> > > 銀行カードローンだけじゃない!審査やさしい会社を探せ!

銀行カードローンだけじゃない!審査やさしい会社を探せ!

ちょっとお金が必要な時、便利なのがカードローン、そしてキャッシング。どちらもお財布の中にあるカード一枚で、便利に現金を融通することができる、嬉しい存在です。

でも、その便利なカードを手に入れるには、審査を通過しなければいけません。銀行のカードローンは審査が厳しいという噂もあって、何となく申し込みを控えてしまう人もいそうですね。

とはいえ、銀行のカードローンの全ての審査が厳しいというわけではありません。また、それ以外のカードローン、キャッシングでも、審査がやさしい会社は存在します。そんな会社を探すコツを考えてみましょう。

銀行系カードローンの審査は厳しい?その理由とは

カードローンやキャッシングなどの経験者は、口コミサイトなどで「銀行系カードローンの審査は厳しい」と言っていることが多いようです。これは本当なのでしょうか?経験者の言葉となると、真実味があるような気がしますね。

  • 消費者金融の審査には受かった
  • それなのに銀行系カードローンはダメだった

口コミサイトの経験談には、こんな話も掲載されています。こう見ると、確かに消費者金融(貸金業)と比べると、銀行系は厳しいような気がしますね。

確かに、トータル的に見ると、銀行系のカードローンの審査は厳しいと言えるかもしれません。でも、それは銀行の成り立ちを考えれば、仕方ないことだと理解する必要があるでしょう。

審査が厳しい理由は?資金の源が原因だった!

カードローンだけではなく、銀行系は、大抵の融資商品(住宅ローン、カーローン、教育ローンなども含む)の審査が厳しいと言われています。その理由として考えられるのは、以下のようなことになります。

  • 融資のための資金は預金者の預金
  • 貸し倒れをすると預金者に損害を与えることになる

消費者金融などと違うところは、まさに資金の出どころになるということです。貸金業の資金は、元々自社で用意したものです。

しかし銀行は貸金業とは異なり、口座を持っている預金者が預けた、いわば預金者のお金によって成り立っています。

そう考えれば、なぜ審査が厳しいのかが分かりますね。もし返済できない状況になり、自己破産などで返済義務を免除された場合、そのお金は銀行に返還されません。

となると、最終的には預金者の損害として扱われる性質のお金ですので、銀行側としては、何としてでも避けたい状況になります。預金者のため、ひいては銀行の信用のため、融資の時には審査を厳しくするのも、仕方のないことだと言えるでしょう。

銀行同士の情報共有とは?気を付けたい信用情報

銀行はたくさんの数があります。銀行があれば、必ずと言っていいほど、カードローンを始め、個人融資の商品があるものです。人によっては過去に申し込みをし、利用したことがあったり、はたまた審査に落ちたことがあるかもしれませんね。

ここで気を付けたいのは、違う銀行であっても、あなたの個人情報を共有している可能性が高いということです。

  • カードローンなどの利用状況
  • 過去の返済事故などの記録

これらの情報は、銀行が違っても、新たなカードローンの申し込みの時に知られてしまっているかもしれません。

個人情報の漏えいか!?と焦ってしまいそうですが、実はそうではなく、信用情報機関という、法的に問題のない機関が、あなたの情報を管理しているからなのです。

信用情報機関に登録!あなたの過去の信用情報

信用情報機関と言うと、知っている人と知らない人にはっきり分かれる機関だと言えます。お金を借りたり返したり、という経験がある人は、おそらく大抵知っているはずです。逆に、今まで融資関連に無縁だった人は、知る機会もなかったのではないでしょうか。

【信用情報機関とは】

金融関連の取引に関する情報を、データベースとして扱っている機関。日本には三社あり、金融機関が利用している。

キャッシング、カードローンなどの個人融資商品の情報も登録され、契約日、借入額、返済態度など、関連情報が全て登録されていると言っても過言ではない。

登録を行うのは、取引を行った金融機関となっている。

銀行もこういった機関を利用しているため、過去に銀行系カードローンを利用したことがあったり、他にも住宅ローンなどの個人融資の経験がある人は、まず間違いなく個人情報、取引情報を登録されています。

この情報は、利用登録をしている金融機関であれば自由に閲覧することができるので、カードローンなどの審査の段階で、機関に問い合わせをして過去の情報を見るということになります。

金融機関はほぼ利用!審査の時には必ずチェック

信用情報機関は、個人融資を取り扱う、ほとんどの金融機関が利用登録をしていると考えて差し支えありません。利用登録をしている金融機関は、保管されている情報を閲覧し、審査に役立てて行くのです。

過去の事故情報などが分かってしまい、審査にマイナスの影響を与えてしまうこともありますが、実は悪いことばかりではないということも覚えておきましょう。

  • 事故情報があっても、その後の返済状況が良ければプラス評価に
  • 問題なく完済している情報は、新規の審査にプラスになる

過去に延滞、果ては債務整理などを行ってしまっていたとしても、その後にきちんと遅れなく、誠実に返済した情報が残っていれば、「きちんと返済できた人」としてプラス評価になることがあります。

また、ごく普通に問題なく、遅れなく返済を終えている情報があったとしたら、それはそのまま、あなたの「お金に対する誠実さ」を示す情報に他なりません。

信用情報機関は少々ならず煙たがられる時もありますが、使いようによってはプラスにも働きます。キャッシングやカードローンを利用する時、プラス情報を積み重ねて行くことができるということも、同時に意識しておくと良いかもしれませんよ。

どこに登録?各種金融機関の利用先はここだ!

日本に3つある信用情報機関は、金融機関の種類によって利用先が違います。もしあなたが、過去にどこかの金融機関でお金を借りたことがあるのなら、記録が残っているかもしれません。気になるようならチェックしてみて下さい。

信用情報機関 利用金融機関
全国銀行個人信用情報センター
略称:KSC
銀行、信用金庫、農協など銀行系
株式会社 シー・アイ・シー
略称:CIC
信販会社
株式会社日本信用情報機構
略称:JICC
消費者金融

どの信用情報機関も、本人であれば、個人情報を閲覧することができます。

金融機関の関係者である必要はありません。新たな借り入れを考えているものの、過去の情報が気になる人は、問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

審査がやさしいカードローンは?有名どころをチェック!

信用情報について心構えができて、遂にいざカードローンを選ぶとなると、様々な条件を考えてしまいますよね。あなたが必要とするのはどんな商品でしょうか。

  • 利息が低い
  • 利用できるATMが多い
  • 審査がやさしい
利用者が意識する条件の中でも、この3つは無視できないものです。どれも利便性が高いか否かに関係していると言えますね。利息が低いのは当然嬉しいですし、利用できるATMが多ければ多いほど、緊急でお金が必要な時に役に立ちます。

そのためには審査に通過する必要があります。やはり審査がやさしいという条件は外せません。

しかし、あまりにゆるい審査だと、逆に心配になってしまうのも、人間の心理の不思議なところです。

そこでお勧めしたいのが、信用度抜群の3つのカードローンです。

実力&信用度抜群!三大メガバンクのカードローン!

日本の三大メガバンクと言えば、誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。日本中に店舗がありますし、コンビニにも提携ATMがほぼ必ず用意されています。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行

この3つの銀行は、豊富な資金力を元に、日本全国に展開しています。その信用度は疑いようがなく、利用者の人気と信頼を勝ち取っています。もちろん、カードローンも絶大な人気を誇っていますよ。

商品名 金利 限度額 特徴
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 審査が最短30分
即日融資可能
みずほ銀行カードローン 3.0%~7.0% 1000万円 web申込みで即日融資可能
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
4.6%~14.6% 500万円 店頭申込みは最短40分で
審査完了&利用開始可能

いかがですか?どのカードローン商品も、銀行系カードローンにありがちだった、審査に時間がかかるという印象から遠くかけ離れたものであることが分かります。

厳しすぎる審査をする時代を終え、銀行系カードローンも、利用者のニーズに合わせたスピード性を重視するようになったのでしょう。

メガバンクが音頭を取ることにより、これからの銀行系カードローンも、続々と即日融資可能な商品が増えていくと予想されています。

利用まで40分!大注目のバンクイック!

三大メガバンクのカードローン商品の中でも、特にチェックしておきたいのは、三菱東京UFJ銀行からリリースされているバンクイックです。即日融資対応であることは、他の2つのカードローン商品と同様ですが、このバンクイックは一味違います。

  • 申し込みから利用開始まで、最短で40分

即日融資ができるカードローンは他にもありますが、「申し込みから40分」というものは、他にないと言えるでしょう。

バンクイックは、三菱東京UFJ銀行に専用の窓口を設置しています。窓口に設置されたテレビ電話を通し、担当の行員にその場で申し込みができるのです。審査には書類が必要ですが、事前に準備しておけば問題ありません。
  • 身分証明書(運転免許証がベスト)
  • 収入証明書(100万円以上を借りたい場合のみ、それ以下は不要)
  • 勤務先の住所、電話番号、社員数、入社年月を記入した申込書

この3つ(あるいは2つ)の書類があれば、テレビ電話から申し込みをすることができます。

借入希望額が低い人は、面倒な収入証明書を用意しなくて良いのも助かりますね。

リアルタイムで審査が行われ、その場で結果が出るため、最短40分というスピードで、カードローンの利用を開始できるというわけですね。今までの銀行にはなかった形態とスピードです。お急ぎの時にはぜひ利用してみて下さい。

元祖即日融資!消費者金融でスムーズ審査!

審査が厳しすぎず、融資までの時間が短いと言えば、その元祖は消費者金融にあります。銀行系カードローンの発展も目覚ましいのですが、消費者金融も勝るとも劣らない進化を遂げていることは無視できません。

昔、消費者金融は法律の不備により、無理な貸付や大きすぎる金利によって、返済事故を起こす人が増えてしまい、社会問題にもなりました。その後、法律の改正や、当時の反省を踏まえ、消費者金融業界自身の努力により、透明度の高い融資形態を取るようになっています。

  • 専用ATMから新規申し込みも可能(その場での利用開始OK)
  • 専大手銀行との提携により、全国で利用できるATMが増えた
今時の消費者金融は、銀行と提携している会社も少なくありません。特に大手消費者金融は、三大メガバンクと提携しているほどです。信用第一の銀行との提携が行われているという点だけを見ても、消費者金融がいかに信用を得ているかが分かりますね。

メガバンクとも提携あり!大手で安心借入OK!

消費者金融も銀行と同じく、数多くあるのですが、その中でもメガバンクと提携している会社はかなり大きく、便利に利用することができます。

消費者金融 金利 限度額 提携銀行
アコム 4.7%~18.0% 500万円 三菱東京UFJ銀行
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 三井住友銀行
オリエントコーポレーション
※信販会社
4.5%~18.0% 500万円 みずほ銀行

みずほ銀行と提携しているのは消費者金融ではなく、信販会社の大手であるオリエントコーポレーションですが、貸金業という点、そして金利や審査の速さにおいては、消費者金融に引けを取りません。

その他の消費者金融も、メガバンクと提携し、信用度はかなりのものだと言えるでしょう。よく比べてみると、借りる金額によっては、銀行系カードローンとあまり変わらないこともあるのも実情です。

銀行系カードローン、消費者金融と、様々な借り入れ先を選べるのが、個人融資の良いところです。近年、特に利便性が高まり、審査の厳しさも変化してきていることは間違いありません。今まで悩んでいた人も、これを機に申し込みを考えてみてはいかがでしょうか。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ