> > > 仕事決まったらOK?キャッシングの申し込み必勝法!

仕事決まったらOK?キャッシングの申し込み必勝法!

キャッシングやカードローンの審査では、まず、申し込み者が仕事をしているかしていないかが重要視されます。広告には特に書いていなくても、いざ申し込む時、無職だと躊躇ったりしませんか?

実際の話、無職だと審査に通りにくいという噂はよく耳にします。でも、無職でも借りられた経験がある人の話を聞いたことがある!という人も。

仕事さえ決まればOK?それとも他に条件があるのでしょうか?申し込みの時には覚えておきたいことをチェックしてみましょう。

審査でチェック!最低限の個人情報内容とは

申込書、あるいは申込画面には、様々な個人情報を記入する欄があります。ちょっと面倒ですが、これを全て埋めないと、まともに審査をしてもらうこともできません。そしていざ審査の時、あなたが思っている以上に、この個人情報は重要視されます。

どの金融機関の申し込みでも、氏名、年齢など、一般的な情報を始め、勤務先や年収も記入することがほとんどですよね。あまり自分からは言わない情報も入っています。審査でどんな影響があるのでしょうか。

  • 氏名、年齢
  • 勤務先、勤続年数
  • 年収
  • 不動産の有無(持ち家)
  • 既婚、未婚
  • 扶養家族の人数

審査でよくチェックされる内容は、大抵がこのようなものになります。氏名や年齢、年収などはまだ分かるとしても、勤務先、既婚や未婚についてや、扶養家族についてもチェックされるということに、少し首をかしげる人もいるかもしれませんね。

しかし、他人には関係のない家庭の事情に思えても、実際はキャッシングやカードローンなど、お金を貸し借りする時には非常に重要なポイントになってくるのです。

まずは返済能力が試される!審査項目のチェックの意味とは

まず、お金を借りる時、必ず考えなければいけないことがありますね。それは返済についてです。もっと突き詰めて言ってしまえば、返済計画が立てられないうちにお金を借りると、返済に困る確率がぐんと高くなるものです。

返済する力=返済能力があるかどうか、これはお金を貸す側としても、何より大切なことです。

その返済能力を測るため、審査で様々な項目をチェックするわけです。

審査項目 チェック内容
勤務先、年収 安定した収入が見込めるか
不動産の有無 住宅ローンの返済に困っていないか
扶養家族について 生計費の他に返済に回せる金額の予想

審査項目からこういったことが予測しやすいため、申し込みの項目に盛り込まれていると言えるでしょう。全体的に、「どれくらい自由に使えるお金があるか=返済に回せるお金があるか」ということが測りやすくなっています。

不動産(持ち家)の有無に関しては、キャッシングやカードローンといった個人向けの小口融資の場合、担保として見られることはありません。あくまで住宅ローンと返済能力のバランスについて、チェックするための項目です。

キャッシングやカードローンは、個人の信用が担保となっています。よって、返済に困ったとしても、持ち家などを担保として没収されることはありません。

ただし、返済に窮し、自己破産などの手続きを取る場合は、持ち家を手放すことを行政側に勧められることもあります。

無職は論外?収入と返済能力のバランスは

返済能力を測ることが審査である、と言っても良いということですが、何よりも気になるのは収入のことですよね。個人の信用を担保としている以上、収入に対する信用も必要です。

収入とは、簡単に言ってしまえば職があるかないかで決定されるようなもの。無職の人は収入がないと考えられるのが一般的です。申込書に「無職」と記入して、審査を通過できる人はほとんどいないでしょう。
  • 公務員
  • 正社員
  • 非正規労働者(契約社員、派遣社員、アルバイト、パート)

この三種類のいずれかの働き方をしている人であれば、キャッシングやカードローンの審査に通る確率は高いと言われています。いずれも安定した収入が期待できるということでしょう。

以前は非正規労働者の審査通過率は低いと言われていましたが、今はそうでもないようです。以前よりも労働者の立場が強くなり、安定した働き方ができるようになったからでしょう。

いずれにせよ、「職がある」ということが重要です。

こうなると、無職の人は頭を抱えてしまいたくなってしまいますね。好きで無職ではない人もいるでしょうし、そんな人はお金を借りることができないのでしょうか。

申し込んだら必ず落ちる?無職の定義とその扱い

「無職の人がキャッシングやカードローンを利用するのは無理」というのは、誰もが考えることです。確かに、返済能力がなければそう考えるのは自然なことです。

  • 会社員、公務員ではなく、収入がない
  • 非正規社員ではなく、収入がない
  • 自営業ではなく、収入がない
  • 専業主婦で収入がない

とても簡潔な言い方をすれば、「収入がない」=無職、ということです。会社員であれ自営業であれ、どんな働き方でも、収入があれば無職ではありません。

例外として、不動産収入や株配当での収入がある人も無職となります。しかし不労所得があるため、無収入ではありません。

不労所得がそれなりに安定している、あるいはそれなりの金額である場合、無職でも審査に通過することがあります。

無職でも審査通過?専業主婦のメリットとは

しかし、そんな無職の中でも、「無収入でも審査に通過する」という立場の人もいます。専業主婦がその対象です。

というのも、専業主婦は旦那さんの収入をやりくりする立場にあるからです。旦那さんが無職で無収入であれば難しい話ですが、一般的な会社員であればOKです。

専業主婦がお金を借りると、その返済は家計から行われるという解釈になります。

旦那さんに安定した収入があり、安定した家計を営めるのであれば、専業主婦でも返済能力があると認められるわけです。

独身の人には納得のいかないことかもしれませんが、これは結婚した人特有の立場だということですね。また、専業主婦でお金が借りられないと思っていた人は、ぜひチェックしてみて下さい。

メリットがあればデメリットも!専業主婦の思わぬ盲点

旦那さんに安定した収入があれば借りやすいというのが専業主婦のメリットですが、デメリットがないわけではありません。このデメリットもしっかり覚えておく必要があります。

  • 専業主婦は限度額が低く抑えられることが多い

限度額とは、借りられるお金の最高金額のことです。これは一人ひとりの返済能力によって決定されます。この限度額が、専業主婦に対しては低く設定されることがほとんどだということが、デメリットだと言えるでしょう。

専業主婦は確かに返済能力があると言えばあるのですが、やはり「本人ではない」旦那さんの収入に頼る面があります。離婚や旦那さんの失職など、返済できなくなる状況になる可能性があるため、どうしても限度額が低く抑えられることは仕方のないことかもしれません。

扶養内の主婦はチェック!収入によってお得な申し込み!

専業主婦ではなくても、アルバイトやパート、または内職などで収入を得ている兼業主婦の人は、申し込みの時、個人情報をどのように書いているでしょうか。実は、収入によっては(特に扶養内であれば)、専業主婦の立場で書いてしまった方がお得かもしれません。

  • 限度額は収入によって決められる
  • 収入が低すぎると(年収100万円未満など)審査に通過しないことがある

専業主婦の限度額は、確かに低く抑えられてしまいます。が、収入が低すぎても、同じように限度額を低くされる可能性が非常に高いのです。場合によっては専業主婦よりも低くされるかもしれません。

また、収入が低すぎると、審査に通過しないこともあるのです。特に年収が100万円に満たない場合、そして専業主婦以外である場合、返済能力が足りないとみなされてしかう可能性があります。

このような立場にある人は、申込書の職業欄に「主婦」と記入した方が良いでしょう。

ただし扶養を外れ、会社の社会保険に入っている人は、「主婦」では虚偽となってしまう可能性がありますので、そこは本来の立場を記入するようにして下さい。

仕事が既に決まってる?無職中の申し込みは要注意

専業主婦について少し長く説明しましたが、では、それ以外の無職の立場についても考えてみましょう。「今は無職だけど、次の仕事が既に決まっている」という立場の人もいるのではないでしょうか。

次の仕事が決まっている、だから返済能力はある!と思うかもしれません。しかし、残念ながら、この立場では審査に通ることはかなり難しいと言える状態です。

  • 採用が取り消されるかもしれない
  • すぐに給料が入るわけではない

採用が取り消される可能性とは不吉なようですが、これが理由として考えられます。まだ正式に働いていない以上、無職は無職として扱われると思っておいた方が良いでしょう。

また、働き始めたとしても、次の月までお給料が入らないという理由もあります。返済計画が立てにくく、返済事故の可能性がないとは言えないので、やはり貸す側としてはお断りしたい条件になってしまうのは仕方のないことですね。

転職直後の申し込みは?ネックになる勤続年数

再就職が決まっていた人は、転職した後ならお金を借りることができると思うでしょう。もちろん、無職期間中よりも、審査に通る確率はぐぐっと上がることは疑いようがありません。しかし、ここでどうしても考えて欲しいことがあります。

勤続年数も審査の重要な項目になっています。そう、転職直後だと、その勤続年数が不足していることが多々あるのです。審査が緩めの金融機関であれば、あまり重要視されない可能性はありますが、大抵の金融機関ではチェックされます。

最低でも半年程度の勤務期間が必要だと言われることが多いので、やはりその程度の期間は、申し込みを控えておくと良いかもしれません。

もちろん、働く期間が長くなればなるほど、審査に通りやすくなりますよ。

無職になることが分かっているなら…退職前に手続きを!

今は働いている人でも、もうすぐ無職になる予定があるかもしれません。そんな時、裏技と言うほどの裏技ではありませんが、ちょっとしたコツで、先々のキャッシングやカードローンが容易になる作業があります。

  • 無職になる前に(退職前に)申し込みをし、審査を通過しておく

無職になってしまうと、収入の面から審査に通ることは難しくなります。しかし、それに加え、ほとんどの金融機関が行っているのが「在籍確認」です。

【在籍確認とは】

申込書に記入されていた勤務先で、本当に働いているかどうかをチェックすること。

勤務先に電話をかけ、本人がいるか確認する方法が多く取られている。ただしプライバシー重視のため、金融機関からの電話だと分かりにくいかけ方をすることがほとんど。

この在籍確認は、専業主婦を除き、働いていなければすることができません。

退職する前に済ませてしまえば、退職した後にキャッシングやカードローンを継続して使うことができます。

退職予定がある人は、退職前に申し込みから審査を全て済ませておくと良いですね。

要チェック!大手のキャンペーン期間で審査通過も!

ここまでで、「無職で借りることは(専業主婦以外は)非常に難しい」ということが分かって頂けたかと思います。しかし、ちょっとした抜け穴になる可能性があることもご紹介しておきましょう。

近年、キャッシングやカードローン、キャッシング機能がついたクレジットカード商品類の競合は凄まじいものがあります。これにより、審査基準がゆるくなっているカードの噂があることをご存知ですか?利用者にとっては大変なチャンスです。

ねらい目は大手のクレジットカードです。どの商品であるかの特定は少々難しいですが、テレビCMなどで大々的なキャンペーンをしているクレジットカードは特にお勧めできます。
  • 利用者を増やしたがっているクレジットカード商品
  • ネットの口コミサイトなどで噂になっていることが多い

この中には、無職でも収入のあてがあれば、そこまで厳しい審査をしないと言われている商品があるようです。ネットの口コミサイトは正直な意見も多いため、判断の参考になるでしょう。様々な情報をチェックしてみて下さい。

やはり制限も!それでも当座のキャッシングOK!

無職でも審査に通る可能性があることが分かりましたが、ただ、限度額が抑えられる傾向があることも覚えておきましょう。それでも、無職で当座のキャッシングができるのは嬉しいことですよね。

一番良いのは、どんな簡単な内容でも、アルバイトをすることかもしれません。しかしどうしても、そんな余裕がないという人は、ダメで元々、無職でも審査に通るかもしれないカードを狙ってみると良いでしょう。

最初はかなり限度額が低いと言われています。中には数万円ということも……!しかし、借り入れをして返済をすれば、あなたの信用は上がって行きます。

信用が上がれば、限度額の枠も上がって行くことは、無職でも正社員でも同様です。誠実な借り入れと返済を続けて行くように努力して下さいね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ