> > > ブラックでもすぐ借りれる審査の緩い会社は本当に安全?!

ブラックでもすぐ借りれる審査の緩い会社は本当に安全?!

ブラックでも借りられる業者は安心?過去の金融事故履歴のある人にでも借入が可能な業者は正規の業者なのでしょうか。審査が心配、でも借入したい。そんな人の為にブラックでも即日融資可能な業者についてお話ししています。

審査が緩いというのは、決して誰でも無条件で融資してくれる業者ではないのです。審査はきちんと厳重に行っています。緩いと言われるのには独自の審査基準での審査という所に原因があるのです。その事についても詳しくお話しして行きましょう。

ブラックでも借りられる業者はヤミ金融?

口コミ情報などで、ブラックでも借入出来た、他社で断られたが融資してもらえた、などという書き込みを目にします。ブラックというのは過去に金融事故を起こした事のある人の履歴の事ですよね。通常こういった履歴があると審査は通りません。

それが融資して貰えたというのは、その業者はヤミ金融なのではないかと不安になりますよね。ブラックでも借りられる業者について少し詳しくお話ししてみましょう。

ブラックでも借りる事の出来たのはどのような業者か

口コミにあるブラックでも借りられたという業者は、消費者金融会社の中でも比較的規模の小さな会社が多いようです。それでもその経営年数をみると老舗と呼ばれるような会社が多いのも特徴のひとつです。

登録番号の更新も10回以上の所が多く、ヤミ金融ではなく正規の消費者金融会社である事がわかります。そういう会社が本当にブラックに融資をしているのでしょうか。ある業者を例に挙げてみましょう。

融資条件 中小規模消費者金融A社
金利(実質年率) 上限18%
貸付限度額 50万円まで
必要書類 本人確認書類 収入証明書

融資条件の金利は貸金業法の上限利息に則って18%となっています。これは通常の消費者金融会社と同じですね。貸付限度額は50万円までと少額設定となっています。決定的に違うのは必要書類に収入証明書が含まれているという所です。

通常消費者金融会社では50万円以内の貸付限度額の場合は収入証明書は不要となっている会社が多いのです。何故A社ではその収入証明書を50万円以内の融資限度額であっても提示するようにしているのでしょうか。

実はそこにブラックにも対応しているA社独自の審査方法があるのです。大手消費者金融や銀行では顧客の過去の信用情報で金融事故履歴があった場合はその時点で審査は結果は不可となります。まず融資は無理と考えて良いでしょう。

A社は顧客の現在の返済能力の有無を審査し融資する

大手業者が総合的に見てリスク有りとした顧客であっても、現状では充分に返済能力のある顧客も当然います。

金融事故が4年前の事であっても大手業者は同じ事を繰り返す可能性があると判断し、A社では現状の返済能力を重視するという事です。

A社はその見極めの為に本人の収入証明書を確認するのです。単に審査が甘い、審査が緩いというのではなく、その審査の方法で、金融事故履歴のある人でも融資が受けられる可能性があると言う事だと理解いただけたでしょうか。

中小規模の消費者金融が顧客獲得する為に出来る事

それでは何故リスクを抱えてでも中小規模の消費者金融会社はブラックへの融資を行うのでしょうか。

それには貸金業法改正以降の消費者金融会社を巻き込んだ経営状況の悪化という背景が大きく影響しています。

ここで、貸金業法の改正が消費者金融会社に及ぼした事柄について触れておきましょう。貸金業法とは文字通り貸金業者の為の法律です。この貸金業法の改正で変わった事を挙げてみますね。

  • 利息制限法改正による実質上の金利引下げ/li>
  • グレーゾーン金利廃止による過払い金返還請求
  • 総量規制による顧客減少と融資額の減少

利息制限法改正以前は、刑事罰となる出資法の上限利息をどの消費者金融会社も上限と定めていました。実質年率29.2%を上限としていた訳です。この金利設定ならリスク分を含めても充分な利益も見込まれた事でしょう。

ところが利息制限法が改正となり、刑事罰を受ける出資法の上限利息も利息制限法の上限利息と同じ18%(10万円以内なら20%)の上限利息が義務付けられました。

その上、グレーゾーン金利廃止による過払い金返還請求や、年収の3分の1以上の融資を規制する総量規制の施行による、顧客減少融資額の減少が消費者金融会社の経営を追い詰める結果となったのです。

大手消費者金融は銀行との提携で立て直し成功!

経営のひっ迫した大手消費者金融会社は、大手の銀行と提携しそのグループとして経営の立て直しを図り、今では銀行、消費者金融の両方の良い面を打ち出した経営で成功しています。

中小規模の消費者金融も当然ながらその経営の悪化をもろに受け、破綻する会社も少なくありませんでした。そこで、中小規模な消費者金融会社が取入れたのが、独自の審査方法によって大手企業が融資不可とした顧客への融資を行う顧客獲得方です。

はっきり言うと大手業者が取りこぼした顧客への融資を行うという事なのですが、この方法は口コミでブラックにも対応と書き込みされる事となり、審査を不安に思う人や過去に金融事故を起こした事のある人の申込みを多く受けるようになったのです。

金融事故履歴のある人が融資を受ける為にすべき事

ブラックにも対応というと、審査が甘いと勘違いされがちですが、借入の間口を広くはしていても、審査が甘い、緩いというのとは少し違うように思います。

確かに過去の信用情報のみにこだわらず、現状を重視しての審査を行うという意味では審査が柔軟という事にはなりますね。

それではここで、金融事故履歴のある人が融資を受ける為には、どのような事に気を付けなくてはいけないのかを、お話ししていきましょう。

  • 申込み時金融事故の起きた経緯を説明する
  • 収入証明書は不要とされた場合にも用意しておく
  • 融資限度額は少額で申込む

いうまでもありませんが中小規模の消費者金融だからと言って、ブラックへの融資のみを行っている訳ではありません。

そして当然の事ですが、審査はより厳重に行われるのです。本来なら金融事故履歴のある人への融資はNGとなるはずなのです。

どのような経緯で金融事故を起こしてしまったのか、そしてどのように解決したのかも併せて説明する必要があります。

通常50万円以内の借入限度額の場合は収入証明書が不要なのですが、限度額に関係なく収入証明書を用意しておくようにしましょう。総量規制に対してもしっかりと年収を提示し、返済能力が有る事をアピールする事も大切なのです。

そして、希望する限度額は少額にする必要がありますよ。限度額も50万円を超えるとやはり審査もより慎重に厳しくなりますから。

信頼関係を崩す事のない借入返済の必要性について

融資が決定したと言う事は、金融事故の履歴があるのにも係わらず、業者があなたを信頼してくれたという事ですね。その期待に背く事のないようにしなくてはいけません。

返済計画をしっかりと立てて、延滞はもちろん、遅延などもないように充分注意をして信用実績を積む努力をしましょう。そうして積み上げた信用はあなたにとって大きな財産となるのですから。
新着記事
カテゴリー
ページトップへ