> > > 車を買うときカードローンと自動車ローンは両方申し込める?

車を買うときカードローンと自動車ローンは両方申し込める?

高額の買い物をする時。一括で代金を払えたらいいけれど、そうもいかないのが現実ですよね。だけど、ローンを組むのもいろいろと大変なことが多いもの。

車を買うとき、自動車ローンを申し込みする場合に多い悩みが、カードローンと一緒に自動車ローンを申し込みできるか?ということです。

もしカードローンを利用していたら、自動車ローンは組めないのでしょうか。また、カードローンと自動車ローンは同時に申し込みできるのでしょうか。車を買うときの不安を解決しましょう。

意外と知らない!?カードローンと自動車ローンの違い

カードローンも自動車ローンも、同じローンなんだから、信用情報に同じように載るんでしょ?そんなふうに思っていませんか?

今更聞けない!?自動車ローンとカードローンはどういうふうに違うのか解説します。

カードを利用するからカードローンと呼ぶ

ローンの名前は、その使い道によって決められています。自動車ローンは、自動車を買うためのローンだからその名前がついていますね。

しかし、カードローンは少々違います。目的がカード、というのは変ですよね。カードローンは、目的が自由に使えるローンのことです。ですので、カードローンはもともとフリーローンと呼ばれていました。

自動契約機やATMで、カード一枚さえあれば現金を手軽に借りられるようになり、フリーローンはカードローンと呼ばれるようになりました。

自動車ローンとカードローンの金利の違い

お金をかんたんに借りられる代名詞のようになっているカードローン。借りたお金の使い道が自由なので、自動車を買う頭金にしてももちろんオッケーです。

しかし、自動車専用の自動車ローンならば、金利がカードローンよりもずっと低いです。

どのくらい差があるのか見てみましょう。

金利の平均 限度額の平均
自動車ローン 1.4~3.0% 10万円~1000万円
カードローン 7.5~18.0% 10万円~500万円

おおよその平均を見ても、自動車ローンはカードローンに比べて10パーセント以上金利が低いことがわかりますね。また、同じ金融機関での違いも見てみましょう。

三井住友銀行 金利 限度額
マイカーローン 年率4.475%(変動金利) 10万円~300万円
カードローン 4.0~14.5% 10万円~800万円

一例として三井住友銀行を挙げてみました。金利はやはり10パーセントくらい低いですね。ただ、金融機関によってかなり違いがあるので注意しましょう。

即日融資はできる?審査の条件は?

カードローンといえば、即日融資や最短審査が便利なローンとしておなじみですね。それでは、自動車ローンは即日融資できないのでしょうか。

インターネット上で手続きできるのは自動車ローンも同じ。ですので、審査も早く、即日融資もできます。金利はカードローンよりも低いのに、サービスもよく、便利ですよね。

ただ、自動車ローンとカードローンの審査には違いがあります。また三井住友銀行の場合で比べてみましょう。

自動車ローンの申し込み条件は以下。

  • 満20歳以上満65歳以下
  • 前年度の年収が200万円以上
  • 安定した収入がある
  • SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社の保証を受けられる
  • 日本国内在住

対して、カードローンの申し込み条件は以下。

  • 満20歳以上満69歳以下
  • 安定した収入がある
  • SMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社の保証を受けられる

自動車ローンよりも、申し込み条件が薄く、多くの人に開かれているのがカードローンということがわかりますね。

一例として三井住友銀行を挙げましたが、どの自動車ローンも、カードローンと比較すると条件がゆるいです。

カードローンと自動車ローンは同時に申し込めるのか

同じローンといえども、カードローンと自動車ローンは別の性質をもったローンです。しかし、借りたものを返すのは、当然ながらひとつのお財布ですよね。

カードローンと自動車ローンは同時に申し込みできるのでしょうか。

ローンは複数同時申し込み可能

どのローンでも、複数の種類を同時に申し込みしてはならないという法律はありません。

ですので、カードローンと自動車ローンは同時に申し込みできます。いくつでも申し込みは可能です。

しかし、同時に申し込みすることはいくつかのリスクもあります。どんなリスクがあるのか以下でまとめました。

同時に申し込みするとこんな危険が!

  • お金の管理が大変になる
  • 延滞の危険が増す
  • 審査に落ちた時に信用情報に傷が付く

インターネット上ですべて完了できたり、即日融資ができたりと便利にはなっていますが、ローンを組むのはなかなかの大仕事です。

カードローンと自動車ローンの2種類のローンを組み、管理するのは予想以上に大変なことでしょう。金利も返済日もバラバラなので、ついうっかり延滞、なんてこともあり得ます。

また、もし管理がしっかりできたとしても、審査に落ちた時にはリスクがあります。あなたの信用情報機関に、傷がついてしまうということです。

審査に通らなかったという記録が信用情報機関に載れば、次にお金を借りる時に、「お金を貸すのは危険かもしれない」と思われる可能性が高くなります。

自動車ローンとカードローンに関わらず、ローンに複数申し込みする時は、審査に通らなかった時に急に信用情報が汚れるというリスクが伴います。

同時に申し込みたい場合はこんな方法がオススメ

それでも同時にカードローンと自動車ローンを利用したい場合。オススメなのは、消費者金融会社のカードローンに申し込みすることです。

カードローンには銀行と消費者金融会社の二つの種類があります。一般的に、銀行よりも消費者金融会社の方が審査が甘く借りやすいといわれています。

ですので、消費者金融会社に申し込みすれば、カードローン審査に落ちる可能性が低くなる場合が多いです。ただし、ブラックであったり年収があまりにも低かったりした場合はその限りではありません。

また、急いでいない場合は、6ヵ月以上間を空けてから自動車ローンとカードローンに申し込みするというのも手です。

上記のリスクが低くなります。

カードローンを利用中。自動車ローンの審査には通る?

さて、すでにカードローンを利用している人は、自動車ローンを新たに組むことができるのでしょうか。ローンの審査の基準をチェックしましょう。

自動車ローンの審査基準

自動車ローンの審査に通りやすい人はどんな人なのでしょうか。会社・金融機関によってもちろん異なりますが、だいたいこんな条件なら通りやすいという基準はあります。

  • 安定した収入がある
  • 年収に見合った借り入れ額
  • 20歳以上

20歳以上で、安定した収入があるというのはどのローンも同じです。自動車ローンならではの条件は、借入額が低くはないため、年収がある程度高くなくては審査に通らないということです。

100万円借りたい場合は、年収が300万円以上あるのが基準です。ただし、他に借り入れがある場合は、その年収では足りないかもしれません。

借り入れがありすぎると審査に通らない

自動車ローンのみならず、住宅ローンやカードローンなどで他にも借り入れがたくさんある場合、審査に通りにくくなる可能性があります。

すでにたくさん借り入れがあるところに、新しく自動車ローンを利用した場合、年収と借入額とのバランスが崩れるからです。返済してもらえない確率が高いので、審査には通りません。

借り入れ額の基準は、年収の30パーセントから40パーセント程度だといわれています。

住宅ローンなどで月々の返済がすでにその程度まである場合、自動車ローンに申し込みしても通らないかもしれません。

カードローンを利用していても大丈夫

だからといって、ローンがあるというだけでは、自動車ローンに落ちる原因にはなりません。年収と借入額とのバランスが大切なのであって、カードローンを利用しているというだけで審査に通らないことはないのです。

また、カードローンは本来数万円程度の小さな借り入れを繰り返すものですので、自動車ローンのように大きな金額が動くローンとは別に扱われる場合も多いです。

ただ、カードローンのせいで自己破産してしまった経験があったり、カードローンで延滞を繰り返してブラック扱いになったりしたことのある場合は注意が必要です。信用情報機関に傷がついていた場合、どんなローンでも通りにくくなります。

やっぱり便利!上手に使えばとてもお得なカードローン

ここまで、自動車ローンとカードローンの関係について解説しました。決して安くはない買い物ですから、車を買うときには、カードローンと自動車ローンは上手に分けて使いたいものです。

最後に、カードローンを賢く使うコツを学びましょう。

車を買うときには自動車ローンとカードローンを併用できる

自動車ローンとカードローンは同時に利用できます。ですので、目的に合わせてローンを使い分けると、負担なく生活することができます。

自動車を買う時には、やはり低金利の自動車ローンがお得です。ですので、まずは自動車ローンの審査に通ることを目指しましょう。審査を受ける際に、利用しているカードローンを全額返済しなくてはならないわけではありません。

ただ、あなたのお財布の事情を考えて、自動車ローンを返済しやすく管理しやすくするために、カードローンをできるだけ返済し終えるというのも賢いやり方です。

急ぎでないのであれば、カードローンを返済し終わってから自動車ローンに申し込みするのもよいでしょう。

ただ、ローンは生活を便利にするためにありますから、無理やり返済して苦しい思いをする必要はありません。

低金利のカードローンを利用する

万が一自動車ローンの審査に通らなかったら。今のカードローンを借りすぎて自動車ローンの審査に自信がなかったら。低金利のカードローンに借り換えしてから申し込みするという手もあります。

カードローンは本当にたくさんの数がありますよね。面倒でも比較すればずいぶんとお得な商品があることがわかります。とくに、最近人気のネット銀行のカードローンは、面白いローンが多く登場しています。

低金利で有名なカードローンといえば、やはり銀行です。

中でもネット銀行はびっくりするほど低金利のカードローンがあります。

低金利で人気のカードローンをご紹介します。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6~14.6% 500万円
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 3.5~12.475% 800万円/100万円
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5~18.0% 1000万円
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン プレミアムコース 1.99~7.99% 1000万円

安心の都市銀行も、やはり低金利ですよね。それにも増して、限度額、金利ともにずいぶん余裕があるネット銀行もしばしばあります。

ネット銀行は新しい形で、審査基準も会社によってバラバラのようです。都市銀行は審査がそこまで甘くはありませんが、ネット銀行はねらい目かもしれません。

消費者金融会社もサービスが充実していて便利ですが、より低金利で長く利用することを狙うなら、低金利の銀行カードローンを利用するのもよいでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ