> > > 年収が低くて心配!年収は極度額にどのように影響する?

年収が低くて心配!年収は極度額にどのように影響する?

カードローンを利用したいけどなんだか不安で踏み出せない、そんな人は少なくありません。審査のこと、返済のことなども不安ですが極度額が自分の希望通りになるのかというのも気になるところです。極度額というのは俗にいう限度額、つまり借入可能額という意味です。

この極度額は審査によって決定されます。とくに審査の中でも極度額の決定には年収と深く関係があります。極度額と年収の関係について、またできるだけ極度額を高くするにはどうしたらいいのか調べてみました。

極度額は年収に応じて決まる!

極度額と年収の関係を説明する前に、まずはカードローン審査について知る必要があります。カードローン審査の難易度は借入歴によって異なりますが、審査内容はほぼ同じです。

カードローン審査では年収、勤務先、勤続年数のほかに過去に返済の遅れや滞納はないか、他社からの借入が多くないかなどを審査します。

年収はカードローン審査においてまず最初にチェックする項目です。現在は総量規制という法律が実施されているので、年収の1/3以上お金を借りることはできません。

カードローン会社側も年収の1/3以上貸し付けを行えば法律に反することになってしまいます。総量規制は消費者金融や信販会社を対象とした法律ですが、その他の金融機関でも極度額は年収の1/3が目安です。ただし、年収が著しく高い場合などはこの限りではありません。

しかし、年収が低いからと言って借入できないわけではありません。大切なのは安定した定期的な収入があることです。定期的な収入があればアルバイト、パート、派遣社員や自営業でも問題ありません。

最近はカードローン審査では収入証明書の提出を求められません。年収は審査では重要なポイントであるのに、収入証明書なしではどのように審査するのでしょうか?

収入証明書を提出しないかわりに在籍確認を行ってきちんと就業していることを確認します。

在籍確認とはカードローン会社のスタッフが申込者の勤務先に電話をかけて在籍していることを確認する作業です。勤務先が確認できればおおよその年収を把握できますし、安定した収入があることが証明されるのです。

年収によって返済能力がチェックされますので、極度額も年収に応じて決定されます。総量規制の関係上、極度額はだいたい年収の1/3と思っていいでしょう。それ以上借入できたとしても、結果的に返済が行き詰まっては意味がありません。

極度額が思ったより少ない!それなら増額しよう

極度額は年収の約1/3という話をしましたが、残念ながらそれを下回るケースもあります。というのも、カードローンを新規で利用する場合、利用者が本当に返済能力があるのかまだわかりません。

リスクを最小限にするためにも新規利用の場合極度額は少なめに設定される場合が多いのです。

もしも極度額が思ったより少なかった場合はどうすればいいのでしょうか?極度額が思ったより少なくてもあまりがっかりしないでください。

極度額をアップする増額という方法があります。しかし、増額審査に通るためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

増額審査をクリアするための条件

  • 半年以上順調に返済している
  • 基本情報などの登録内容に変更がない
  • 他社から新規借入をしていない
  • 必要に応じて収入証明書の提出ができる

半年以上順調に返済している

増額審査に通るためには半年以上返済実績を積む必要があります。

返済実績を積むためには半年間返済が遅れたり、滞ったりするなどのトラブルがないことがポイントです。極度額を上げたくても新規契約後すぐに増額申込することは避けましょう。半年ほど実績を積むことをおすすめします。

基本情報などの登録内容に変更がない

基本情報とは住所や電話番号、勤務先などのことを指します。基本情報になんらかの変更があった場合、速やかに変更届を出しましょう。

変更届を出さないままにしておくと信用を失いますし、万が一何か連絡事項があってもすぐに連絡をとることができません。登録内容の変更はインターネットの会員専用サイトから行うことも可能です。

とくに勤務先が変わった場合、収入や役職も変わることになりますので申告が必要です。

他社から新規借入をしていない

これは最も重要なポイントかもしれません。

もし新たに別のカードローンから借入をしていれば借入総額は増え、返済能力が低くなったとみなされます。

これは利用者の年収や借入額によりますので一概には言えませんが、できれば新規の借入はしていない方がいいでしょう。

必要に応じて収入証明書の提出ができる

増額審査の方法は借入先によって異なります。消費者金融の多くは、コールセンターに電話するだけで増額が可能なことが多いのですが、銀行カードローンの中には増額申込書の提出が必要な場合もあります。

その際には再度収入証明書の提出を求められることもあります。また通常は不要でも、勤務先が変わった場合には収入証明書の提出、もしくは再度在籍確認を必要とすることもあります。

収入証明書を予め準備しておくことでスムーズに増額が実現します。

なるべく多く借りたい!そんな人は極度額が高いカードローン

もしも極度額が予想より少ない場合には増額という手がありますが、審査に自信があるという方はあらかじめ極度額の高いカードローンを利用することをおすすめします。

カードローン各社の極度額を見てみましょう。

カードローン会社 極度額
三井住友銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJバンクイック 500万円
みずほ銀行カードローン 1000万円
住信SBI銀行ミスターカードローン 1000万円
プロミス 500万円
アコム 500万円
ノーローン 300万円

表を見るとわかる通り銀行カードローンの方が消費者金融よりも極度額が高めです。ただし、極度額の高さに比例して審査も厳しくなりますので、審査の難易度をチェックして自分に合ったカードローンを選ぶことが大事です。

今回は極度額が1000万円と高く、またすでに普通口座をお持ちの方も多いみずほ銀行のカードローンをご紹介しましょう。

極度額はなんと1000万円!みずほ銀行カードローンがおすすめ

みずほ銀行は言わずと知れた国内最大の都市銀行の一つです。利用者も多く、すでに口座をお持ちならカードローン手続きもスムーズに行うことができます。

みずほ銀行には種類豊富な融資関連商品がありますが、カードローンにも力を入れています。

みずほ銀行には金利の異なる二つのカードローン、エグゼクティブプランとコンフォートプランがあります。

いずれも極度額は1000万円ですが、今回はより利用しやすいコンフォートプランについてご紹介します。

金利 極度額 返済方法
4.0%~14.0% 最大1000万円 残高スライド方式

最短即日利用可能

「WEB完結申込」なら最短で即日の利用が可能です。24時間申込を受け付けているので空いた時間に申し込みができます。ただし、みずほ銀行口座をお持ちでない場合は別途口座開設が必要です。

最大極度額1000万円

みずほ銀行カードローンなら最大極度額1000万円。旅行やゴルフなどに必要な高額借入もスムーズです。

キャッシュカードですぐに利用可能

みずほ銀行に口座をお持ちの場合、お手持ちのキャッシュカードですぐにカードローンの利用ができます。

ローン専用カードを持つ必要がありませんので、紛失や盗難を予防できます。

ATM時間外手数料や利用手数料、振込手数料が無料

カードローン利用でみずほ銀行ATM時間外手数料や振込手数料(みずほ銀行本店宛)が無料となります。

以上がみずほ銀行カードローンのおもなポイントになります。信頼やサービスという点においても、さすがメガバンクという印象を受けます。極度額も高く安心して利用できるカードローンと言えるでしょう。

申込資格と必要書類

申込資格

  • 契約時の年齢が満20 歳以上満66 歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書(極度額200万円以下は不要)
  • 印鑑

申込の流れ

申込

申込内容の基づき審査

メールで審査結果の回答

必要書類の登録

カードローン口座の開設

増額で極度額アップ!極度額が高いハイスペック商品も!

カードローンを利用する際に必ずしも希望とおりの極度額になるとは限りません。予想より低めだった場合、がっかりすることもあるでしょう。

でも諦めないでください。半年ほど返済実績を積むことで増額が可能になります。今はほんの少し我慢して極度額アップを目指しましょう。

審査に自信がある人は最初から極度額の高いカードローンを狙うという手もあります。極度額が高いのは消費者金融よりも銀行カードローンです。銀行カードローンの多くは極度額800万円、1000万円と高額です。

ここで紹介したみずほ銀行は極度額が高いだけでなく、「WEB完結申込」ができたり、キャッシュカード一体型だったりとサービスも充実しています。自分に合った商品を選んで、希望通りの金額を借入できるといいですね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ