードローン審査に落ちてしまった場合でも、消費者金融の審査はクリアしたという人は少なくありません。

ただし、いくら審査に通りやすいとは言っても大手消費者金融となればブラックで利用することはほぼ不可能です。そして、他社借入れも件数や金額が大きくなれば厳しくなってしまうでしょう。

更に、消費者金融の場合は総量規制の対象となりますので、年収の3分の1を超えない程度の限度額設定しか行えません。

年収が低ければ、利用できる限度額がわずかとなってしまう可能性もあるわけです。銀行、消費者金融それぞれのメリット、デメリットをしっかりとチェックし、利用先をきめるようにしたいですね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ