> > > 消費者金融でも安心!株式会社新生銀行カードローンは要チェック

消費者金融でも安心!株式会社新生銀行カードローンは要チェック

消費者金融を利用しようかと考えたとき、どうしても不安を感じてしまうのでは?その原因として、消費者金融に対するマイナスイメージがあるはずです。騙されるのでは、怖い目に合うのではといった恐怖心を持つ人も少なくないでしょう。

しかし、銀行グループの消費者金融であればどうでしょうか。銀行に対して恐怖心を抱く人は少ないはずです。そして、その銀行とグループ関係にあるということは安心感に繋がりませんか?

そこで、今回は株式会社新生銀行系の消費者金融をご紹介しましょう。利用者に嬉しい特徴もありますので、要チェックですよ。

株式会社新生銀行系カードローンは2社ある!その概要をご紹介

株式会社新生銀行は、カードローン商品レイクを取り扱っていることで有名ですよね。そんな株式会社新生銀行グループに消費者金融があるというのは、なかなかイメージしづらいかもしれません。

株式会社新生銀行系の消費者金融は、2社あります。

  • 新生フィナンシャル
  • シンキ

レイクは銀行カードローンではなく、消費者金融カードローンだというイメージを持つ人もまだいるかもしれません。

レイクというカードローンブランドが株式会社新生銀行に譲渡される以前は、新生フィナンシャルのカードローン商品として取り扱いが行われていました。ですから、レイクは消費者金融カードローンから銀行カードローン商品へ変わったブランドなのです。

現在、新生フィナンシャルはレイク契約者に対して保証業務を行うという形で、レイクと関わっています。

シンキは、もともと消費者向け無担保ローンを取り扱う会社でした。株式会社新生銀行との業務提携後、株式会社新生銀行グループの出資率100%となり株式会社新生銀行系の消費者金融となったのです。

また、株式会社新生銀行グループには消費者金融以外にも次のような会社があります。

  • 信販会社・クレジットカード
  • 不動産担保ローン
  • リース
  • 信託
  • 信用保証
  • 証券

株式会社新生銀行グループには、信販会社やリース会社等様々な種類の会社があるのです。

株式会社新生銀行とは無関係!注意したい金融会社「新生ファイナンス」

新生ファイナンスは、カードローンを取り扱っている株式会社新生銀行系の会社です。しかし、似たような名前の会社に新生ファイナンスという金融会社があります。

この新生ファイナンスは、あたかも株式会社新生銀行系の金融会社を装っていますが、株式会社新生銀行とは全くの無関係なのです。

ロゴや社名を似せることで、利用者に株式会社新生銀行と関係があるのでは?と誤認させている可能性があります。株式会社新生銀行や新生フィナンシャルのホームページでも注意喚起をしていますので、十分気を付けるようにしましょう。

株式会社新生銀行以外にも、大手銀行や消費者金融と同グループではないかと思わせるような社名で営業をしている、勧誘をしている金融会社が見られます。銀行や大手消費者金融と繋がりがあれば、不安感も払しょくされ利用しやすくなるという利用者意識を悪用しているわけです。

グループ会社を思わせるような金融会社を目にした際は、本当にその銀行・消費者金融と繋がりがあるのかきちんと確認するようにしておきたいですね。

ATM利用手数料無料!便利な新生フィナンシャルカードローン

では、新生フィナンシャルのカードローン商品について簡単にご紹介していきましょう。

限度額 金利 特徴
1~300万円 9.0~18.0% ATM利用手数料無料

新生フィナンシャルのカードローンは、限度額・金利共に他の消費者金融と比較して特筆すべき特徴があるというものではありません。

しかし、グループ関係にあるレイクATMだけでなく、利用可能なATMすべての利用手数料が無料という特徴があります。

  • セブン銀行
  • イーネット
  • ローソン
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 東京スター銀行
  • 西日本シティ銀行

提携しているATMを一部挙げてみました。これらのATMが手数料無料で使えるというのは嬉しいですよね。ただし、ATMによって利用可能時間が異なる点には注意が必要です。

この他にも、借入のみ対応している金融機関ATMもあります。新生フィナンシャルのカードローンは、利用できるATMが多い便利な商品だと言えるでしょう。

消費者金融が教える!返済に困らないための4つのポイント

消費者金融である新生フィナンシャルは、自身のホームページで返済に困らないようにするためのポイントを紹介しています。

  • 返済計画を確認する
  • 借入額をしっかりと検討する
  • 返済日を忘れないようメールお知らせサービスを利用する
  • 返済日、利息について理解してから利用する

返済に困ってしまうのは、思ったよりも返済金額が大きくなり生活に支障をきたす事態になってしまう為です。

ですから、カードローン等の借入を利用する際には返済金額がいくらになるのか、返済期間はどのくらいになるのかをしっかりと把握しておく必要があるわけですね。

返済額については、返済シミュレーションを利用するなどして借入前にしっかりと確認しておくようにしましょう。また、返済日に遅れないように返済日を知らせるメールサービスがあれば利用しておきたいですね。

そして、もし返済に困ってしまうような状況になれば速やかに借入先に相談するようにしてください。

借入先によって、以下のような対応をしてくれる場合があります。

  • 返済日の調整
  • 利息分のみの支払いとし、支払えるようになるまで一定期間の猶予をもらう
無断で返済日に遅れるようなことがあれば、悪質であると判断されることになります。そのまま逃げていても、状況が改善されるわけではありませんから、早めに相談するようにしたいですね。

何度でも無利息期間利用可能!お得なノーローンは要チェック

シンキのカードローン「ノーローン」は、無利息期間があることで有名なカードローンです。まずは商品内容を確認してみましょう。

限度額 金利 特徴
1~300万円 4.9~18.0% 借入れ日翌日から7日間無利息
*何度でも利用可能

ノーローン最大の特徴は、何度でも無利息期間の適用が可能という点でしょう。

ただし、借入の都度無利息期間が利用できるわけではなく、一度借入をすれば7日間は無利息、その後は完済した翌月から再び無利息期間が適用となる借入を利用できるようになるのです。

完済前に追加で借入をした分については、初回の無利息期間適用のみとなり新たな無利息期間の適用にはなりません。

①1日に10万円借り入れ⇒7日間の無利息適用
②3日に5万円借り入れ⇒5日間の無利息適用(1日借り入れ分の無利息期間が適用される)
③10日に3万円借り入れ⇒無利息期間適用なし

ノーローンは、無利息期間を上手に利用すればかなりお得な利用が可能となります。少額を短期間の借入で利用したいということであれば、オススメの商品と言えるでしょう。

最短即日融資も可!申し込みはネット・自動契約機・電話で対応

ノーローンは、ネット、自動契約機、電話で申し込みをすることが出来ます。いずれの方法でも、最短即日での融資が可能です。ただし、下記の条件を満たさなければいけません。

申し込み方法 即日融資条件
ネット 楽天銀行口座あり…当日17時までに審査結果回答
楽天銀行口座なし…当日12時30分までに審査結果回答
自動契約機 20時30分までに来店し申し込みを済ませる
電話 楽天銀行口座あり…当日17時までに審査結果回答
楽天銀行口座なし…当日12時30分までに審査結果回答

また、ネットは24時間申し込みを受け付けていますが、審査回答時間は24時間というわけではありません。自動契約機と電話も審査回答時間や申込受付時間が決まっています。

  • ネット…審査回答時間は9時~20時30分(年末年始除く)
  • 自動契約機…8時45分~21時(第三日曜は19時まで)
  • 電話…審査回答時間は9時~20時30分(年末年始除く)

即日融資を希望する際は、事前に本人確認書類の提示も必要です。

急いで借入をしたい場合は、どのような条件をクリアする必要があるかしっかり確認したいですね。

銀行系消費者金融は他にも!?大手3社をご紹介

銀行系消費者金融は、株式会社新生銀行系のみではありません。実は、知名度が高く利用者も多い大手消費者金融も銀行系なのです。

  • アコム
  • プロミス
  • モビット

この3社の商品概要をご紹介しておきましょう。

カードローン名 限度額 金利 グループ銀行
アコム 500万円 4.7~18.0% 三菱東京UFJ銀行
プロミス 500万円 4.5~17.8% 三井住友銀行
モビット 800万円 3.0~18.0% 三井住友銀行

消費者金融の中でも大手と言われている会社が、メガバンクとのグループ関係にあるのです。消費者金融と銀行のグループ関係は、特に珍しいものではないということでしょう。

双方にメリットが!銀行と消費者金融がグループ関係になる意味とは

なぜ銀行と消費者金融がグループ関係になるのか、それは双方にメリットがある為です。

銀行にとってのメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 個人向け無担保ローンのノウハウを得ることが出来る
  • 保証業務を委託できる

カードローンのような個人向け無担保ローンは、やはり消費者金融の方が専門で行ってきたことのノウハウを持っています。そのノウハウを得ることが出来るわけですね。

また、消費者金融は保証業務を行っている場合も多く、銀行カードローンの保証会社として審査委託を行い、銀行側の審査業務や貸し倒れのリスクを減らすことが出来るというメリットもあります。

消費者金融にとってのメリットは、以下の点ですね。

  • 銀行グループになることで利用者に安心感を与える
  • 資金調達がしやすくなる
  • グループ銀行ATMを利用しての借入が可能となる

消費者金融が銀行とグループ関係になることで、利用者からの信用を得ることが可能となります。

一見、消費者金融側にメリットがあるように思えるかもしれませんが、銀行も消費者金融とグループ関係になる事で得をする部分があるのです。

銀行、消費者金融のグループ化は、これからも続く可能性があります。消費者金融業界は、法改正や社会情勢に影響を受けやすいので、これからの動向にも注意していきたいですね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ