> > > 職場への在籍確認なぜ必要?何を聞く?全部わかればもう怖くない!

職場への在籍確認なぜ必要?何を聞く?全部わかればもう怖くない!

ネットで手軽に申し込んで必要な時にすぐ現金借り入れができるカードローンは非常に便利なサービスです。不景気も手伝って、利用者は増える一方と言われています。

とは言えやはりお金を借りるというのはあまり外聞のよい話ではないのもまた事実です。特に会社に知られると評価に関わりかねない、絶対に内緒にしておきたいという方も少なくないのではないでしょうか?

そこで問題になってくるのが審査に際して必ず行われる、主に職場への電話による在籍確認です。職場に電話をかけると言われると、それだけで一気に不安になってしまいますよね。

しかし実際には、在籍確認は言うほど恐るべきことではありません。ここではあなたの不安を払拭するべく、在籍確認に関する疑問をまとめて解説しちゃいます。

在籍確認は何のためにある?いつ行われる?

誰もが煩わしく感じる在籍確認の電話ですが、結局のところ何のために行われることなのでしょうか?

在籍確認の目的はただ1つ、本人が申告した職場やその連絡先に嘘偽りがないかを確かめることです。

審査の際に、収入も含めて勤務先に関する情報というのは非常に重要になりますから、そこがもし事実とは異なっていると正しい評価はできなくなってしまいます。

何より、カードローンという契約行為にあたって、虚偽申告をするというのは大きく信用を損なう原因になります。

連絡先の偽装はばれる!?虚偽申告は絶対NG

近年、在籍確認で本当の職場に電話がかかってくるのを避けたい人のために、在籍確認の代行とでも言うようなことを請け負ういわゆるアリバイ会社なるものが出てきています。

職場にカードローン業者から電話がかかってくることを避けたいと思うあまりに、こういったアリバイ会社サービスを利用したくなってしまう気持ちはわかりますが、絶対におすすめはしません。

カードローン業者の方でも、アリバイ会社の存在は当然ある程度認識しており、もし利用していると審査の段階でかなりの確率でばれてしまいます。

繰り返しになりますが、虚偽申告は大きく信用を損なう行為です。

アリバイ会社を使ってまで積極的にカードローン業者をだまそうとするというのはより悪質であるととらえられかねないので、良い結果を生むことは決してありません。

在籍確認は審査の最終関門と心得るべし

在籍確認が審査の過程で行われることは知っていても、どの段階になるのかということまではなかなかわからないですよね。

基本的にカードローン審査では以下のようなことが行われています。

  • 本人申告の情報の確認・評価
  • 信用情報(個人の過去の借入歴)の照会
  • 在籍確認

業者によって多少手順は異なる部分もありますが、だいたいの場合、在籍確認は審査の流れの中でも最後の方になります。

電話による在籍確認というのはやはり手間ですから、申告された情報や信用情報にウソ偽りも問題もないとわかって審査を通る見込みがある程度出てから行われるケースが多いのです。

逆に言えば、在籍確認の電話がかかってくるということは、審査の結果がある程度決まりつつある状態と判断してよいでしょう。

ただし、審査の状況は外部からでは基本的に一切わかりませんから、在籍確認が来る=必ず審査にという図式が成り立つとは言い切れません。また、在籍確認が何らかの理由でできなかったり、虚偽申告が判明したりすると途端に審査落ちということもあり得ます。

審査の結果が正式に伝えられる瞬間まで、油断はしないほうがよいでしょう。

一番気になる!在籍確認、何聞かれる?

在籍確認に関して多くの人がもっとも気にしているのは、いったい会社に電話をかけてきて何を聞かれるのかということだと思います。

原則として、在籍確認の電話では本当に在籍確認しか行いません。つまり、その会社に本人が勤めているというのが間違いでも嘘でもないことさえ確認が取れればそれで完結してしまいます。

だからこそ、在籍確認の電話を恐れる必要はないと断言できるのです。

『在籍確認で会社バレ』があり得ない3つの理由

在籍確認が原因で会社にカードローンの申し込みをしたことがばれてしまうという事件が起こる確率は、実際のところ非常に低いものです。

その根拠と言える理由が3つあります。

  • 電話口でカードローン業者とわかるような名前を名乗ることはない
  • 本人につながっても在籍確認以上のやり取りは原則しない
  • 本人が外出等で電話に出られなくても、在籍さえ確認できれば問題ない

カードローン業者の方でも、利用者がカードローンの利用をあまり公言したくはないだろうということは了承しています。したがって在籍確認にあたってはある程度ばれないような配慮をしてくれます。

まず、電話口で真っ正直に『○○カードローンです』などと名乗ることはありません。ほぼ必ず『△△(個人名)ですが…』という形で名乗るようになっています。

また、本人に電話がつながっても、カードローンの条件や審査についてなど余計な情報で話を長引かせるようなことはよほどの理由がない限りありません。

さらにたとえ本人が外出や席外しで電話に出られない状況だったとしても、まったく問題はありません。社内の誰かが『××は現在外出しております』と答えるだけで在籍確認ができたことになるのです。

したがって同じ人からの電話が何度もかかってきて社内の人に不審に思われるような心配も無用です。

とはいえやはり不安だから自分が確実に電話を受けたいと考えるのであれば、申し込み後に業者に連絡して要望を伝えれば、対応してくれる場合もあります。

バイト・派遣社員は在籍確認どう対応する?

アルバイト・パートのような雇用形態だと、職種によっては個人あての電話がかかってくるだけで怪しまれる可能性もありますよね。

また、派遣社員のような所属が明確になりにくい働き方をしていると、在籍確認でいったいどこに電話がかかってくるのかという不安も出てきます。

これらのケースに関しては、やはり多少の前知識や対策が必要になります。

クレジットカード作戦で乗り切れる!?

職場で個人あての電話が不審がられかねない状況にある場合、最もスムーズで簡単なのはクレジットカード会社からの連絡があると事前に職場に伝えておくことです。

クレジットカードを作る際にも、カードローンと同様に審査、そして在籍確認があります。

つまり、カードローンの在籍確認のカモフラージュとして使えるのです。クレジットカードならば、周囲の人に知られても全く問題にはなりませんよね。

1つ気を付けてほしいのですが、アルバイトやパートの場合は連絡先を職場の代表番号にしていたりすると、全く関係ない部署につながって存在を把握していない人が電話に出てしまうというリスクは正社員より高いと考えられます。

できる限り自分が勤務している部署や店舗に直通の連絡先を申告するようにした方がトラブルになりにくいでしょう。

派遣先と派遣元、どっちに連絡?派遣社員の注意点

派遣社員で働いている場合にも大事な注意点があります。

派遣社員というのは所属は派遣元の会社のまま派遣先の会社に勤務しているため、実際に在籍確認をするとなるとどちらに連絡が来るのかという問題が出てきます。

実は派遣元と派遣先、どちらの会社に在籍確認を行うかはカードローン業者によって異なるため、少し対応に気を付けなければなりません。

場合によっては、派遣元に連絡がいったものの実際に勤務しているのは派遣先なので、電話に応対した人が『いません』と答えてしまうこともあり得るのです。

派遣社員であることは必ずカードローン申し込みの際に申告すると思いますが、それに加えて勤務状況とどこに連絡を希望するかも明確にしておくことをおすすめします。

必ずしも希望通りの対応を受けられるとは限りませんが、業者としてもスムーズに在籍確認を行いたいわけですから最低限の配慮はしてくれるはずです。

在籍確認って、どうにか避けられない?

たとえ職場にばれるリスクが相当に低いとしても、どうしても職場にカードローン業者から電話がかかってくることには抵抗があるという方もいらっしゃいますよね。

また、職種や会社によっては個人あての電話自体を受け付けていないこともあるかもしれません。

実は、在籍確認を回避することは不可能ではありません。

大手を中心に在籍確認なしで利用できるカードローン業者が数年前から出現し、年々増えてきているのです。ただし、もともとの審査の過程に在籍確認が組み込まれている業者では、都合が悪いから在籍確認なしで…というのは基本的に応じてもらえません。

よほどの事情があれば考慮してもらえる可能性もゼロではありませんが、かなり低いでしょう。

それよりは初めから在籍確認なしのカードローン業者を利用する方が余計な心配をする必要はなくなります。

在籍確認なしのカードローンに必要なもの

在籍確認なしのカードローンを利用する場合、在籍確認を行うカードローンよりも事前に用意・提出する書類は増えることになります。

というのも、在籍確認を電話で行わない代わりに書類で確実に確認しなければならないからです。

必要書類は業者によって多少異なりますが、通常提出すべき身分証明・収入証明に加えて主に以下の3つが在籍確認のために求められるケースが多いようです。

  • 指定の金融機関の口座
  • 勤務先の組合または協会けんぽ発行の健康保険証
  • 勤務先の名前が入った直近の給与明細(上記の保険証がないアルバイトなどの場合)

指定の金融機関口座はともかくとして、勤務先に関する書類は特に用意するのが難しいものではないので、職場に電話がかかってくるわずらわしさから逃れたいという方はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?

在籍確認は一度きりじゃない!?増額審査も油断はNG

一度カードローンの審査に通って自由に借り入れできるようになると、在籍確認のことなどすっかり忘れてしまうと思います。

しかし実は、在籍確認があるのは初回の契約時だけではないのです。

カードローンを利用していくうえで借入限度額の増額を希望するのであれば、増額審査に申し込むことになります。

借入限度額の増額審査の際にも、利用者の勤務状況に変わりがないかを確かめるために再度在籍確認が行われることがあるのです。

転職してたりしませんか?うっかり変更忘れの代償

基本的に、勤務先に関してなんの変更もないようであれば増額審査の際の在籍確認も全く気に掛ける必要はありません。

しかし万が一転職や転勤などで契約時とは勤務先・連絡先が異なっている場合には問題が出てきます。

すでにいない職場に電話をかけて、在籍確認が取れなかったという結果になりかねないのです。そうなると業者から勤務先を確認する連絡が来て、再度新しい職場に在籍確認をして…と余計な手間と時間がかかってしまいます。

また、転職したことを隠していた?などと疑われて、増額審査に影響が出る可能性もわずかではありますが否定できません。

無用のトラブルを避けるために、カードローン利用中に職場が変わった場合には必ずその旨を業者に連絡しておくことをおすすめします。

全部わかったら、在籍確認はもう怖くない!

ここまで在籍確認に関してよくある疑問を中心に詳しく解説してきました。最後に、重要なポイントをまとめておきましょう。

  • 在籍確認は本人申告の勤務先にウソ偽りがないかを確認するために、主に審査の後半で行われる
  • 在籍確認によって職場にカードローンの利用がばれるリスクはほとんどない
  • 個人あての電話自体が不審扱いされる職場では『クレジットカードの審査がある』と言えばよい
  • 電話による在籍確認なしで利用できるカードローンが近年増えてきている
  • 増額審査でも在籍確認するケースがあるので転職などした場合には要注意

何も知らずに『職場にカードローン業者から電話がかかってくる』という話だけを聞くと、とても不安になってしまいます。

しかし、在籍確認のことを詳しく知ると、それほど恐れるべきものではないということがおわかりいただけるのではないでしょうか?

カードローンを利用したいけれど、在籍確認が気がかりで…という方がいれば、ぜひこれを機に安心してまずは申し込んでみてほしいと思います。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ