> > > 在籍確認で嘘はNG?知っておきたい申し込みと審査の基本

在籍確認で嘘はNG?知っておきたい申し込みと審査の基本

キャッシングやカードローンの審査で面倒なこと、嫌がられることと言えば在籍確認です。初心者の人の中には、在籍確認が何なのかを知らない人もいるかもしれませんが、審査の時に重要な項目です。

経験している人の中には、あまり良い思い出がない人もいるかもしれませんね。また、これから申し込みを考えている人でも、在籍確認に腰が引けて、申し込みそのものを躊躇うことがあるかもしれません。

中には、在籍確認のために、架空の会社に勤めているという嘘をつく人すらいるくらい、在籍確認は面倒だと思われています。

在籍確認とはどんなものなのか、どういった対処が必要なのか、先に知っておけば安心です。

在籍確認とは?審査の時には必ずチェック!

審査で嫌がられることナンバーワンの呼び声も高い在籍確認。審査の過程でほぼ必ず行われることですし、最重要項目でもあります。この在籍確認を無事に済ませることができなければ、審査に通過できないとも言われています。

【在籍確認とは】

勤務先に本当に在籍しているかを確認すること。審査の最終過程で行われることが多く、ほとんどのキャッシング商品、カードローン商品で必須とされている。

方法としては、勤務先に電話をかけることが多い。ただし、申し込み者が借金することを職場に知られたくないと言うケースが多いため、ほとんどの電話は金融機関の名前ではなく、個人名、あるいは金融機関を連想させない関連会社名でかけられるようになっている。

まず、職場に電話がかかってくる!と思っただけでドキっとしてしまう人もいますよね。キャッシングやカードローンは悪いことではないのですが、お金を借りるという行為に対して、良くないイメージを持っている人(特に年配の人)もいます。

そういったプライバシーに配慮し、金融機関の名前を使わないでかけてくることがほとんどです。

これなら本人以外の人が電話に出ても、あなたが申し込みをしたことなんて分からないですよね。安心して申し込むことができます。

詳しい流れは?申し込みから在籍確認まで!

では、申し込みの段階から在籍確認まで、どのような流れで行われるのでしょうか。簡単な順番を整理してみましょう。

順番 審査段階 内容
1番目 申し込み 利用希望者が個人情報を送付する
(書類郵送、web申し込み)
2番目 仮審査 個人情報を元に機械的に審査をする
誤字脱字などは否決される
3番目 本審査 勤務先や年収、他社借入を詳細審査する
在籍確認もここで行われる

在籍確認は最後の最後ということが分かりますね。この在籍確認がしっかりと行われ、あなたが勤務先に確実にお勤めしていると分かれば、本審査が終了します。

また、在籍確認まで行く人は、他の条件をほとんどクリアしていると考えられます。

在籍確認が行われた時点で、審査を通過した可能性が大変高いと思って良いでしょう。

在籍確認電話に出られない!審査への影響は

会社での勤務形態によっては、在籍確認の電話に本人が出られないこともありますよね。外回りの営業さん、現場へ出て行く人など、それは仕方のないことです。また、当日は体調不良でどうしても出勤できない人もいるかもしれません。

この場合、本人が電話に出る必要はありません。他の人が出れば良いだけです。他の人が電話対応をしても、あなたが在籍していることは確認できますので、全く問題はないということです。

ただ、以下のケースは在籍確認が取れなかったと判断される可能性があります。

  • 営業時間中に電話が通じなかった(誰も出なかった)
  • 転送電話になった

小さな会社だと、営業時間中、どうしても人がいない日があるかもしれませんね。現場系の会社であれば珍しくないかもしれません。しかし、これではとにかく在籍確認が取れないということですので、審査では「NG」となる可能性があります。

また、転送電話になる場合も要注意です。人が出払ってしまう会社なら、個人の携帯電話に転送されることがありますね。ただ、それだと「会社に在籍している」という証明にならないのです。

この2つのケースにあてはまる人は、在籍確認に関しては要注意と考えておきましょう。不安がある場合には、申し込みの前に、金融機関に問い合わせをしてみると良いかもしれません。具体的なアドバイスが期待できますよ。

申し込みを知られたくない!同僚の目が気になる人は要相談

先に少し触れていますが、お金を借りることを知られたくないという人も、一定数いることは事実です。お金に困ってるの?と思われてしまうことは、何となく恥ずかしいような気もしますから、仕方のないことかもしれませんね。

  • 会社勤めで同僚の目が気になる
  • お金に困っていると思われたくない
  • 借金の経験が出世に影響することがある

この中でも、出世に影響することに関しては、業種によっては大変重要視されることだそうです。となると、在籍確認の電話で、キャッシングやカードローンを申し込んだことが知られると一大事ですよね。

生活に潤いを持つため、余裕を持つための借り入れですが、そのせいで将来に影響が出てしまっては元も子もありません。

プライバシー重視!限りなくバレない確認方法!

在籍確認の電話は、個人名などでかけられてくるため、他の人に借金が分かる可能性が低いということは説明しました。しかし、中には勘が鋭い人もいるもの。もしかすると経験者かもしれませんが、とにかく、分かる人は分かってしまうかもしれません。そんな人に電話を取られては大変です。

そこで申し込みを諦めてしまった人も、実際はいるのかもしれません。しかし、そんな必要はないんです。今時の金融機関の「プライバシー尊重」は、かなり徹底したもの、それでいて簡単になっています。
  • 電話をかける時間を指定できる

たかがこれだけ、されどこれが重要なんです。電話がかかってくる時間が分かっていれば、あなたは電話の前でさりげなく待機することができますよね。電話が鳴った瞬間に受話器を取れば良いだけです。

あなたが出れば在籍確認は完了し、審査も完了したことになります。

他の項目に問題がなければ、審査通過の連絡を待てばいいだけになりました。晴れてキャッシングやカードローンができるというわけですね!

専業主婦の特権!在籍確認は最小限!

ここまでは、お勤めの人に限った説明をしてきました。では、専業主婦はどうなのでしょう。キャッシングやカードローンは、専業主婦も利用することができます。しかし、専業主婦は職場がありませんよね。

専業主婦の場合、在籍確認の電話は、ほとんどが自宅にかかってきます。考えてみれば、専業主婦の職場は自宅とも言えますし、当然と言えば当然ですよね。

  • 会社勤め相手と同じように、個人名などで電話がかかってくる
  • 本人以外の家族が出ても在籍確認OKとなる

どちらもお勤めの人の在籍確認と変わりがない方法です。ただ、家に自分しかいないという時間が多い専業主婦の人は、会社勤めの人よりも、楽な気持ちで電話を待つことができるかもしれませんね。

ご主人に連絡は?こっそり借りたい専業主婦に朗報

専業主婦の返済は、基本的にはご主人の稼ぎから(家計から)になりますね。では、専業主婦がお金を借りる時、在籍確認がご主人に行ってしまうことはなのでしょうか?そう心配する人もいます。

答えはノーです。

借りるのはあくまで専業主婦本人であり、ご主人ではないので、契約者は専業主婦となり、審査を受けるのも本人だけなのです。

よって、在籍確認も契約者である専業主婦本人にしか行われません。

これなら、ご主人に黙ってこっそりお金を借りたいという人も、申し込みができますよね。とはいえ、できれば夫婦の間では秘密なしにしておきたいものです。

注意!ご主人に内緒で借りるのはNGなケースも!

こっそり借りようと思えば借りられる専業主婦ですが、実はご主人(配偶者、返済能力がある人)の許可がなければ借りられないケースもあります。

消費者金融から借りたい場合、必ず配偶者の同意を得なければいけません。これは貸金業法で定められているため、内緒で借りようとすると、法律違反ということになってしまいます。

【貸金業法とは】

貸金業者が経営する上で守る法律。業者側は貸し過ぎないように、利用者側は借り過ぎないように配慮された内容となっている。

年収に対して無理のない借り入れ、上限金利の明記など、様々な点が規定されている。中には「専業主婦(主夫)の借り入れは配偶者の同意が必要」という項目もある。

消費者金融などを代表とした貸金業では、この貸金業法を必ず守らなければいけないとされています。利用者も理解し、関係のある部分は遵守しなければいけません。

専業主婦が消費者金融でお金を借りる際、ご主人に黙って借りられないというのは、この貸金業法によるものになります。

どうしても内緒にしたければ、貸金業法が関係ない、銀行系カードローンを利用した方が良いでしょう。

どうしてもイヤ?そんな時には書類確認!

電話での在籍確認は、そこまで怖がるものではないということが分かって頂けたでしょう。これで安心して申し込める人も増えたかもしれませんね。

でも、やっぱりどうしても電話での在籍確認は嫌!という人がいることも確かです。そんな人のために、各金融機関は他の手段を用意してあることも多くなっています。逆を言えば、それだけ電話での在籍確認が難しくなってきたという面があるのでしょう。

どうしても電話が無理という人には、書類での在籍確認が可能なこともあります。電話での在籍確認よりは時間がかかってしまいますが、そこは仕方がないと割り切る必要があるでしょう。

在籍確認を書類で!必要なものはコレ!

在籍確認は、その会社に確実に在籍していることを示す必要があります。電話でなら一瞬で終わるのですが、書類では少し手間がかかることを覚悟しておきましょう。

書類での在籍確認に必要とされるもの、在籍証明として使えるものは、各金融機関によって指定のものが異なるのですが、以下のものが多く使われています。

  • 社員証
  • 直近数ヶ月分の給与明細

他にも、審査のため、身分証明書を出す必要がありますので、書類での在籍確認を希望する人は、普通の在籍確認を選ぶ人よりも、事前に準備する書類が多くなります。

また、この両方ではなく、どちらかを提出すれば良いという金融機関も増えていますので、事前に確認してみましょう。中には、公式ホームページに前もって明記してある会社もあります。

嘘はNG!一発で審査に落ちる!

在籍確認は、専業主婦でもない限り、仕事をしている人しか行えません。中には何らかの事情で、どうしても在籍確認ができない立場の人もいるでしょう。

そんな立場の人を狙い、手数料を取ることによって、架空の会社の社員として在籍確認をするビジネスがあります。要は架空の会社の電話番号を紹介し、そこに金融機関から在籍確認の電話をかけさせるという内容ですね。

しかし、そういったビジネスを行っている会社は、金融機関側もすぐに把握するものです。嘘をついたと分かってしまうと、あなたが審査に通過できないことは簡単に想像できてしまいます。

在籍確認で嘘をついたら、そこまでの審査内容がどんなにOKでも、絶対に審査に通りません。気を付けて下さいね。

スピード審査で在籍確認後回し!大手消費者金融で借りる!

在籍確認は審査の最終段階で行われるため、場合によってはとても時間がかかるケースがあります。でも、急いでお金を借りたい時、それでは困ってしまいますよね。すぐにでもお金を借りたい人は、できるだけ審査に時間がかからない会社を選ぶ必要があります。

そこで考えたいのは、スピード審査をモットーとする金融機関です。スピード審査の場合、審査の段階で在籍確認以外に問題がないと判断されれば、在籍確認は後回しにして審査に通過させることがあるのです。

もちろん、これは信用度が高い人に限る方法です。過去に既に借りていて、返済に遅れてしまっていたり、現在の申し込みの時点で多額の借り入れがある人では、少し難しい方法であることは覚えておきましょう。

大手で即日融資!申し込みは昼までに!

急いでいる人に最適なのが、大手の消費者金融です。消費者金融と言えば、即日審査・即日融資が有名ですよね。中には、申し込みをしてから1時間もしないうちに、現金を融通してもらえるケースもあります。

それくらいのスピード審査をしてくれる大手消費者金融ですが、そのスピードを堪能するにはコツがあります。それは申し込みのタイミングです。

即日融資を受けたいのなら、申し込みは遅くても正午までに済ませる必要があります。というのも、審査をするのは結局人間ですから、多少の時間がかかりますし、お金を動かすための時間も必要ですよね。

その必要な時間を考えると、余裕を持って、正午までには申し込みをするのがベストです。審査で問題がないと判断されれば、遅くても夕方までには融資を受けられますよ。

消費者金融ならここ!スピード審査のお勧め会社!

消費者金融も数多くありますが、やはり最初は大手、そして急いでいる時も大手が心強いものですよね。今更紹介するまでもありませんが、参考として有名な会社をピックアップしてみましょう。

消費者金融 金利 限度額 審査時間
アコム 4.7%~18.0% 500万円 最短1時間
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短1時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短1時間
モビット 3.0%~18.0% 800万円 即日融資可能
(14時30分までの申し込み)

各社とも大きな違いがないように見えますが、細かい金利や、何よりもあなたの周囲にどんな会社があるかが重要です。今時はオンラインでの融資も可能ですが、専用ATMの数なども感がておきたいもの。

また、モビットは、14時30分までの申し込みであれば、即日融資がOKである可能性があるようです。審査内容に問題がないということは必須ですが、緊急時には助かる時間設定ですね。

どの会社も在籍確認などはしっかりと行いますし、健全な経営が為されている会社です。ただ、大手ならではのスピード性、融通性などは、やはり中小には真似できない部分でしょう。

たくさんある会社の中から、在籍確認のことも含め、ご自分が納得できるところを見付けて下さいね。信用できる会社から借りることが、失敗のない借り入れには何よりも大切ですよ。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ